ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・


    橋本 (はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本の女優・歌手。 福岡県出身。 アクティブハカタおよびディスカバリー・ネクストに所属。 2007年(小学校三年生当時)「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属する。
    144キロバイト (16,483 語) - 2018年9月8日 (土) 00:10



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 10:28:14.89 ID:CAP_USER9.net

    橋本環奈は、福岡のローカルアイドルグループのメンバーだった時に撮影された、
    イベントでパフォーマンスしている写真がインターネット上にアップされると“1000年に1人の逸材”として大きな注目を集めてブレークした。

    アイドルグループ卒業後は上京し、女優に転身して、映画「セーラー服と機関銃-卒業-」の主演や「銀魂」のヒロイン、フジテレビ系ドラマ「警視庁いきもの係」のヒロインなど、数多くの映画やドラマ、CMで活躍している。

    そんな橋本だが、近年の大活躍の裏には周囲の強烈なバックアップもあるようだ。

    「橋本さんの所属事務所はメディアに対して注文が多いことで有名です。
    アイドルから女優に転身する時期には、記事などで橋本さんのことを扱う際の肩書きとして『アイドル』や『タレント』という表現を厳しく禁じ、かならず『女優』と表記するように厳命していました。
    芸能記事の取材をしていると、記事の内容で抗議が来ることなどもありますが、そこまで肩書きにこだわるケースは初めてです」(夕刊紙記者)

    さらには、こんな話も…。

    「いまだ浮いた話はなく、スキャンダル未経験の橋本さんですが、プライベートでの交友関係も事務所から厳しく管理されているようです。
    食事会など、仕事場以外で男性芸能人のいる席には極力近づかないように指導されているといいます。
    もっとも、橋本さん本人もプロ意識の高いタイプで、女優として今が大切な時期であることは理解しており、それほどイヤがってはいないそうですけどね」(映画ライター)

    周囲の万全のバックアップ体制もあり、橋本は今後ますます飛躍を遂げそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1518067/
    2018.09.09 09:59 アサ芸プラス


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【『橋本環奈』の飛躍を支える「取材上の絶対タブー」と私生活“鉄の掟”!?】の続きを読む


    窪塚 洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 - )は、日本の俳優、レゲエシンガー、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン。神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。レゲエDeeJay(歌手)としては卍LINE名義、ミュージック・ビデオ監督としては空水名義で活動している。俳優としては主
    36キロバイト (2,898 語) - 2018年8月16日 (木) 11:00



    1 ひかり ★ :2018/09/08(土) 13:51:54.80 ID:CAP_USER9.net

    映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念舞台挨拶が8日都内で行われ、主演の松田龍平、共演の永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松たか子、
    窪塚愛流、原作者の瀬川晶司五段、そして豊田利晃監督が参加した。

     俳優・窪塚洋介と元妻との間に生まれた14歳の息子・愛流は「映画を観に来ていただいてありがとうございます」と人生初の舞台挨拶に
    緊張気味で挨拶。オーディションで役を掴んでの俳優デビューで「生まれて初めての映画の撮影で上手く演技できるか不安だったけれど、
    自分なりに精一杯やろうと思った」と初々しい感想も、手応えを聞かれると「自分って凄いんだなと思った」と自画自賛だった。

     豊田監督はそんな愛流について「初めてだけど、ちゃんと堂々としていて、どんどん映画に慣れていった」と素質を認める一方で「撮影が中断して1か月くらい会わないときがあって、撮影で久々に会ったら身長が伸びていた。画が繋がるのかな?と不安になった」と成長期あるあるで笑わせた。

     その横で渋川が役にちなんで言い放った「ありがとマンモス」を引き継ぐ形で、松田はほぼ感情を入れずに
    「感極まっています。ありがとマンモス…マンモスって何ですか?ギャグなのかなと思って。そんな気持ちです」と
    公開を迎えた現在の心境を説明。それに新井は「龍平の挨拶をみてホッとしたはず。20年やってこれかと」と
    緊張気味の愛流を気遣うと、愛流は「大丈夫です」と照れていた。

     将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士、瀬川晶司五段の自伝的小説を実写映画化。瀬川晶司五段を演じた松田にはこの日、
    将棋の初段免状が贈呈された。松田龍平“初段”となった松田は「将棋弱いのに…」と苦笑いも「松田初段です。
    僕に挑戦したい方がいれば、ドシドシ受けて立つので」と饒舌だった。

    AbemaTIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010017-abema-ent

    (出典 cdn.amebaowndme.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 cdn.amebaowndme.com)


    【『窪塚洋介』の14歳息子『愛流』 俳優デビュー作に「自分って凄い」と自画自賛?!】の続きを読む


    成宮 (なりみや ひろき、1982年9月14日 - )は、日本の俳優。東京都出身。トップコートに所属していた。 2000年に、オーディションを経て宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のケイン役で俳優デビューした。この時は、「平宮博重」名義で出演していた。翌2001年に
    34キロバイト (4,236 語) - 2018年8月9日 (木) 10:34



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 12:42:05.27 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    成宮寛貴(35)が6日、自身のインスラグラムを更新して話題になっている。
    成宮はこの日、「I am afraid of muscle pain lol 」と英語でつづられたコメントと共に、一枚の写真をアップした。
    写真にはトレーニングジムにある鏡で自撮りをしている成宮が写っていて、ハーフパンツから見える両脚のふくらはぎにはしっかりと筋肉がついているように見えるものだった。

    成宮のこの投稿を見たファンからは「かっこいいー最高の癒しです」「カッコいい!癒される」「カッコイイにもほどがある」「相変わらずかっこいいです」など称賛の声が多数寄せられていた。

    筋肉痛を恐れているとのことだが、マッチョ化する成宮というのも魅力的。これからも筋肉痛にめげずにトレーニングを頑張ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1517014/
    2018.09.09 12:12 デイリーニュースオンライン


    【【画像あり】『成宮寛貴』 「かっこいい!最高の癒しです」ジムでの自撮り写真に歓喜の嵐?!】の続きを読む

    このページのトップヘ