ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・


    ローラ(1990年3月30日 - )は、おもに日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都出身。LIBERA所属。双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。
    63キロバイト (7,060 語) - 2018年12月8日 (土) 02:59



    (出典 www.cinemacafe.net)


    ローラ、日本帰国で「Home」と投稿も違和感を持つ人が続々で賛否両論に

    [メリーニュース]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/12(水) 18:43:00.84 ID:CAP_USER9.net

    モデルでタレントのローラ(28)が自身のインスタグラムを更新。投稿した内容が話題となっている。
    ローラは先日、光沢のあるワインレッドのインナーに黒いレザージャケットを合わせ、ジーンズに黒いブーツというスタイリッシュなコーディネートを披露。
    これについて「my vintage collection. Sometimes, I take a break from buying new clothes!(私のヴィンテージコレクション。時々、新しい服を買うことはお休みする!)」とつづったところ、
    「ローラ脚長すぎる!格好いい!」「いったいどこまで脚なの!?」といった声が多く寄せられたことでも話題となっていた。

    そんなローラが10日、「Home」というコメントとともに、東京タワーや鯉が泳ぐ池などの日本らしい風景写真を公開した。
    この投稿に対し、ファンからは「おかえり!やっぱり日本が一番だね!」「ローラちゃんのHomeが日本で嬉しい」といった喜びの声が寄せられていた。
    しかし、その一方で「その顔からあまり日本がHomeってしっくりこない」「日本語もう少し上手に話せるようになったら言ってね」といった厳しい声も。

    バングラデシュ人の父と、日本とロシアのクォーターである母を持つローラ。
    東京出身のローラ自身はずっと日本で活躍していたものの、ここ最近は海外での活動がメインとなっていることから違和感を持つ人が多かったようだった。
    とはいえ、そうした声は人種差別にも繋がるので注意すべきだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1607454/
    2018.12.12 18:10 デイリーニュースオンライン


    【『ローラ』 インスタで「Home」と日本を投稿も賛否両論で差別されるWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    com/jp/fashion/fashion-column/g22782797/elle-koki-behaindthescene-qa-18-0903/ 2018年9月3日閲覧。  ^ a b https://abematimes.com/posts/4279677 ^ “Koki,、新人でも驚異の注目度 初のCM発表会で報道陣殺到”
    9キロバイト (1,018 語) - 2018年12月8日 (土) 01:00


    Koki, 母・工藤静香に感謝「大好き」 将来は「母のような女性になりたい」

    [いわしアンテナ >°))))彡]こちら

    1 Egg ★ :2018/12/12(水) 19:24:35.51 ID:CAP_USER9.net

    木村拓哉(46)、工藤静香(48)夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ、15)が12日、都内で開かれた「BVLGARI AVRORA AWARDS2018」ゴールデンカーペットセレモニーにブルガリアンバサダーとして出席した。

     イベントでのアンバサダーとしての仕事は初となるKoki,は黒の両脇にスリットの入ったセクシーなドレスで登場。初イベント登場に「(ジュエリーは)撮影では何度もつけさせていただいているのですが、このような会場でつけるのははじめてでわくわくしています」と感想を述べた。また、自身にとってジュエリーとはどのような存在かと聞かれると「夢を与えてくれるもの」とし、アンバサダーに選ばれたことを「あらためて光栄に思います」と話した。

     将来的にはどんな女性になりたい女性像について、Koki,は「母のような女性になりたいです」と力強く語った。さらに「自分より、いつも私のことを考えてくれて。大好きです」と感謝の気持ちを明かし、笑顔を見せた。

     同アワードは様々な分野から比類なき才能と創造性に輝く「Inspiring Women(~想像力と知性そして才能に満ち溢れ、多くの糸人にインスピレーションを与える女性~)の功績や活動にスポットライトを当て、その生き方を讃えるというもの。今年の受賞者は女優の杏、作家の林真理子さん(64)ら20人が受賞した

    12/12(水) 19:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000145-spnannex-ent

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【『Koki,』 将来は「母のような女性になりたい」WWWWW そこ目指しちゃうの?!WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 東京都立板橋高等学校
    52キロバイト (3,969 語) - 2018年10月15日 (月) 15:16



    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    工藤静香 大迷惑オヤジに怒りと絶望「本当に辛かったです」

    [2chnavi]こちら

    1 Egg ★ :2018/12/12(水) 15:07:48.27 ID:CAP_USER9.net

    歌手の工藤静香(48)が11日、インスタグラムを更新。機内での迷惑行為を断罪した。

     鹿児島から帰京する際に乗り合わせた乗客について言及し「鹿児島からの飛行機機器トラブルでなかなか飛ばず、他の便でなんとか帰ったのはいいけど、咳をガンガンしてマスク無し。これは良くないと思います。おじさんしっかりマスクしてください」と書き出した。

    「と言っても私より年下かな?笑」と年齢は同世代。 

     寒さが増し、風邪やインフルエンザが流行する時期。マナーを知らないこの乗客は何度も咳を繰り返したという。

    「咳しながら身体浮いてたし。1時間以上同じ並びで本当に辛かったです。私はマスクをしていましたが、あまりにも酷いジャンピング咳だったから、守れた気がしない」と工藤は怒りをにじませた。

    「咳して口抑える代わりに、鼻ほじってましたから。。。おじさーん涙」と絶望感すら漂わせた工藤はマナーの徹底を呼びかけた

    2018年12月12日 8時54分東京スポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15727505/


    【『工藤静香』 年下かもしれない男性を「おじさん」呼ばわりしてマナーを説くWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

    このページのトップヘ