ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ: 炎上


    希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は、日本の歌手、タレントである。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ、旧姓:辻)。愛称は辻ちゃん、ののなど。一人称はのん。 東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属。元ハロー!プロジェクトの一員。元モーニング娘。の4期メンバー。W(ダブルユー)
    30キロバイト (3,664 語) - 2018年6月14日 (木) 10:01



    (出典 s.eximg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/15(水) 00:02:15.65 ID:CAP_USER9.net

    なにをしてもどんなことを言っても「炎上」と伝えられるタレント・辻希美(31)。
    彼女のブログにコメント欄の設置はなく、もはや何をもって「炎上」とされているのかよくわからないのだが、
    基本的にはアンチの集う匿名掲示板のスレッドと、同じく匿名でニュース記事にコメントをつけられる「ネタりか」だけが賑やかだ。

    辻を叩くアンチたちのバリエーション豊かな批判は、呆れを通り越してもはや笑えてしまう。というわけで今年の辻希美「炎上」事件簿を振り返ってみたい。

    5月1日に投稿したインスタグラムでは、春野菜カレーと称しながら春野菜が入っていなかったため批判殺到。
    このようにどうでもよすぎることを批判するのがアンチである。
    5月7日には、朝ご飯にホットケーキ、おやつにドーナツを作ったため炎上した。
    1日に2回も“ホットケーキミックス”を使っていることがその理由だ。

    5月7日は他のことでも話題になっていた。
    インスタグラムで厄払いにいったことを報告すると、この時期に行くのは遅すぎるとアンチたちが騒いだのである。
    ちなみに、お守りを持っている画像をアップしたのだが、「辻希美の手が*すぎる」「なんか変な手だね。
    人差し指の爪だけ長い」「魚肉ソーセージかと思ったら手だった」といった誹謗中傷も。
    手を晒すだけでこの言われよう、日本中探しても辻ちゃんだけだろう。結局この日、辻ちゃんは1日に3回以上も批判されている。

    5月20日には夕方に子どもを家のプールで遊ばせたため炎上。
    この時期にプールは身体が冷えてしまうと、アンチたちは子どもを気遣うフリをして辻を口撃した。
    気遣いながら口撃するのはアンチの得意な手法。3月5日にフレンチトーストを作った際は、家族が糖尿になってしまうと指摘していたこともあった。

    しかし他人の子どもや家族には優しいそぶりで、辻だけには厳しいのがアンチ。
    6月22日、妊娠中である辻がつわりが増えてきたことを報告すると、「体調悪いアピールするな」と鬼のような言いぶり。
    つまりアンチは典型的な「イヤ~な小姑」の姿勢を貫いているのである。

    そして7月1日。暑い日に再び自宅プールに水を入れた辻だが、今度は水不足なのにプールに水を張るとは何事だとお叱りを受けていた。
    辻がプールを使って良い日は一生こなさそうだ。

    他には、1月14日に鶏胸肉料理ばかり作ってツッコミ続出、1月31日にひき肉ばかり使って批判殺到。
    1月29日には、いちご狩りで練乳をつけたため批判が続出していた。
    アンチ曰く、つみたてのいちごはそのまま食べるべきだとか。

    もはやここまでいくと、辻への批判は大喜利状態。アンチは頭をひねらせて辻を批判する言葉を探しているようだ。
    これからも辻とアンチの闘いは続いていくだろうが、一歩引いた目線で見るとなかなか面白いかもしれない。
    というか辻ちゃんにとっては別に闘っているつもりもなく、ブログの内容が拡散されれば彼女の認知度は維持されるし、
    大勢のネットユーザーがブログを閲覧してくれれば小銭がチャリチャリ入ってくる仕組みなので痛くも痒くもない。
    素晴らしいビジネスが成立している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1501770/
    2018.08.14 23:30 messy / メッシー


    【『辻希美』への批判がもはや面白い!?  徹底的に粗を探すアンチの観察力に感服!】の続きを読む


    剛力 (ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳の時
    54キロバイト (6,525 語) - 2018年7月31日 (火) 05:36



    (出典 img.jisin.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/31(火) 08:46:34.27 ID:CAP_USER9.net

    剛力彩芽(25)が窮地に――。7月24日までに自身のインスタグラムからほぼすべての投稿を削除し、波紋を呼んでいる。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長(42)のプライベートジェットでサッカーW杯観戦へ行った剛力。その写真を掲載したところ、「はしゃぎすぎ」と批判が殺到したのだ。

    今年4月に前澤氏がツイッターで「真剣交際ですよ!」とつぶやくと、剛力もインスタで交際を宣言。さらに彼女は、前澤氏の人柄についてもこう“ベタ褒め”していた。

    「まるで子供みたいにピュアな方です。仕事や会社や仲間を愛し、真っ直ぐで情熱的な姿は、どこか私の父親に似ているなと感じる部分もあり、ひたむきで楽しむことを忘れない人柄にいつも勇気をもらい惹かれています」

    だが、そうしたラブラブ投稿が炎上。誰よりも心配しているのは、ほかならぬ両親だろう。前出のとおり剛力は前澤氏を「どこか父親に似ている」と評するなど、家族愛が強いことで知られている。昨年10月にも『スッキリ』(日本テレビ系)で「25歳になっても父親と一緒にお風呂に入っている」と明かし、世間をあっと驚かせた。そんな父に話を聞くべく、本誌記者は神奈川県内にある実家へと向かった。だが、両親はすでに引っ越していた。

    「実は、近くにお家を建てられたんです。彩芽ちゃんがご両親にプレゼントしたと聞きました。お父様が購入したのですが、彼女自身もかなり援助したそうですよ」(近所の住民)

    たしかにもともと住んでいた場所から目と鼻の先に剛力家の新居はあった。100坪の土地を購入し、3年前に建てられた2階建て。建物も200平米近く、1億円はくだらないという。

    「彩芽ちゃんはデビュー直後から、『芸能界で成功したら、両親に大きなお家をプレゼントする!』と宣言していました。デビュー当時はまだ遊びたい盛りだったのに、友人たちが遊んでいるのを横目にずっと歯を食いしばって頑張ってきたんです。その努力がようやく報われたわけですから、彼女もお父さんも感無量でしょうね……」(前出・近所の住民)

    そこで件の“親孝行御殿”から出てきた剛力の父に、娘と前澤氏との交際についてどう考えているのか尋ねてみた。しかし複雑な思いもあるのだろう。父親は「忙しいので……」とひとこと。その後も、胸中を語ることはなかった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00010004-jisin-ent


    【『剛力彩芽』 炎上の陰で両親に贈っていた1億円超の親孝行御殿?!】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手であり、お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダーである。相方は木梨憲武。芸能事務所・アライバル代表取締役社長兼タレント。身長182cm、体重74kg。 趣味 : 野球、ゴルフ、映画鑑賞、酒、料理
    26キロバイト (3,481 語) - 2018年7月24日 (火) 06:53



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 プーアル ★ :2018/08/01(水) 22:46:04.31 ID:CAP_USER9.net

    7月30日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にタレントの関根勤が出演。石橋貴明、ミッツ・マングローブとともに最近の若者の言動、行動に苦言を呈したが、逆に平成生まれを中心とした若者から批判を浴びる事態となった。

    この日のテーマは「平成生まれ対昭和生まれ」で、制作サイドは街頭で平成生まれの若者にインタビューし、最近の若者の考えをさぐった。若者の多くが「車は必要ない。事故に遭ったときのリスクが高くない?」と答えたのを見るや、関根、石橋はかつては車を持つことがステータスだったと振り返り「スーパーカーとかいらないと思ってるんだろうね」「バカじゃない?と思われているのかも」などと嘆いた。

    関根は「受け入れられないことがある」と切り出し、若者が飲食店などで「コーヒーになります」などと、何かにつけて語尾に「なります」を付けることに違和感があると明かした。これをきっかけに3人の話は盛り上がり「『自分的に』って意味が分からない」(石橋)、「『?じゃないですか』はいらない」(関根、ミッツ)などと若者が使いがちな言葉を次々と「ダメ出し」した。

    https://myjitsu.jp/archives/58380


    【『石橋貴明』か゛「老害化」?! 若者の言葉使いを批判して「もはや昔の人」】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大
    31キロバイト (3,885 語) - 2018年7月25日 (水) 02:35



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/31(火) 16:03:06.44 ID:CAP_USER9.net

    今度はこじるりか!? 明石家さんまや岡村隆史など多くの芸能人が“参戦”し、その都度、ネットで炎上するという現象を巻き起こしているのが「ZOZOTOWN」を運営する前沢友作社長(42)と女優・剛力彩芽(25)の熱愛騒動。今度は女優の小島瑠璃子(24)の発言が、ネット上で論議を巻き起こしてしまった。“こじるり無双”とまで呼ばれるようになったリポート力に過信があったのか。剛力をめぐる騒動は様々なところに飛び火している。

     問題となっているのは29日に放送されたフジテレビ系の情報番組「ワイドナショー」。前沢氏と剛力のインスタグラムに批判的なコメントが多く寄せられた騒動が取り上げられた。

     2人はW杯ロシア大会の決勝戦を生観戦したことをインスタで報告したことが話題となった。事態が大きく騒がれ始めると、剛力は過去の投稿をすべて削除。後日、再スタートさせたインスタで心機一転の意味を込めてか、笑顔の写真を投稿した。ところが、その直後に前沢氏が自身のツイッターで剛力の投稿を引用し「撮影by前澤友作。この笑顔が大好き」と写真を撮影したのは自分だと明かしたため、再び炎上してしまったのだ。

     これに小島は憤まんやるかたない。番組で「削除して1枚目の写真に僕が撮りましたと発したんですよ。ドン引きしましたね」と前沢氏をバッサリと斬り捨て「終わりにしろと。彼女が終結しようとしているのに、なんで(年齢が)20個上のオジサンがガンガンくるのかな。い~ら~な~い~!」と顔をひきつらせて言い放った。辛辣コメントは続き「『オレが撮りました、ドヤ!』はいらない」「私は前沢さんにはときめかない!」とまで断言してみせた。

     つまり、剛力が騒ぎを“鎮火”させようとしているのに対し、前沢氏のようないい大人がなぜ油を注ぐようなマネをしているのかと小島は言いたかったのだろう。

     だが、ネット上は大荒れだ。「小島よく言った」と理解を示す声もあるが、過剰反応したと受け取られたのか「金持ち彼氏をゲットした剛力に嫉妬してるだけだろ」「20個上とか関係ある?」と全体的に冷ややかな書き込みが目立ち、炎上してしまった。

     ワイドショー関係者がこう語る。

    「小島さんの指摘はもっともなんですが、ちょっと言い方が過激になってしまったところがある。何も不倫をしているわけでもないのに、そこまで辛辣だと、逆にいろいろ勘繰られてしまいますよね。特に剛力さんと小島さんは同年代なので誤解されやすい。もっと淡々とコメントすればよかったのでは」

     また「今回は自身の立ち位置も原因があるのでは?」と分析するのは芸能プロ関係者だ。

    「小島さんといえば、池上彰氏の選挙特番で局アナが舌を巻くほどのリポート力を披露しましたよね。ネット上では『こじるり無双』と呼ばれるほど絶賛されましたが、今回はその自信が裏目に出てしまったのではないでしょうか。自分の“コメント力”に視聴者は賛同し、ついてくると思ったのかもしれない」

     剛力と前沢氏の熱愛については、有名人がどんどん“参戦”し、その都度ネット上で騒動になっている。それだけ注目度の高いセレブカップルの交際ということなのかもしれない。

    7/31(火) 11:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000008-tospoweb-ent


    【こじるりこと『小島瑠璃子(24)』 『剛力彩芽(25)』の恋人批判で大炎上の背景?! 】の続きを読む


    伊藤春香 (編集者) (はあちゅうからのリダイレクト)
    伊藤 春香(いとう はるか、1986年1月22日 - )は、ブロガー・作家。別名:はあちゅう。神奈川県川崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。在学中に香港大学へ留学。内縁の夫はAV男優のしみけん。 川崎市立今井中学校出身、慶應義塾湘南藤沢高等部卒業、慶應義塾大学法学部政治学科に進学。
    12キロバイト (1,428 語) - 2018年7月25日 (水) 11:36



    (出典 ishikisoku.com)



    1 ひかり ★ :2018/07/25(水) 19:18:18.62 ID:CAP_USER9.net

     AV男優のしみけん(38)との事実婚を公表した人気ブロガーで作家のはあちゅうさん(32)が25日、自身のブログを更新。
    今後、匿名アカウントでの名誉毀損を受けた場合にプライバシーの侵害で訴える意思があると表明した。

     はあちゅうさんはブログで、結婚発表後にインターネット上で夫・しみけんについて真実とは異なる記事が配信されたことを問題視。
    発端は「匿名アカウントによる事実無根のデマツイート」と説明した。

     前日24日には、しみけんが自身のツイッターで「名誉毀損、プライバシーの侵害で訴える事にしました」と報告。「匿名性があると
    思われがちなSNSですが、発信する内容に責任を持たなければなりません。僕達のこの訴えでSNSの発言でも責任が認められるという事を
    伝えていきたいです。SNSの時代だからこそです」と社会トラブルにもなっているSNS上の問題点を指摘した。

     はあちゅうさんは、しみけんのツイートをブログに掲載し「無根拠の一方的な言い分が記事になり、おもしろおかしく話を足され、
    当事者から何も言い返せない状況、数人がアカウントを変えて嫌がらせ目的でついたウソがまるで事実のように広まっていく状況を変えたいと思い、
    以下のような動きを彼としています」と伝え、「この動きが、少しでも、今のネットの状況を変えてくれることを願っています」と
    思いをつづった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000116-spnannex-ent


    【『はあちゅう』さん ブログで「匿名アカウントを名誉毀損で訴えます」デマツイート問題視?!】の続きを読む

    このページのトップヘ