ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ: 芸能


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    80キロバイト (9,922 語) - 2018年10月6日 (土) 15:35



    (出典 more-more-more.com)



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 14:29:26.92 ID:CAP_USER9.net

     所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、
    再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

     レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、
    本人との面会に至った」という。

     のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」
    などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

     そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは
    「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、
    面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

     また、同誌で「和解」と報じられていることにも
    「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために
    事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

     一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」
    (関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。

     ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を
    慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に
    改めて活動を開始していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000110-spnannex-ent


    【『のん』 独立2年で元所属先に和解申し入れ?! なぜ突然翻意?! 真相はいかに・・・】の続きを読む


    川島 (かわしま うみか、1994年3月3日 - )は、日本の女優、歌手であり、9nineの元メンバー。本名同じ。 埼玉県新座市出身[リンク切れ]。レプロエンタテインメント所属。明治大学文学部卒業。 2005年9月、小学校6年生の時に渋谷でスカウトされ、レヴィプロダクションズ(現・レプロエンタ
    35キロバイト (4,492 語) - 2018年8月24日 (金) 03:37



    (出典 top1news.net)



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 23:09:24.09 ID:CAP_USER9.net

     女優の川島海荷(24)、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(35)、声優の山寺宏一(57)、女優の観月ありさ(41)が19日、
    都内で行われたアニメ映画「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」の初日舞台あいさつに出席した。

     豪華クルーズ船で一行がバカンスに出るシリーズ第3弾。川島が「船で世界一周するのが夢。そのためにお金をためている」と笑みを浮かべると、
    藤森はすかさず「そのために朝働いてるんだもんね。そうか。『ZIP!』(日本テレビ系)って貯金だったのか」と意地悪く突っ込んだ。

     本紙があと何年番組に出演すれば夢がかなうのかを尋ねると、これまた芸能界の酸いも甘いも知る藤森が
    「そんな生々しい質問を。ずっと出てるからたまってるに決まってるだろ」と、川島の懐事情を推測した。

     川島は困惑しながらも「お金をためるのが趣味なので、使いすぎずに楽しみを取っておいて、いつか世界一周できるように頑張ります」と語った。

     藤森はなおも「僕も次に4作目があれば、(これまでのギャラを)合算して世界一周に行けるかな」とコメント。ここはベテランの山寺が
    「え、そんなにもらってるの?」と突っ込んで、藤森をやり込めた。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000044-tospoweb-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『川島海荷』 趣味は貯金? 「世界一周するのが夢」!? 『オリラジ藤森』も・・・!?】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    80キロバイト (9,922 語) - 2018年10月6日 (土) 15:35



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 07:14:03.74 ID:CAP_USER9.net

     大手芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは18日、創作あーちすとで女優・歌手・のん(能年玲奈)との和解”が写真週刊誌『FRIDAY』で報じられた件において
    「本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません」との見解を表明した。

     のん(能年)においては、2014年末から2015年にかけて所属事務所との契約問題が伝えられ、15年4月にスポーツ紙や週刊誌が「能年玲奈が事務所に無断で個人事務所を設立した」と
    報じた。さらに、その後、『週刊文春』7月28日号が「のん」に改名したと伝え、彼女自身も、改名後には、映画吹き替えやCMなど活動の幅を広げた。

     そして、きょう19日発売の『FRIDAY』では、“沈黙を破り”「のん(本名・能年玲奈)芸能事務所とまさかの和解」などと、関係者の話を交え報じられた。

     この報道に対し、レプロエンタテインメントは、見解を公表。「弊社と能年玲奈氏に関する一部週刊誌よる記事について」とし「能年氏から、過去についての謝罪と、
    弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません」と報告。続けて
    「当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」と伝えた。

    ■以下、コメント全文

    報道関係者各位
    弊社と能年玲奈氏に関する一部週刊誌記事により、多数のお問い合わせを頂いております。
    能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません。
    なお、当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります。

    株式会社レプロエンタテインメント

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000330-oric-ent


    【[レプロ側] 『のん』(能年玲奈)との“和解”報道で言及? 「何ら解決には至っておりません」 【コメント有】】の続きを読む


    浜辺 美波(はまべ みなみ、2000年8月29日 - )は、日本の女優、元子役。 石川県出身。東宝芸能所属。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー。
    54キロバイト (6,591 語) - 2018年10月11日 (木) 22:41



    1 かばほ~るφ ★ :2018/10/18(木) 13:19:03.85 ID:CAP_USER9.net

    浜辺美波、ツイッターで「エゴサーチしている」
    [2018/10/17 16:13]

    歌手で俳優の星野源(37)、俳優の新田真剣佑(21)、女優の浜辺美波(18)が17日、
    都内で行われたNTTドコモ「2018-2019冬春 新商品発表会」に登場した。

    世界最薄&最軽量の「カードケータイ KY-01L」を含む計11機種を発売。
    最薄&最軽量にちなみ、“自身の最も○○なこと”について質問が。
    新田は「僕は最も現場で写真を撮る人間だなと思う。
    作品ごとのメモリーだったり、ファンクラブのための写真をよく撮る」と明かした。

    一方、星野は「自分は最もクレープを愛している。原宿で並んで買っている。
    チョコバナナが好き」と照れ笑いを浮かべると、新田は「僕も大好きなんですよ!」と前のめり。
    星野は「本当?今後一緒に並ぼう!」と意気投合していた。

    浜辺は「私は最もインドアを愛している。一人でおうちで時間をつぶすのが大好きで、
    録画したドラマやバラエティーを見ている」と告白。
    スマホではツイッターを利用してエゴサーチしているといい、
    「エゴサーチは依存性があるというか、やりだすと止まらない」とハマっていた。

    テレ朝news
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20181017_110.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【『浜辺美波(18)』 ツイッターで「エゴサーチしている」? 「エゴサーチは依存性があるというか、やりだすと止まらない」←】の続きを読む


    沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 - )は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。両親の実家がある鳥取県鳥取市生まれで京都府京都市育ち。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツ
    82キロバイト (6,041 語) - 2018年10月19日 (金) 14:01



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/19(金) 22:10:34.59 ID:CAP_USER9.net

    歌手の沢田研二(70)が、さいたまスーパーアリーナでのコンサートを直前に中止したことが波紋を広げている。

    「『動員に関する契約上の問題です』と本人は説明し、『空間が多すぎる』『そういうスカスカの状態でやれというのは僕には酷だ』などと言い訳しましたが……」

     と情報番組デスクは冷ややかだ。

    それでもやるのが客商売
    〈沢田の行為は身勝手すぎる〉〈ファンを第一に考えていない〉などという批判はネットなどに書き込まれているので、ここではその件には触れない。

    批判以上に沢田は今回、屈辱的気分を味わっていたことがある。それは、ワイドショーのカメラの前での謝罪だ。

    音楽業界の古参関係者が口を開く。

    「沢田はワイドショーが大嫌いなんです。かつて、暴力事件や離婚問題などで嫌というほど叩かれたので、以来、絶縁状態にある」

    沢田が、ライブコンサートに取材陣を呼び込む場合があるが、

    「必ずスポーツ紙だけ。テレビ局には声を掛けないんです」(前出・古参関係者)

    よって、沢田の動く姿がワイドショーに流れることはこれまでなかったのだが、今回の騒動で、沢田はワイドショーのカメラの前で謝罪するハメに追い込まれたのだ。

    情報番組デスクが、舞台裏を明かす。

    「騒動の翌日、スポーツ紙やテレビ局は、沢田に事情を聞こうと自宅で直撃しようとしたんです。
    沢田サイドも、ファンに迷惑をかけたので、沢田の思いを伝えるために急きょ、取材に応じるしかないと判断をし、取材陣に対応しました」

    そこで沢田は、事情を説明すると同時に、スカスカの客席について

    「僕には意地があるからね。だから今回は僕はできません」

    と中止の理由を付け加えた。

    9000人を呼ぶと約束していた主催者。実際にさばけたチケットは7000人。

    「それでもやるのが客商売。ジャニー(喜多川)さんの『ショー・マスト・ゴー・オン』を聞かせてやりたいですね。
    そもそも沢田は、長年のファンに支えられているから、コンサートツアーだけで食っていけているんです。

    にもかかわらず以前は、ライブの前列に陣取る熱烈なファンに対し『やる気が失せる』というような暴言を吐いたことがありますからね。
    今一度、ファンのありがたみを感じた方がいいですよ」

    と前出・スポーツ紙記者は突き放す。

    日本レコード大賞を受賞した往年のヒット曲『勝手にしやがれ』(1977年発売)には〈♪せめて少しはカッコつけさせてくれ♪〉という歌詞がある。

    あれから40年。沢田、70歳。時の過ぎ行くままに、である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15468765/
    2018年10月19日 17時0分 週刊女性PRIME


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【『沢田研二』が受けた屈辱・・・批判以上にキツかった?  “絶縁メディア” での謝罪?!】の続きを読む

    このページのトップヘ