ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・


    谷口 (たにぐち さやか、1986年5月9日 - )は、日本の女性ファッションモデル・アイドル。埼玉県蓮田市出身。所属事務所はスターレイプロダクション。滝野川女子学園高等学校卒業。 ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)やハイティーン向けファッション雑誌『セブンティーン』(
    6キロバイト (578 語) - 2018年9月4日 (火) 15:49



    (出典 nehohaho.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/06(木) 20:26:32.39 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    9月4日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に、モデルの谷口紗耶香が出演。
    同番組で谷口は、波乱万丈な半生を明かし、視聴者から注目を集めている。

    「番組には『歯車が狂った人気モデルスペシャル』と題して、複数のワケありモデルが登場。
    その中で谷口は、ファッションモデルの一線から消えた理由を明かしました。彼女は、新垣結衣や栗山千明を輩出したファッション誌『nicola』でデビューし、
    その後は桐谷美玲、榮倉奈々、北川景子など、錚々たるメンツが所属していたファッション誌『セブンティーン』に移籍。
    そして誰もが女優への道を歩むものと考えていた矢先、雑誌のカラーを無視してギャルに転身してしまったとのこと。
    その結果、『セブンティーン』からも干されてしまい、歯車が狂ったと告白しました」(テレビ誌記者)

    その後、ギャルモデルとして活動するも25歳の時に結婚、出産。
    しかし夫から離婚を切り出され、シングルマザーとなってからは、ZOZOTOWNのマネキンバイトなどで食いつなぐ、貧乏生活が続いたという。

    だが現在、谷口は驚きの転身を遂げたと番組で明かした。

    「谷口は16年、有名財閥の御曹司と出会い、結婚。今では超セレブ生活を送っているようです。
    番組では彼女が住む2億円の高級マンションを取材し、1000万円の高級ソファや、ブランド物の靴ばかりが大量に並べられたコレクションを紹介。
    彼女によると、夫はギャル好きだったため、好意を持たれたそう。
    この優雅な生活に視聴者の間では『まさかのギャル転身が成功だったとは凄い!』『やっぱ顔が良いと人生逆転できるのか』『自慢するためにテレビに出てきたの?』
    と驚きや嫉妬に近いコメントなどが飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

    一時はギャルの道を選んだことで辛酸をなめた谷口。しかし自身のスタイルを貫いたことで、結果的に幸せを掴んだようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1516497/
    2018.09.06 18:14 アサジョ


    【『桐谷美玲』の道を捨てた!? 歯車が狂った元人気モデルの現在に驚愕の声・・・】の続きを読む


    (SME) が当時所有していた東京都港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とする。同ビルは乃木坂46の最終オーディション会場として使用されたが、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社(乃木坂46LLC)の登記上の本店は、SME本社が入居する「SME六番町ビル」(千代田区六番町4番地5
    238キロバイト (25,405 語) - 2018年9月9日 (日) 10:20



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/09/09(日) 22:26:43.29 ID:CAP_USER9.net

    9月9日、千葉県幕張メッセにおいて、乃木坂46の全国握手会が開催されたのだが、参加者、あるいは関係者によると、
    「過去最低の握手会だった」「もう二度と行かない」「厄介をする人間は××!」など、激しい怒りの声が上がっている。

    当紙でも、何度かファンの民度に関して記事にしてきたが、乃木坂の人気が高まるとともに、
    迷惑行為をする厄介な人間も増え、特に参加人数に制限がなく、ミニライブなどもある全国握手会は危険なほどの人数が詰めかけるため、
    開催することへのリスクが非常に高くなってしまっているようだ。

    それにしても、今回は、もはや厄介ではなく、異常行動に走った目立ちたがりがいたようである。

    物販やライブの行列への割り込み、ゴミを散らかすのは当たり前、ライブ中に上半身裸で肩車をして、
    禁止されている大型のペンライトを振り回し、あまつさえ楽曲の最中にホイッスルまで吹き鳴らすという悪質ぶりは、
    もはや刃物を持ってメンバーに襲い掛かった犯罪者同様のメンタルの持ち主とさえ思えてしまう。

    比較的おとなしい乃木坂の一般のファンも、腹に据えかねたのか本人の写真を撮影し、
    ネットで拡散したり、その写真を見て本人の特定という行為に走りだすものもいるようだ。

    また、ようやく休養から復帰した北野日奈子に暴言を吐き、周囲のスタッフからも「度を越しているだろう!」と言われた者もいる。

    99%の参加者が、良識ある善意のファンであったとしても、1%の異常者や厄介が暴れれば、その集団は危険集団のレッテルを貼られてしまうものだ。
    そして、良識あるファンは握手会へ足を運ばなくなり、暴れたり、メンバーに嫌がらせをしたいという人間が増えていってしまう。
    この状態が続けば、おそらくまずはミニライブを廃止し、やがて全国握手会も開催を控えることになるかもしれない。

    そのことを残念に思うのは、ファンだけではなく、メンバーもであろう。

    乃木坂の運営には、警備の人数を増やすだけではなく、迷惑行為をする人間を特定・排除する権利(出入り禁止、ブラックリスト掲載など)を持つ、
    しかるべき人間を増やすこと、断固たる改善をお願いしたいと思う。

    乃木坂全体でのライブはスタジアムクラスになり、ミニイベントも個人個人はあっても、
    乃木坂としては開けないほど人気のある彼女たちのダンスや歌を、間近で感じることができるのはミニライブだけになってしまっている。

    何の価値もない自己顕示欲を満足させたがる厄介ではなく、乃木坂の楽曲やパフォーマンスを楽しみに来ているファンのために、
    握手会、そしてミニライブの在り方を再考する時期がきているのではないだろうか?
    https://www.zaikei.co.jp/article/20180909/464938.html


    【[乃木坂46]の握手会で”迷惑行為”多数発生・・・ 激しい怒りの声?!  「過去最低の握手会だった」 「もう二度と行かない」】の続きを読む


    小林 麻美(こばやし あさみ、1953年11月29日 - )は、日本のモデル・元歌手・元女優。本名、田邉 稔子(たなべ としこ)。旧姓、小林。 東京都大田区大森出身。普連土学園中学校・高等学校卒業。夫は田辺エージェンシー社長の田邊昭知。 生家は大森新地近くにあり、父親は国鉄の信号機などを設計
    20キロバイト (1,998 語) - 2018年5月26日 (土) 17:58



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 14:35:28.59 ID:CAP_USER9.net

    「女が憧れる女」というモデルを作った小林麻美を「親友」と呼ぶ松任谷由実が、麻美の出産に際して贈ったものは。
    時代の先端を歩き続ける女たちが25年もの間、見えない絆でつながり続けた理由とは。
    TOKYO FM「村上RADIO」プロデューサーで、『愛国とノーサイド』著者の延江浩が書く。

    *  *  *
     
    松任谷由実が日本語詞をつけた「雨音はショパンの調べ」のリリースは1984年。
    日本女性のイメージを覆すアンニュイな女性像を披露、大ヒットで鮮烈な印象を残した。

    「たまたまロンドンでガゼボの“I Like Chopin”を耳にしたの。それで麻美ちゃんに歌わせたいと閃(ひらめ)いた」とユーミンは回想する。

    当初、この曲は別タイトルだった。それは「ショパンを弾かないで」。

    「麻美ちゃんが歌うんだったらもっと柔らかくしようってユーミンがさらっとタイトルを変えた。
    深夜、東京タワーの真下にあるスタジオでした。ユーミンは直感で歌詞も変えていく。
    それでどんどんリアルに情景が浮かぶようになっていくんです。♪Rainy days 気休めは 麻薬 Ah……♪の中の、“Ah……”のウィスパーのところには『ピアノの~、曲』という歌詞が付いていたんだけど」(麻美)

    歌詞を消すことで余韻が生まれ、そこに主人公の情感が漂った。

    「気休めは 麻薬」というフレーズが引っかかり、NHKではついぞオンエアされなかったが、「どちらにしても、歌番組には一切出ませんでした。
    『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』からオファーをいただきましたが、出演しないことが戦略だったようです。
    でも生歌だとボロが出るって事務所の社長が心配したのかな(笑)」(麻美)

    じわじわとヒットチャートを上がり、オリコン週間チャート3週連続1位。

    「1等賞は、人生で最初で最後(笑)」

    歌番組には出なかった麻美だが、その後、この曲を人前で3度歌っている。

    最初は苗場スキー場で開かれるユーミンのライブ「SURF&SNOW」で、ギタリストの高中正義と。「今夜はスペシャルゲストが来てくれています」とユーミンが紹介し、ステージに立った。
    次が、これもまた人生最初で最後だと麻美が言う日本武道館でのコンサートで、最後は「息子が学校を卒業した時の謝恩会で(笑)。お世話になった先生とママ友にせがまれて、カラオケで歌いました」

    続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00000085-sasahi-ent
    9/8(土) 16:00配信


    (出典 Youtube)

    雨音はショパンの調べ 小林麻美


    【芸能界から突如引退した『小林麻美』の”覚悟” 25年後に初めて明かした思いとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ