ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・


    乃木坂46星野みなみ、ランジェリー姿も披露 “可愛いの天才”が限界超える<1st写真集発売決定> - モデルプレス
    ... 【星野みなみ/モデルプレス=2月8日】乃木坂46の星野みなみが、4月上旬に1st写真集(タイトル未定/白夜書房)を発売することがわかった。 星野みなみ(画像提供:白夜書房). 星野みなみをポルトガルで撮影. 先日成人式を迎えた星野は、誕生日である2月6日に発表した同作。撮影は彼女が選んだ ...
    (出典:モデルプレス)



    【【朗報】乃木坂46『星野みなみ』 自身の誕生日に写真集発売を発表!!】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/02/09(金) 16:38:23.74 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/article/detail/14278436/
    2018年2月9日 13時25分 トピックニュース

    8日深夜放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、マイホームの建築を妄想していることを明かした。

    番組では、マツコが東京都世田谷区池尻にある、複数の建築事務所が入るシェアオフィス「204 KENCHIKU」に立ち寄った。そこで興味深く建築士と話すマツコだったが、実はマイホームの建築を考えていることを明かし始めた。

    「東京に小さい家を建ててもバカらしい」「千葉辺りにすごいいやらしい家を建ててやろうと思ってる…」と笑いを誘うマツコだったが、「アマンみたいな家」「千葉に400坪くらい買って」と、かなり具体的な構想を話し始めた。

    千葉県にリゾートホテル「アマン」のような大豪邸を建てたいというマツコは、海が見える岬に建築して、背景の海と一体化したように見える「インフィニティプール」も作りたいという。

    マツコは、Googleマップでお目当ての土地も見つけているそうで「千葉だけど、20億(円)くらいかかる。自分で計算したら」と、想像以上の金額に驚いてしまったとか。「落書き程度」と言いながらも、すでに理想の家の図面を自身で描いているというマツコは、あくまで妄想だと前置きした上で、今は「インフィニティプール」の形と配置に悩んでいることを明かした。

    力説するマツコに、番組スタッフがその図面を見せてもらえないか様子をうかがったが「絶対に見せない!」「個人的な楽しみだから、そういうのを売る商売はしたくない!」と、かたくなに拒否していた。


    【『マツコ・デラックス』総額20億円の大豪邸の構想計画?!  千葉に400坪くらい買って・・・】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/02/09(金) 05:09:50.07 ID:CAP_USER9.net

    2/9(金) 5:06配信
     アンディの愛称で人気を集めるTBSの安東弘樹アナウンサー(50)が3月末で退社し、フリーアナウンサーに転身することが8日、分かった。3人組グループ「いきものがかり」や俳優・生瀬勝久(57)らがいる大手芸能プロダクション「キューブ」に所属するとみられる。複数の関係者によると、昨年10月に50歳の節目を迎え、視野を広げたいと決断したという。パーソナリティーを務める9日のTBSラジオ「たまむすび」(金曜・後1時)で生報告することになりそうだ。

     TBSの看板アナがフリー転身を決めた。現在はアナウンス部、部次長として部をまとめる安東アナ。自身の番組出演はもちろん、後輩の指導やスケジュール管理など業務が多岐にわたる中、大きなきっかけとなったのが昨年10月8日の誕生日だったという。

     関係者によると、50歳の節目を迎え、このまま会社で勤めあげるのか、現場にこだわるのかで悩んだという。中途半端だけは避けたいという思いが強く、出した結論は退社。周囲には「もっと視野を広げたい」と話しているという。

     フリーとして活動するためには芸能プロダクションに所属するのが一般的。別の関係者によると、そこで安東アナが相談したのが「キューブ」だった。同社所属の俳優・古田新太(52)とかつて一緒にラジオ番組をやっていたこともあり、同社が「いきものがかり」をお披露目した「設立7周年パーティー」の司会を務めた。10、20周年のパーティーでも司会を担当し、同社の雰囲気を肌で感じていたという。

     TBSも局を代表するアナウンサーとあって慰留に努めたとみられるが、最終的には3月末での退社が決まった。

     多くの人気アーティストや俳優、女優を抱える「キューブ」だが、フリーアナウンサーのマネジメントは初めて。手探りでのスタートとなるが、安東アナの実績は十分。得意の情報番組やバラエティー番組の司会進行に加え、報道番組の経験もある。“希代の車好き”として知られ「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めており、こうした強みを生かした仕事にも積極的に取り組むことになりそうだ。トム・クルーズ似のイケメンでもあり、本人のやる気次第では俳優業に挑戦する可能性も。4月以降、アナウンサーという枠にとらわれず、活躍の場を広げていきそうだ。

     ◆安東 弘樹(あんどう・ひろき)1967年10月8日、神奈川・横浜市生まれ。50歳。横浜市立桜丘高―成城大法学部卒業後の91年、TBSに入社。スポーツなどを担当した後、96年から「王様のブランチ」に出演すると、アンディの愛称で人気に。98年から2014年まで「アッコにおまかせ!」の進行を担当。05年9月にタレントの川幡由佳と結婚。現在のレギュラーは「ひるおび!」(木曜)、「ふるさとの夢」、ラジオ「たまむすび」(金曜)など。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000218-sph-ent


    【【速報】『安東弘樹アナ』TBSを3月末に退社?! もっと視野を広げたい」とフリー転身へ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ