ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・



    1 muffin ★ :2018/05/02(水) 19:51:53.58 ID:CAP_USER9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1763930
    2018.05.02 13:16

    アーティストの浜崎あゆみが1日、自身のInstagramにてビキニショットを公開した。

    鮮やかなビキニで、美ボディを披露した浜崎。プールサイドのような場所に寝そべり、バックコーラスをつとめるティミーと見つめ合う2ショットを公開した。
    ファンからは、「絵になる」「素敵2ショット」「あゆちゃんとティミーにらめっこが可愛い」「気持ちよさそう」「安定の2人!ティミーとあゆ仲の良さが伝わる」などの反響が寄せられている。

    デビュー20周年を記念する全国アリーナツアーが4月にスタートし、多忙を極める浜崎だが、束の間の休息を楽しんでいるようで、ここ数日リゾート地でリフレッシュしているショットを次々と公開している。(modelpress編集部)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【【画像あり】 『浜崎あゆみ』  ビキニで“寝そべり見つめ合う”2ショット公開 「絵になる」と反響?!】の続きを読む



    1 きのこ記者φ ★ :2018/05/03(木) 13:50:34.70 ID:CAP_USER9.net

    元モーニング娘。でタレントの中澤裕子(44歳)が、5月1日に放送されたバラエティ番組
    「ザ・パワーマップ!?アノ業界のリアルな力関係が一目瞭然?」(日本テレビ系)で、
    “福岡の女帝”と称されるほど福岡メディアで活躍していると紹介された。

    全国区の芸能人がどれだけ地方でレギュラー番組を持っているのか調査するという企画の中で、
    多くの芸能人を輩出している激戦区・福岡が取り上げられることに。
    そして、福岡でトップクラスの活躍を見せている人物として選出されたのが中澤だった。

    中澤は2014年に夫の仕事の都合で福岡に移住して以来、情報番組4本、ラジオが2本と、レギュラー番組を6本持っているという。
    全国区の知名度だけでなく、情報番組では主婦目線のコメント、ロケ番組ではキレのあるツッコミとアイドル時代に培った
    一般人への見事な対応を見せ、その上、プロ野球の試合の合間に営業活動も行っていることも紹介される充実ぶり。

    番組MCのチュートリアル・徳井義実(43歳)が「最強ですね」と感嘆すると、ベテランタレントたち
    ――大久保佳代子(46歳)からは「完成形」、井森美幸(49歳)からは「我々の目指すところ」と絶賛されていた。

    Twitterなどのネットでは「中澤裕子は福岡で再ブレイクしてたんだな」「意外だ…」「えー中澤姐さんの番組見てみたいなあ」
    「山本華世を超えただと…?」「地方の芸能人めっちゃいい」といった反応があるようだ。

    https://www.narinari.com/Nd/20180549341.html


    【【画像・・・あり】元モー娘。『中澤裕子』 いまや“福岡の女帝”?!】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/05/01(火) 19:44:37.93 ID:CAP_USER9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1763719
    2018.05.01 18:26

    7年ぶりに復活する「ミスマガジン2018」ベスト16が決定。1日、講談社にてフォトセッションならびに囲み取材が行われ、池松愛理、えのきさりな、岡田佑里乃、岡本桃花、緒方もも、川津明日香、黒木ひかり、後藤さり、佐藤あいり、沢口愛華、杉本美穂、鈴木ゆうは、寺本莉緒、農海姫夏、満原史絵里の15人がお披露目された(新木さくらは所属する九州発アイドルグループLinQのコンサートリハーサルのため不参加)。

    1982年にスタートし、今年度で35周年となる雑誌業界でも最も歴史のあるミスコンテスト。初期には斉藤由貴や細川ふみえ、その後中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩ら錚々たるタレントを輩出してきた。

    今回、2011年度を機に休止していたが、7年ぶりに復活。講談社の2大週刊漫画誌「ヤングマガジン」(約40万部発行)と「週刊少年マガジン」(約80万部発行)が主催し、グラビアにとどまらず、ドラマやバラエティで活躍できる女優やタレントを目指すアイドルを発掘・育成していく。

    2893通の応募から勝ち抜いた16人は、LinQセンターの新木や、「ラストアイドル」セカンドユニット「Good Tears」リーダーの池松、名古屋発のアイドルユニット「dela」メンバーの沢口、恋愛バラエティ番組「恋んトス」シーズン7(TBS系)に出演していた雑誌「S Cawaii!」専属モデルの杉本、元「Seventeen」専属モデルの川津といった面々。岡田と満原は一般応募から勝ち上がった。

    小野妹子の子孫という異色のプロフィールをひっさげ、センターで存在感を放っていたえのきは、「ご先祖様に良いご報告ができるように」と挨拶。池松は「芸能活動10年目にして始めて水着になる」と緊張気味に話し、川津は「グラビアのお仕事は始めてなんですけど18歳らしくフレッシュに頑張りたい」と意気込んだ。

    16人は、7日に発売される「週刊ヤングマガジン」23号の表紙、グラビアページに登場。6月下旬にグランプリと各賞が決定し、7月中旬にグランプリ発表イベントが開催される予定。グランプリ受賞者は「ヤングマガジン」ソロ表紙を飾ることと写真集発売が確定。さらに、11月には「劇団ミスマガジン(仮)」として演劇公演を行うなど、16人は「ミスマガジン2018」として色々なプロジェクトに参加していく。

    また、浅川梨奈、小倉優香が「ミスマガ2018・スペシャルアンバサダー」に就任。様々な形で盛り上げていく。(modelpress編集部)
    (ベスト16人のプロフィールはソースをご覧ください)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    (後列)池松愛理、佐藤あいり、川津明日香、農海姫夏、黒木ひかり(中央列)岡本桃花、杉本美穂、緒方もも、満原史絵里 、寺本莉緒(前列)鈴木ゆうは、岡田佑里乃、えのきさりな、沢口愛華、後藤さり


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    (左から)えのきさりな、緒方もも、後藤さり、佐藤あいり、黒木ひかり

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    (左から)池松愛理、新木さくら、岡田佑里乃、沢口愛華、寺本莉緒

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    (左から)川津明日香、杉本美穂、鈴木ゆうは、満原史絵里、農海姫夏、岡本桃花


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【画像あり】「ミスマガジン」7年ぶり復活! ビキニ姿でベスト16お披露目 ラストアイドル・小野妹子の子孫など・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ