ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    2018年02月



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/22(木) 20:46:18.10 ID:+gEtTPAo0●.net BE:472367308-PLT(16000)


    けものフレンズ公式ゲームアプリ「けものフレンズぱずるごっこ」(製作: FUNPLE STREAM)が大炎上している。ゲーム内で使用されている音源(音楽)が、違法サイトからダウンロードされたものを使用している可能性が出てきたのである。

    ・けものフレンズが認めた公式ゲーム
    この「けものフレンズぱずるごっこ」はAndroidとiPhoneに向けて作られたもので、けものフレンズが認めている公式ゲームとしてリリースされた。しかしながら、プレイヤーがゲーム内で使用されている音源を解析したところ、悪名高い違法サイトからダウンロードされたものを使用している可能性が出てきたのである。

    ゲームの製作会社は株式会社FUNPLE STREAMで、代表取締役は金炫(キムヒョン)さん。資本金は500万円で、複数のスマートフォンアプリを開発している。

    ・アニメ絵も無断使用していた
    そもそもこの「けものフレンズぱずるごっこ」、サーバルやカバンちゃんなど、登場キャラクターの絵をアニメ製作会社に無断で使用していた経緯があり、問題視されていた。そして今回、違法サイトの音源使用疑惑も浮上し、取り返しがつかない大炎上になっているわけである。

    ちなみに、違法サイトからダウンロードして使用したとされている音源は、けものフレンズのサウンドトラックの楽曲とされている。

    (中略)

    ・メディア関係者の声
    「適当にゲームを作っている会社はたくさんありますが、この会社は違法サイトからダウンロードした素材の文字データを消去しなかったなど、ツメが甘かったんでしょう。そもそも製作委員会に言えば素材をもらえたと思いますが、面倒だったのでそうしなかった可能性もあります」

    (以下略)

    全画像と詳細は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/02/22/kemono-friends-game-yabai/

    (出典 prtimes.jp)


    (出典 cdn.buzz-plus.com)


    【【悲報】『けものフレンズ』公式ゲームが違法サイトの音源素材を使用か?! アニメ絵も無断使用??】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/22(木) 23:10:43.58 ID:+gEtTPAo0●.net BE:472367308-PLT(16000)

    第68代横綱であり、日本でもっとも有名なモンゴル人としても知られている朝青龍が、人気漫画雑誌「コロコロコミック」(小学館)の漫画に対して激怒している。

    ・チンギスハンにいたずら描き
    コロコロコミック2018年3月号に掲載されている漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」(吉野あすみ先生)に、モンゴル帝国の初代皇帝であるチンギスハンが登場。漫画のキャラクターが、チンギスハンのおでこに息子スティックのいたずら描きをしたため、先祖を侮辱されたと感じた朝青龍がブチギレ激怒したのである。

    ・朝青龍のTwitterコメント
    「なー言いとけどなー!! 先祖バカにするお前!! 品格がない日本人!! 許せない!! 謝れ!! 謝れ!! 謝れ!! どこのゴミの会社」

    ・インターネット上の声
    「外国人が天皇陛下に落書きしたマンガ描いてたら嫌だよね」
    「日本人として申し訳ないし、恥ずかしいです。ごめんなさい」
    「子供向けのギャグマンガといっても許されない」
    「これは申し訳ない。本当に申し訳ない」
    「日本人として謝らせていただきます、本当に申し訳ありません」
    「しっかりと謝罪させた方が良いです。本当に恥ずかしい」
    「日本は変態の集まりですよ!!!!」
    「日本はこういう国なのです…ある意味ではこれが日本の伝統芸なんです」
    「やっぱ竹書房はクソですね」

    ・この件に関して反応はない
    多くの人たちがコロコロコミックの漫画に激怒し、そして日本人として朝青龍に謝罪している。物議をかもしている漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」を描いた吉野あすみ先生はTwitterをしているが、この件に関して反応はないままだ。

    朝青龍によると、今後、公式な外交ルートからコロコロコミックに対して厳しく講義をするとのこと。どのような展開となるのか、大きな注目が集まっている。

    全画像と詳細は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/02/22/asashoryu-akinori-korokoro/

    (出典 cdn.buzz-plus.com)


    【『朝青龍』 コロコロコミックに激怒!? チンギスハン侮辱 ・・・ 日本人謝罪「日本人として申し訳ない」】の続きを読む



    1 名無し募集中。。。 :2018/02/18(日) 13:56:39.46 0.net

    AKB田野優花が二股交際&車内キスのスキャンダル! 韓国嫌いで炎上直後に文春砲炸裂で卒業待ったなしか

    2018年2月17日、週刊文春デジタルの「文春砲Live」にて、AKB48・田野優花の二股交際スキャンダルがすっぱ抜かれました。タクシーの車内で男性とキ
    スをする写真まで……。韓国嫌い発言で大炎上していた直後に今回の文春砲が重なり、もはや卒業・解雇は待ったなしか?との声も。

    炎上渦中のAKB田野優花に文春砲炸裂! 二股交際&車内キス疑惑

    韓国嫌い発言で炎上中の田野優花に……

    2018年2月17日、週刊文春デジタルの「文春砲Live」にて、AKB48・田野優花の異性スキャンダルがすっぱ抜かれました。
    深夜デートの様子をバッチリ写真に収められており、しかも相手は二人。うち一人とはタクシーの車内でキスする様子まで撮られています。

    この僅か半月前、韓国嫌い発言で大炎上を巻き起こしていた田野優花。そこに前代未聞の二股交際スキャンダルが重なり、もはや卒業・解雇は待ったな
    しか?との声も……。
    http://48ers.info/I0000107

    ○1件目=一人目の中華料理店デート
    相手はイケメンカラオケバーの店員 モデルくん

    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    ○2件目=2人目 カラオケデート
    お相手はイケメンバンドマン
    カラオケ→コンビニ→タクシー
    タクシー乗車後に尾行に気づき尾行を巻かれる
    1時間後に田野が自宅に帰宅したのを記者確認

    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    (出典 i.ImguR.com)


    【余談】2017年には中川晃教とのデートを文春に撮られていた
    2017年6月には、舞台で共演したシンガーソングライター兼俳優の中川晃教と二人きりで食事しているところを文春砲にすっぱ抜かれていた田野優花。
    このときはSHOWROOMですぐに釈明会見を行い、単なる友人関係であることを主張していましたが、今回はそうした言い逃れも通用しない状況。果たして
    どうなるのか……。

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.4.blogimg.jp)


    AKB48 田野優花(20)

    (出典 i2.wp.com)


    交際相手のバンドマン 『FOMARE』のアマダシンスケ

    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【画像あり】またもや?!AKB48『田野優花』に文春砲炸裂!?  二股交際&車内キス激写!!】の続きを読む


    週刊朝日の「ユヅ、がんばったね。」表紙が炎上

    1 豆次郎 ★ :2018/02/23(金) 18:09:31.99 ID:CAP_USER9.net

    2018年2月23日掲載

    誰目線なのか

     羽生結弦選手の連覇を受けて、その雄姿を大々的に表紙にフィーチャーした雑誌が店頭に並んでいる。いまや国民的英雄と言っても過言ではないのだから当然なのだが、そんな中で「気持ち悪い」と一部ファンの間で不興を買っているのが「週刊朝日」だ。  

     オリンピックでの羽生選手を大きく扱っているのは、同日発売の「サンデー毎日」と同じだが、問題はそこに添えられたコピー。
    「ユヅ、がんばったね。」

     一体これは誰の台詞なのか。編集部? 編集長? それにしても何様なのか? というあたりが評判の悪さの理由のようだ。ツイッターでは「吐きそう」という辛辣なコメントまで見られる。

     羽生選手を長年応援してきたファンも「世界のフィギュアスケートを牽引してきた選手に対して、あまりにも敬意が感じられない」と憤る。

     いかに美青年であろうとも、言うまでもなく羽生選手は、すでに23歳の立派な成人男子であって、長年フィギュア界の頂点で活躍してきた超一流選手。今回の五輪では男子フィギュア史上66年ぶりの連覇を成し遂げた。
     もちろん、ファンの中には「ユヅ」という愛称を使う人もいるのだろうが、そこに加えて「がんばったね。」というタメ口での語りかけには、かなり「上から目線」あるいは勝手な「母親目線」という印象は否めない。しかし「週刊朝日」は羽生選手の育ての親でもタニマチでもない。

    「上から目線」?(週刊朝日2018年3月2日号)(他の写真を見る)

    職場に置き換えてみたらどうか

     昨今の職場では相手をファーストネームで呼ぶことはかなりリスキーだ。男性の部長が若手女性社員に対して、
    「サラ、がんばったね」
    などと言った日には、陰口で済めばマシなほうで、悪ければセクハラとして問題化するだろう。
     また、女性管理職が部下の男性社員に対して、
    「ユヅル、がんばったね」
    などと言ったら、周囲は「どういう関係?」と困惑すること請け合いである。

     ひょっとすると進歩的で知られる朝日新聞社だけに、日常業務において、こういう呼び方もアリとなっているのかもしれないが、一般社会において、タメ口は往々にしてトラブルを招きがちだ。

     フリーアナウンサーの梶原しげるさんは、著書『すべらない敬語』の中で「敬語を使わない方が、友達、仲間、身内感覚を味わえる」と“タメ口”のメリットを述べながらも、日本人は初対面でタメ口をきく人に嫌悪感を覚える国民性だと語っている。逆に言えば、とりあえず敬語を使っておけば、「炎上」の可能性は下がるということだ。

    「日本語では、相手が目上であるか、同等であるか、目下であるか、その相対的関係により、敬語を使うのか、または非敬語、タメ語を使うのか、場面に応じて、自在に使い分ける事が求められます。
    敬語モードで話すメリットは、相手や話題の対象と距離を置くことで、馴れ馴れしすぎる感じを排除し、その結果、敬いの気持ちや、丁重さ、上品さを表すことが出来ることです。敬語を場や相手に応じ適切に使用する事で、豊かなコミュニケーションを築けます」(『すべらない敬語』より)

     多分、週刊朝日の側に悪気はなかったのだろう。多くの国民と同様、羽生選手の快挙にテンションが上がりまくったゆえに飛び出した「タメ口」だったのだろう。しかし、これが結果として「馴れ馴れしすぎる感じ」として伝わったゆえに、ブーイングを浴びることとなったのである。

    デイリー新潮編集部

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02231624/?all=1

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【週刊朝日の表紙が炎上!! 誰目線なのかと疑問続出?!】の続きを読む


    「この国での貧困は絶対に自分のせい」 落語家・桂春蝶が自己責任ツイートで炎上

    1 ばーど ★ :2018/02/23(金) 19:05:10.50 ID:CAP_USER9.net

    落語家の桂春蝶さん(43)が2月20日、貧困は自己責任であるというツイートをし、ネット上で炎上する事態となった。

    「世界中が憧れるこの日本で『貧困問題』などを曰う方々は余程強欲か、世の中にウケたいだけ。この国では、どうしたって生きていける。働けないなら生活保護もある。我が貧困を政府のせいにしてる暇があるなら、どうかまともな一歩を踏み出して欲しい。この国での貧困は絶対的に『自分のせい』なのだ」

    桂春蝶さんのツイートが炎上

    (出典 news.careerconnection.jp)


    典型的な自己責任論ではあるが、関西でレギュラー番組を多数持つ人気の落語家、ということもあり、非難が殺到した。

    「障害や重病で思うように働けないのは自分のせいなのですか?上司のパワハラで鬱になり働けない人は自分のせいなのですか?」
    「自分の親の経済状況や、生まれてきた時の環境を自分で選べない以上、『絶対的に自分のせい』とは、言えない」

    貧困に陥る事情は人それぞれだ。障害や病気で貧困に陥ったとしても、「自分のせい」だと言えるのかということだ。生活保護についても、

    「生活保護を申請して断られて亡くなった人がいるの、ニュース見てないですかね」
    「生活保護が誰でも受けられるなら苦労しない」

    という指摘があった。生活保護は”水際作戦”で申請が阻止されることも多く、受給する資格のある人のうち約2割しか利用できていないという現状がある。

    他にも、「子どもの貧困も自己責任なのだろうか」「シングルマザーの貧困とかもかなり問題になってると思うんだが」と批判が殺到している。

    また、春蝶さんが父親から「桂春蝶」を襲名しているため、「少なからず親の威光のある叩き上げですらない落語家が言うことではないと思います」「世襲政治家の政府を世襲落語家が絶賛する新しいタイプの大衆演芸」という批判も上がっていた。

    「この世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの」

    こうした批判を受けて、春蝶さんは翌21日に、

    「さっきの投稿に痛烈な批判が多かったんだけど、まあ仕方ない。分かりにくい内容だったから。言いたかったのは、人は生まれながらに苦悩を抱えていて、だからこそ生きられるこの世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの。そしてその環境がこの国は整っている…そう言いたかった」

    と投稿し、釈明している。また、自身も貧乏だったが何とかなった、そんな日本は素晴らしいと改めて主張している。

    「僕は20歳から10年間、家賃2万円台のアパートで住んだ。それでも金がなくて、家賃を滞納したりした。当時は仕事が本当になかったから。ほとんど毎日がチキンラーメンかコーンフレークやった。それでも生きれた。芸人風情でも何とかやっていける日本は素晴らしい」

    芸能人が社会問題について言及して炎上、といったことは度々起きるが、つい先日も松本人志さんが「ワイドナショー」でネットカフェ難民に「ちゃんと働いてほしい」とコメントし物議を醸していた。春蝶さんはこれについて19日、

    「松本人志さんや、番組・ワイドナショーを叩いてる方々のツイート見たら、結局単なる『反安倍』の人たちなんですよね。これ何の発展性もないなあ。全く思想的でない人たちが批判してたら価値があるんだろうけど。戦後形成された左翼思想って、いつになったら潰えるんだろうか?もううんざりですわ」

    とツイートしていた。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/965911242844995584
    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/965601161662291968

    2018.2.21
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=50453


    【【貧困】落語家『桂春蝶』が自己責任ツイートで炎上!!】の続きを読む

    このページのトップヘ