ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・


    りゅうちぇる(1995年9月29日 - )は、日本の男性読者モデル、タレント、歌手、実業家。本名は比嘉 龍二(ひが りゅうじ)。スターレイプロダクション所属。妻は、ファッションモデルの「ぺこ」ことオクヒラテツコ。 1995年、沖縄県沖縄市コザで生まれる。5人兄弟姉妹の次男で末っ子。姉はシンガー
    18キロバイト (2,358 語) - 2018年8月29日 (水) 15:53



    (出典 wezz-y.com)



    1 真実は一つ ★ :2018/09/10(月) 20:40:10.38 ID:CAP_USER9.net

    タレント・歌手のりゅうちぇるが8日、多様な未来を考えるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018』に参加。渋谷ダイバーシティエバンジェリスト(多様性伝道師)に任命され、青山学院大学でその任命式が行われた。

    ■原宿以外にも個性を出せる街が増えてほしい「自分を出せる“居場所”が大切」

     ピンクのスーツ姿で登場したりゅうちぇるは、「幼い頃から、男の子とか、女の子とはこうあるべきと言われ、枠にとらわれていた。他の男の子と好きなものが違うことで、性別に疑問を感じるときもありました」と告白。しかし、「今は自分らしく生きて幸せな毎日を過ごしている。だからこそ、自分らしく生きることの大切さを伝えたかった」と任命の喜びについて語った。

     りゅうちぇるは、今年7月11日には、ぺことの間にリンクという長男が生まれたばかり。子どもたちが暮らす街をどんな風にしていきたいかと聞かれると「上京してきたとき、原宿という“個性が許される街”が日本の中にあると知って感銘を受けた。でも、原宿以外の街でも個性が許されたらいいな」と父親としての率直な想いを明かした。

     任命式の後は、「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」分科会「性別って何ですか?」に椎木里佳氏、蓮見勇太氏、井土亜梨沙氏と登壇し、意見を交換。

     会場からの質問コーナーでは切実な話題も多く、りゅうちぇるはひとつ一つの質問に真摯に耳を傾けていた。「芸能人だから僕は“キャンディボーイ”ですと堂々と自分で肩書を決めちゃって言えるところがある。でも、そうじゃない人にはなかなか難しいと思う。でも、みんな一気に自分を出さなくてもいい。ツイッターでもインスタでも原宿でもいいから、自分を出せる場所を作ってほしい」と終始、“自分の居場所”を作る重要性を訴えた。

    ■りゅうちぇるにとって性別とは?「性別や年齢に囚われない“自分らしさ”」

     また、同性婚について意見を求められたりゅうちぇるは、「若い子たちには偏見は少ないとは言っても、本当に悩みのある人がいたら、理解できていないところがあるのも事実だし、寄り添えていないところもある」と心境を吐露。

     自身、同性愛の友人に相談された際に「ここで生きないといけないなんて思わなくていい。孤独を感じない、怖くない場所を探しに行ったほうがいい」というアドバイスしたというりゅうちぇる。その友人は、今は居場所を見つけて輝いていると答えていた。

     最後に、このフォーラムのテーマである「性別ってなんですか?」と聞かれたりゅうちぇるは、「性別や年齢にとらわれず、僕の中で大事にしているものは自分らしさです」と終始一貫した力強いメッセージを発信。会場に集まった聴衆も、納得しきりの2時間だった。

    『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018』は9月7日(金)~17日(月)まで開催中。
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000366-oric-ent


    【『りゅうちぇる』 幼少期に感じた“世間の圧”を告白? 「個性が許される街が増えてほしい」】の続きを読む


    小倉 優子(おぐら ゆうこ、1983年(昭和58年)11月1日 - )は、日本のバラエティタレント。千葉県茂原市出身で、アバンギャルドからアヴィラを経て現在はプラチナムプロダクションに所属する。 高校時代の2001年(平成13年)頃に、芸能事務所アバンギャルド(現・アヴィラ)にスカウトされ、
    36キロバイト (4,389 語) - 2018年8月20日 (月) 06:00



    1 shake it off ★ :2018/09/09(日) 16:36:26.53 ID:CAP_USER9.net

     8月下旬の夜7時過ぎ、都内の路上を笑顔で歩く家族連れの姿があった。

     母親らしき女性は、タレントの小倉優子(34)。彼女は1歳になる次男を抱きかかえている。傍(かたわ)らには小泉進次郎代議士(37)を柔和にしたような顔立ちの男性。小倉の6歳になる長男を肩車し、長男は男性の肩の上で、キャッキャと楽しそうにハシャいでいる。その光景は、まさに“幸せな家族“そのものだ。

     その後、4人はスーパーとアイスクリーム店をハシゴ。8時過ぎには買い物を終え、仲良く並んで小倉の自宅マンションへと帰っていった――。

     この男性こそが、現在、世間を賑(にぎ)わせている小倉の交際相手・A氏である。

     この日、小倉のマンションを訪れた彼は、小倉を車に乗せ、保育園に通う彼女の次男をお迎え。そのまま小倉のマンションに戻ると、今度は長男も連れ、4人で西麻布(港区)にある家庭料理屋で食事を楽しんだのだった。

     8月26日に本誌デジタル版が二人の交際を報じて以降、連日メディアは彼女の話題で持ち切りだ。この報道の直前に本誌がとらえていたのが、小倉の子供たちと父親のようにふれ合うA氏と、その姿を嬉しそうに眺める小倉の姿であった。

    「小倉は、元夫の菊地勲氏(47)と’11年に結婚したものの、菊地氏が小倉の事務所の後輩と起こした“ゲス不倫“騒動により、5年半ほどで離婚。以後、彼女は二人の子供を育てながら、レシピ本をヒットさせるなど、“カリスマ主婦“として活躍しています。’17年に行われた、『第2回 好きなママタレントランキング』では1位を獲得し、好感度もウナギ上りです」(テレビ局関係者)

     気になる交際相手・A氏だが、彼は都内で歯科医院を開業する44歳の歯科医。有名私大の歯学部を首席で卒業したエリートである。

    「彼と小倉さんの出会いは、共通の知人が開いた飲み会。交際が始まったのは2ヵ月ほど前です。彼はクリニックに誰よりも早く出社する真面目な性格で、親切な診療態度が近所でも評判です。面倒見も良く、小倉さんの息子二人も『パパになってほしい』と言うくらい彼に懐(なつ)いているとか。小倉さんは、すでに彼の実家への挨拶も済ませており、少し前には自分の両親にも彼を紹介したそうです。結婚前提の真剣な交際であることは間違いありません」(二人を知る知人)

     結婚前提の交際だけあって、彼はほとんど毎日、小倉と息子たちが暮らす家を訪れているそうだ。

    「彼はこれまでずっと一人暮らしを続けていて、夜はコンビニ弁当などで済ませることが多かったそうです。でも、いまでは小倉さんが手料理をふるまってくれているおかげで、毎日家に寄るのが楽しみだそうですよ」(男性の知人)

     報道後、自身のブログで交際を認め、「これから家族の幸せをゆっくりと育んで行きたい」と、事実上の“結婚宣言“をした小倉。仕事で大活躍の彼女だが、これからは私生活も充実するのだろう

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180909-00010002-friday-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【画像あり】 もはや家族!? 『小倉優子』&エリート歯科医の子連れデートをスクープ!!】の続きを読む


    山口 紗弥加(やまぐち さやか、1980年2月14日 - )は、日本の女優・タレントである。福岡県出身。FLaMme所属。堀越高等学校卒業。 1994年、14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビュー。フジテレビ系テレビドラマ『若者のすべて』でドラマデビュー。 その後、女優業の他にフジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも
    26キロバイト (2,971 語) - 2018年9月4日 (火) 01:48



    (出典 awabusiness.net)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/09/10(月) 08:47:58.40 ID:CAP_USER9.net

    2018.09.08 19:30
    https://myjitsu.jp/archives/61556

    (出典 myjitsu.jp)


     10月スタートのドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)で、女優の山口紗弥加がテレビドラマ初主演を務めるという。

    「復讐劇を演じることになった山口に期待の声が上がっています。同ドラマは、陰謀によって人気女優の座から地獄に突き落とされた女性・矢神亜梨沙が主人公。今話題の“謝罪会見”をテーマに、亜梨沙の壮絶な復讐劇が描かれます」(テレビ雑誌編集者)

    山口は「デビューから間もなく25年になりますが、脚本を読んで『こんなこと、ほんとにある?』って(笑)。新鮮な驚きとともに爽快感すらありました」と、ストーリーに好印象を抱いたよう。

    さらに「この作品がある意味ファンタジーだとしても、どうせ芸能界の話なら、私は“山口紗弥加”として存在すればいいのかなと。『矢神亜梨沙』は私自身。ドキュメンタリーとして臨む覚悟で、誠実に向き合いたいと思っています」とコメントを発表し、意気込みをのぞかせている。

    悪女・山口紗弥加の需要

    「山口は器用な役者なので、どんな役柄もうまくこなしますが、中でも二面性のある吹っ切れた演技が秀逸です。今年4月期のフジテレビドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』に出演した際には、表面上は良妻だが、本性は悪女という役を熱演。山口の演技は視聴者を恐怖に陥れ、重苦しいドラマの雰囲気づくりに見事貢献していました」(演出家)

    菜々緒や佐藤仁美、木村多江なども悪女をよく演じることで有名だが、山口もここにきてヒール役の仕事を一挙に引き受け始めている印象だ。

    「悪女を演じられる女優は意外と限られていて、業界では常に不足状態。今年1月期のテレビ朝日ドラマ『BG~身辺警護人~』では、石田ゆり子が悪女に挑戦しましたが、視聴者から『悪い女の演技がヘタ過ぎ』『こういう役は合わない』と失敗の烙印を押されたこともありました。今後しばらくは、山口に悪女役のオファーがひっきりなしに舞い込んでくるでしょうね」(同)

    とはいえ、ドラマ初主演の『ブラックスキャンダル』がコケたら、山口の評価はガタ落ちとなる。アラフォーでのブレークは新ドラマにかかっていると言えそうだ。


    【“ザ・助演女優”  『山口紗弥加』 「アラフォーにして初主演」の謎に迫る!】の続きを読む

    このページのトップヘ