ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ: 芸能


    小西 真奈美(こにし まなみ、1978年10月27日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル、歌手。本名同じ[要出典]。愛称は、こにたん。藤木 一恵(ふじき かずえ)名義での歌手活動経験がある。 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。エリートジャパン(現・ネイムマネジメント)、スマイルカ
    27キロバイト (3,019 語) - 2018年10月16日 (火) 13:25



    (出典 farm2.static.flickr.com)



    1 プーアル ★ :2018/10/18(木) 15:21:57.22 ID:CAP_USER9.net

    ファッションモデル顔負けのスタイルで知られる女優の小西真奈美が突如として豊かな胸になったとして、男性ファンの熱い注目を集めている。

     きっかけは小西がインスタグラムで公開した1枚の写真。10月11日に公開されたショットで、新アルバムのジャケット写真の撮影時に写されたものだ。小西は黒のチューブトップのドレスを身に着け、首筋から肩、胸元と肌を大胆にさらしている。

    「これだけでかなりの艶っぽさ。生ツバものなんですが、さらに胸がこんもりと盛り上がっているからたまりません。彼女はこれまで大きく見てもBカップで実際はAだろうと言われてきました。でもこの写真ではCカップはあるように見えます。場合によってあと少しでDというところまで成長しているかもしれません」(週刊誌記者)

     実は小西、今年の7月ぐらいから胸が大きくなっているのではないかと、ささやかれていた。この時は疑惑にとどまっていたが、どうやら本格的に豊かになっているようだ。

    「気になるのは巨大化の理由ですが、本格的に歌手デビューするからかもしれません。彼女はこれまでにシングルやネット配信限定でミニアルバムを出していますが、10月24日にアルバムをリリースし、メジャーデビューします。このアルバムのために、ボイストレーニングにも余念がなかったことでしょう。よく呼吸を鍛えると胸が大きくなると言われますから、小西もそうだと思われます」(前出・週刊誌記者)


    (出典 img.asagei.com)

    https://www.asagei.com/excerpt/114199


    【「39歳」 『小西真奈美』の胸がまさかの“急成長”?!】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。
    32キロバイト (4,120 語) - 2018年10月14日 (日) 21:49



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/18(木) 18:36:53.94 ID:CAP_USER9.net

    東スポWeb

     ダウンタウンの松本人志(55)が17日、ツイッターを更新。農業アイドル「愛の葉Girls」の元メンバー、大本萌景(おおもと・ほのか、16=当時)さんが3月に自殺した問題について「自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。」とつぶやいた。

     松本は14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、この問題を取り上げた際に「ついついかばってしまいがちなんやけど、僕は『やっぱり死んだら負けや』ということをもっとみんなが言わないと。死んだらみんながかばってくれるっていう風潮がすごく嫌なんですよ」などと発言し、賛否両論が噴出していた。

     再度、自身の主張をアピールした形となったが、ネット上には賛同の声も多く見られる。

    「私はすごくグッときました。命を断つことを肯定しちゃ絶対にダメだと思います」

    「ずっと死のうと思ってたからなんかグッときた。女子高生です」

    「僕も自殺を考えた事があります。でも松本さんの言葉で救われました」

    「私も生き続けます」

    「何が正解なのかは分かりませんが、松本さんがその言葉を言うことで救われている人はきっといると思います」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15455873/


    【『松本人志』 ”アイドル自殺”「死んだら負け」再発言に賛同の声多数?! 「松本さんがその言葉を言うことで救われている人はきっといる」?】の続きを読む


    東出 (ひがしで まさひろ、1988年2月1日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル。埼玉県出身。ギグマネジメントジャパンを経て現在はユマニテ所属。身長189cm、体重72kg。妻は女優の杏。 東出輝裕とは遠い親戚。 高校時代に第19回メンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリを獲得
    32キロバイト (4,098 語) - 2018年10月14日 (日) 12:15



    (出典 www.geinou-research555.com)



    1 muffin ★ :2018/10/17(水) 11:52:18.50 ID:CAP_USER9.net

    https://www.rbbtoday.com/article/2018/10/17/164447.html
    2018年10月17日

    東出昌大が、16日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。妻・杏との出会いに感謝する一幕があった。

    笑福亭鶴瓶が男女の関係について「人にもよるが、女性は好きな男をダメにする」と持論を述べながらも、「俺は嫁はんに会って真面目になった、ものすごく」と言及。「俺、アレおれへんかったら、めちゃくちゃになってたわ」と明かした。

    続けて鶴瓶は「杏ちゃんもきっちりしてるやろ?」と質問。「してます」と答えた東出は「多分彼女はずっと、きっちりしてきた人生だと思う」と述べる一方、「僕の10代後半から20代前半は、ちょっとずつ色んなところが足りない男友達と、お金が足りない、頭が足りない、酒が足りない連中と日々ドンチャンやってた」と回顧。

    さらに「クズみたいな、掃き溜めみたいなところで生活してた」と振り返り、「そこからだいぶ更生されたというか」と、妻の存在に感謝していた。


    (出典 www.rbbtoday.com)


    【『東出昌大』 妻『杏』との出会いに感謝?! 「クズみたいな生活から更生された」】の続きを読む


    西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年3月29日 - )は、日本の俳優。東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。身長は178cm、血液型はA型。 子どもの頃から映画好きで映画関係の仕事がしたいと考えていたところ、19歳の時に先輩の薦めで受け
    44キロバイト (5,601 語) - 2018年10月6日 (土) 03:24



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 膳摩漏 ★ :2018/10/17(水) 15:11:40.38 ID:CAP_USER9.net

    16日、バナナマンMCの『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)が放送。ゲストの鈴木杏樹が1993年に放送されていた大ヒットドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主要メンバーで同窓会をしたことを明かし、ネットで話題となった。

     『あすなろ白書』は、大学で出会った男女5人の恋や友情を描いた作品。石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊らが出演しており、最終回の視聴率は31.9%を獲得。藤井フミヤが担当した主題歌『TRUE LOVE』はダブルミリオンを達成した。

     鈴木は「20年ぶりに同窓会をしたんですよ」とコメント。いつの間にかメンバーの電話番号やメールアドレスが分からなくなり、連絡を取ることが少なくなったのだが、「にっしー(西島)が私の番組にゲストで来て繋がって、ひかちゃん(石田)が『相棒』(テレビ朝日系)に来て……」と久々に共演をして、どんどん再会していったという。さらに、「にっしーがみっちー(筒井)と打ち上げで再会して、にっしーがスマスマ(SMAP×SMAP)に出たときに、たっくん(木村)と繋がって」と全員が連絡を取れる状態になったとのこと。

     鈴木が同窓会を行う店に訪れると、「たっくんが一人で座っていたんですよ」と回顧。続けて「“一番来なさそうな人が一番に来ている!”と思って、そこから徐々に集まった」と振り返った。

     このレアな同窓会について、SNSでは「あすなろ会の話アツい」「『あすなろ白書』懐かしい!」「にっしー、たっくんとか若さあふれる呼び方たまらん」などと話題となっていた。

     「鈴木の口から『SMAP×SMAP』が出たことについて、ファンが反応していましたね。ただ、様子を伺いながらしゃべっていたため、“そんなに言っちゃいけない言葉になっているのか?”との声もありました」(エンタメライター)

     とにもかくにも、25年たった今でも根強いファンが多いドラマであることは間違いない。先日、フジテレビでは、現在放送中のドラマ『SUITS/スーツ』に関連して『東京ラブストーリー』を夕方に再放送。Twitterにトレンド入りするほど盛り上がっていた。今回の放送でこれだけ話題になる『あすなろ白書』の再放送を期待する人も多いのではないだろうか。

    https://npn.co.jp/article/detail/10075238/


    【『西島秀俊』 『木村拓哉』ら[あすなろ白書]のメンバーが同窓会?! キッカケは[スマスマ]】の続きを読む


    広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名、廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCandle JUNE。妹が一人いる。元衆議院議員の三村和也は母方の従兄。 高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒ
    45キロバイト (5,765 語) - 2018年8月7日 (火) 02:26



    (出典 www.flamme.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/17(水) 17:09:10.32 ID:CAP_USER9.net

     手作りの工作、パンやおだんご、教室にパネルを持ち込んで作ったお化け屋敷……。

     10月初旬の週末、文化祭の日を迎えた都内の有名私立小学校は、生徒たちに加えて多くの保護者たちでごった返していた。

    「あの小学校は子どもたちの個性を伸ばすための独特な取り組みで知られています。文化祭は子どもたちだけでなく、保護者や地元の人も協力して、
    ブースを作ったり出店したりするので、地元の名物イベントにもなっているんです」(近隣住民)

     その校風から、多くの芸能人たちも子どもを通わせていることで知られる同校。この日の文化祭にも、豊田エリーや堤真一の姿が。

    大きなゼッケンをつけた広末涼子

    「豊田さんは参加したママさんたちに“こんにちは~!”ってフレンドリーに挨拶していました。堤さんは娘さんとおしゃべりしていましたが、
    暑さと人の多さに少し疲れぎみでしたね(笑)」(参加した保護者)

     そんな中、ひときわ目立っていたのが7歳になる次男を通わせている広末涼子だった。

    「広末さんは、ほかの芸能人の方やママさんたちと違って大きなゼッケンをつけていました。あの小学校には公立中学校でいうPTAみたいな係があって、
    各クラスから5人の保護者が選ばれるんです。

     広末さんはその1人で、この日は役員として文化祭に参加していたようです。自分の子どもだけでなく、全体に気を配らなければならないんですが、
    常に笑顔で子どもたちの様子を見守っていましたよ」(同・参加した保護者)

     10月12日にスタートしたドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)では、小学生の息子を女手ひとつで育てながら、動物看護師として働く
    シングルマザーを演じている彼女。連ドラ撮影もこなしつつ、学校では役員として、文化祭の運営にも携わっていたということになる。

    「広末さんはいつも家族ファースト。できるだけ一緒にいる時間を作って、家では役を引きずらないように台本もいっさい開かないそうです」(芸能プロ関係者)

     年に数回ある学校行事にも積極的に参加しているようだが、その理由を過去の雑誌のインタビューでこう語っていた。

    《こういう交流を父母として続けていくうちにお母さん、子どもたちの個性、環境も見えてきて、自分の子どもだけを育てているのではなく、
    みんなで成長している感覚に》

     そんな彼女の傍らには、心強い味方の姿も。

    「文化祭には旦那さんのキャンドル・ジュンさんもいらしてました。夫婦でひとつひとつのブースを回っては、子どもたちの作品を“これ、すごいね!”って
    ほめてあげていましたね。彼女が育児と仕事を両立できるのは、ジュンさんの存在も大きいと思いますよ」(別の参加した保護者)

     こんなお母さんになれたらなぁ~。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00013556-jprime-ent

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【画像あり】『広末涼子』が息子の運動会で「ほかの芸能人父母とは違う」“PTA役員”姿を披露?!】の続きを読む

    このページのトップヘ