ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    2018年03月



    1 Egg ★ :2018/03/28(水) 20:23:55.18 ID:CAP_USER9.net

    元SMAPの香取慎吾(41)とアンタッチャブルの山崎弘也(42)レギュラー出演するフジテレビ系「おじゃMAP!!」が29日、最終回を迎えた。

    最終回では香取が山崎をイタリアのヴェネツィア旅行に招待し、香取の超リッチなプライベート旅行の実態が明らかになった。

    ヴェネツィア6回目という香取は、プライベートで愛用するホテルの部屋に山崎を泊めたが、このホテルはハリウッドスターも愛用するといい、1泊約40万円。その後も2人は香取が行くセレブな店を次々と訪れた。

    俳優のチャールズ・チャップリンやクリント・イーストウッド、歌手のデヴィッド・ボウイも訪れた世界最古のカフェでの朝食は6000円。

    香取が最初のヴェネツィア旅行で訪れたという、俳優のニコラス・ケイジやジョニー・デップ、デザイナーのジョルジオ・アルマーニらも愛用する超高級ジュエリー店は、最も安い品でも約150万円のスカルリング。

    最高値は約70カラットのダイヤモンドが使われている2200万円のペンダントだった。

    香取がシャンデリアを購入したというヴェネツィアガラスの店は、最も高額なシャンデリアが約900万円、日本で販売する場合は約1500万円になるという。香取はここで、4個セットで約9万円のグラスを山崎に贈っていた。

    3/28(水) 20:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000147-dal-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)
    "


    【『香取慎吾』 プライベート旅行のリッチな実態・・・ホテル1泊40万円?! 朝食6千円?!】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/03/28(水) 14:09:44.64 ID:CAP_USER9.net

    元モー娘。加護さんの元夫逮捕
    ディズニー会員権詐欺疑い
    2018/3/28 13:28
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/351584083643499617/

    東京ディズニーランドの関連施設の会員権購入を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、警視庁町田署は28日までに、詐欺容疑で、会社役員の安藤陽彦容疑者(50)=東京都=ら男2人を逮捕した。安藤容疑者はアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー加護亜依さんの元夫で、「よく覚えていない」と容疑を否認している。逮捕は20日。

    逮捕容疑は共謀し、2012年、知人男性に「自分たちなら、ディズニーランド関連の特別な会員権を入手できる」とうそを言い、男性から現金400万円をだまし取った疑い。

    町田署によると、会員権は実在するが、一般には流通していない。


    【元モー娘。『加護亜依』の元夫  安藤陽彦容疑者逮捕!! ディズニー会員権詐欺疑い】の続きを読む


    May J.の本名に驚きの声!「意外と和風」

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/03/28(水) 16:18:03.41 ID:CAP_USER9.net

    May J.の本名に驚きの声!「意外と和風」
    3/28(水) 12:34配信 シネマトゥデイ
    https://www.cinematoday.jp/news/N0099616
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000023-flix-ent

    May J. - 写真は2015年撮影のもの

    (出典 img.cinematoday.jp)


    歌手のMay J.が25日にテレビ東京系で放送されたバラエティー番組「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」に出演して明かした本名に、インターネット上では「意外と和風なのね」「初めて知った」など驚きの声が上がった。

    松岡昌宏(TOKIO)と博多大吉(博多華丸・大吉)が居酒屋にゲストを迎え、“酒や肴のうんちく”を語りながら食べて飲む同番組。松岡に芸名について水を向けられたゲストのMay J.が「メイが本名なんです。橋本芽生って言うんです」とためらうことなく回答すると、大吉は「言っていいの? 橋本さんって言うの?(笑)」と驚きの表情。

    May J.は「全然! はしもっちゃんって呼んでください。もっちゃんでも」とノリノリで、イラン人の母親を持つハーフということでもともと「ジャミーレ」というミドルネームがあり、「J」の部分はそこから来ていると明かした。これまでにも本名を明かしたことはあったものの、「意外と和風なのね」「初めて知った」と驚く視聴者も少なくなかったようだ。

    ディズニーの大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』(2013)の日本語版主題歌を担当し、一世を風靡したMay J.。その時の忙しさは並ではなかったようで「あんまり記憶にないんです」と語り、当時番組や打ち上げで一緒になったという松岡や大吉が「悲壮感漂っていた」「あんまり瞬きしていなかった。大変だったんだなーと思って」と振り返る一幕もあった。(朝倉健人)


    【『May J』  本名公開!! 「橋本芽生」に驚きの声!? 】の続きを読む



    1 Magi Issuer ★ :2018/03/27(火) 13:54:51.34 ID:CAP_USER9.net

    「週刊少年ジャンプ」の元編集長・後藤広喜の著書『「少年ジャンプ」黄金のキセキ』が26日に発売された。同誌初の生え抜き編集長となった著者が、人気を牽引した連載漫画を紹介しながらその秘密に迫る。

    【関連記事】「ぬ~べ~」“鬼の手”も食べられる! 「ジャンプ」の90年代人気4作品がJ-WORLDに登場!

    著者の後藤は1970年に集英社に入社後「週刊少年ジャンプ」編集部へ配属され、『アストロ球団』(遠崎史朗/中嶋徳博)、『ドーベルマン刑事』(武論尊/平松伸二)、『さわやか万太郎』(本宮ひろ志)、
    『私立極道高校』(宮下あきら)などを担当していた。1986年から1993年まで同誌編集長を務め、2012年に退職。中島徳博の初代担当者としても知られている。

    「『少年ジャンプ』支えた主役は、言うまでもなく漫画家とその作品だ。」とまえがきで断言する筆者の熱い思いが垣間見える本作。
    永井豪『ハレンチ学園』、武論尊&原哲夫『北斗の拳』をはじめとする往年の名作や、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』、
    井上雄彦『SLAM DUNK』、冨樫義博『幽☆遊☆白書』などが編集目線で紹介される、ジャンプファンにはたまらない一冊となりそうだ。

    商品情報
    『「少年ジャンプ」黄金のキセキ』
    著者:後藤広喜
    発売日:2018年3月26日(月)
    発売体裁:四六判ソフトカバー288ページ
    定価:本体1,600円+税
    発行:ホーム社
    発売:集英社

    https://animeanime.jp/article/2018/03/27/37184.html


    【「少年ジャンプ」は何故人気なのか・・・ "奇跡"を起こした元編集長が、創刊〜黄金時代の秘話を記す】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/03/27(火) 00:12:38.12 ID:CAP_USER9.net

    3月下旬の夕方、都心にある百貨店のデパ地下に意外な人物の姿があった。目深にかぶったキャップとマスクで顔を隠しているものの、間違いなくあのローラ(27)だ。

    ローラといえば、昨年8月に所属事務所「LIBERA」との契約トラブルが表面化。だが彼女はこれまで、かたくなに沈黙を貫いてきた。だが実はここへきて、
    所属事務所との契約問題に進展がみられたという。

    「ローラさんは騒動が長期化すると、仕事に影響すると考えたのでしょう。最近では、所属事務所との和解を模索するようになっています。両者が信頼するイベント企業が
    ローラさんの指定代理店となり、そこを介して活動していくようです。すでに書面でのやりとりも進んでおり、近日中にも合意に至りそうです」(ローラを知る関係者)

    本誌は、ローラを直撃した。冒頭のデパ地下での買い物を終え、駐車場へと出てきたローラ。記者が「女性自身です」と声をかけると、驚いた様子で「ハイ」と答えた。

    ――実はローラさんが所属事務所と和解して活動を再開すると聞きました。

    「そうですね。今月(3月)中には発表できると思います」

    なんとローラの活動再開はすでに具体的な日付を言える段階になっていたのだ。その告白に驚きつつ記者が突然の取材をわびると、ローラは明るい様子で答えた。

    「あ~、全然、全然、全然。なんか、もっとハッピーな感じに発表したいなと思っているから」

    ――再スタートは4月に入ったら?

    「だと思いますね」

    横にいた2人が話を遮ろうとするも、ローラは「いいよ、先に行ってて」とひとこと。そのまま、記者の質問に答えてくれた。

    「いろいろやりたいこともホントにあって、芸能以外のことが、すっごいやりたくて」

    ――たとえばどんな?お店やファッションブランド展開などでしょうか?

    「いや~、それもまた普通のことはやりたくなくて。女性としてカッコよくありたいなあっていうのがあって。やっぱり環境問題とか、自分のなかにどこかに
    ちゃんとそういうのを少しずついろんな人に伝えたいなあって……」

    ローラの口から飛び出した意外な未来計画。それを実現させる上でも、前に進むべく和解の道を選んだようだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010000-jisin-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『ローラ』  沈黙破り初告白!? 所属事務所と和解・・・4月再スタートへ?!】の続きを読む

    このページのトップヘ