ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・



    1 じゅげむ ★ :2018/02/12(月) 22:51:55.62

     日本の仮想通貨取引所コインチェックから580億円相当の仮想通貨NEMが盗み出されてまだ1か月も経過していませんが、
    こんどはイタリアの仮想通貨取引所BitGrailから、アルトコインの一種Nano(XRB)が盗まれる被害が発生しました。
    被害額はNano 1700万XRBで、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円が流出したことになります。
    BitGrailはすべての入出金を停止しており、BitGrail創業者でCEOのFrancesco "The Bomber" Firano氏は早々に、Nano保有ユーザーに対し100%の払い戻しは不可能とTwitterで通知しています。なお、Nano以外の仮想通貨に関しては被害は発生してないとのこと。

    NanoとはもともとRaiBlocksと呼ばれていた仮想通貨で、独自のブロックチェーン構造によってノード実行コストが発生せず、スケーラビリティも備えるなどといった特徴があります。ただ、盗まれてしまってはそれらの特徴に何の意味もありません。

    Nano開発者チームは声明を発表し、この問題に対してNanoプロトコルに問題があったわけではなく、BitGrailの管理ソフトウェアに問題があったようだと指摘しました。
    また直ちに法執行機関に連絡するとともに、捜査に完全に協力するとしています。
    一方で、Firano氏が損失を"なかったこと"にするためNanoの台帳部分の修正を提案してきたものの、チームには(不透明な)BitGrailの経営に責任を負う必要はなく「我々の追求する方向性ではない」としました。

    さらに、Nanoチームは「Firano氏は、BitGrailの経営状態について、長い間Nanoチームとコミュニティを欺いてきた来たという確信がある」としており、「Firano氏個人の投稿や告発には対応しない」と、BitGrailおよびFirano氏への不信感を露わにしています。

    これに対しFirano氏は「Nanoの言い分こそ根拠のない主張にすぎず、私的会話の公表で逆に捜査を妨害していると警察に伝えざるを得ない」とツイートし、もはや事態収拾に向けた両者の協力は期待できそうもありません。

    Nanoチームの主張が本当ならば、BitGrail(というかFirano氏)は危機対応の姿勢もさることながらも、経営のありかたにも問題を抱えているようにも思えます。
    いま最優先すべきは何をおいても顧客の資産保護に全力をつくすことのはずですが、CEOからはそういった趣旨の言葉は聞かれず、掲示板サイトのRedditなどではFirano氏による狂言疑惑が囁かれ始めています。

    今回の件は金額こそコインチェックの被害に及ばないものの、Nano全体の13%が行方不明になった計算になります。
    いまや仮想通貨窃盗は犯罪者にとって最も効率的な仕事になりつつあります。
    取引所はユーザーに誠実なのは当然として、不正アクセスに対する鉄壁のセキュリティ体制構築もしっかり徹底してほしいところです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00082160-engadgetj-sci


    【【悲報】 またか?!約211億円分の仮想通貨Nanoが流出!? 被害の取引所CEOは早々に「全額補償は不可能」とツイート!!】の続きを読む


    高梨沙羅が涙の銅「日本チームでいられて良かった」 - 日刊スポーツ
    高梨沙羅(21=クラレ)が銅メダルを獲得した。1回目で103・5メートルを飛び120・3点をマーク。全体3位で臨んだ2回目のジャンプは103・5メートルを飛び、合計243・8点をマークした。 表彰式を終えると「最後の最後に一番いいジャンプができた。何よりも日本チームのみんなが下で待っててくれるのがうれしくて。日本チーム ...
    (出典:日刊スポーツ)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/13(火) 00:23:14.11 ID:CAP_USER9.net

    沙羅、涙の銅「まだ自分は金メダルを取る器ではないことがわかった」/ジャンプ
    2018.2.13 00:13 サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180212/pye18021222520082-n1.html?view=pc

    表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)(写真:サンケイスポーツ)

    (出典 www.sanspo.com)


    平昌五輪第4日(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)ノルディックスキー・ジャンプ女子で、高梨沙羅(21)=クラレ=は103・5メートル、103・5メートルの合計243・8点で銅メダル。ジャンプ勢は2014年ソチ五輪男子ラージヒルで葛西紀明(45)=土屋ホーム=が2位、団体が3位になっており、2大会連続の表彰台。女子では初のメダルで、通算12個目となった。

    高梨との一問一答は以下の通り。

    --銅メダル

    「目標にしていた金メダルには届かなかったけど、最後の最後に一番いいジャンプが飛べた。何より日本チームのみんなが下で待っててくれたことがうれしい。結果的には金メダルを取ることはできなかったけど、記憶に残る競技人生につながる、糧になる経験をさせていただいた」

    --2回目のジャンプでは笑顔

    「ホッとして気が緩んでしまった」

    --日本チームからは

    「お疲れさま、すごいね、と抱き寄せてくれたときにホッとして涙が止まらなかった。日本チームとしてこの場に来られてよかった」

    --この4年間は

    「ソチ五輪からの4年間、ずっと悔しい思いをバネにここまできたつもり。まだ自分は金メダルを取る器ではないことがわかった。まだまだ競技者として勉強していかなければならない部分もたくさんある。周りの先輩からいろいろ学んで成長していきたい」


    【【オリンピック】 女子ノルディックスキー・ジャンプ 銅メダル 『高梨沙羅』 「最後の最後に一番いいジャンプができた」】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/12(月) 23:37:13.96 ID:CAP_USER9.net

    日本勢メダル1号、モーグル銀(←銅)の原大智「これが初めての表彰台。心がいっぱいです」
    2018年2月12日23時30分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180212-OHT1T50313.html

    日本勢初のメダルに輝いた原大智(ロイター)

    (出典 www.hochi.co.jp)


    モーグル男子決勝は、原大智(20)=日大=が上位6人による最終3回目で最終競技者として出場し、82・19点で銅メダルを獲得した。同競技で日本男子初、そして、今大会日本勢初のメダルに輝いた。17年世界選手権金メダルの堀島行真(20)=中京大=、遠藤尚(27)=忍建設=はともに2回目で転倒。西伸幸(32)=マンマーノフーズ=は19位だった。予選1位通過で、W杯6連覇の絶対王者、ミカエル・キングズベリー(25)=カナダ=が金メダルに輝いた。

    原「ただただ、うれしい。ホッとしている。今までつらかった。去年は全然、成績を残せなかった。これが初めての表彰台。心がいっぱいです」


    【【オリンピック】平昌五輪、日本勢メダル第1号!モーグル銅の『原大智』これが初めての表彰台!?】の続きを読む

    このページのトップヘ