ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ: 炎上



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/07/17(火) 11:01:45.24 ID:CAP_USER9.net

    https://www.asagei.com/excerpt/108379
    2018年7月17日 9時58分

     お笑いタレントの“たむけん”ことたむらけんじが7月12日、自身のツイッターを更新し、一般ユーザーとのバトルを繰り広げている。

     一芸人としてだけでなく、「炭火焼肉たむら」のオーナーをも兼業し、経営者としての一面も持つたむらだが、同SNS上で一般ユーザーから〈たむけんの本業は何や? 焼肉屋が本業ならそれで良い。しかしテレビやラジオの番組を(告知に)利用するな!〉との指摘を受けると、〈自分の人生たくさんいろんなことに挑戦するのはダメなのでしょうか?〉と不快感を露わに。

     続けて、〈僕が副業やる事でこの方に何かご迷惑がかかってるのなら謝りますよ。嫌なら僕に関わらなければいい! ただそれだけ! この類の方はなぜ嫌いな人にわざわざ絡んでくるのだろう? ほんまに不思議。この方になんにも実害無し!!〉と綴り、迷惑をかけない限りは文句を言われる筋合いはないと主張。

     また、他のユーザーから寄せられた〈宣伝広告費払って宣伝してる会社からするとギャラ貰って自分の店宣伝するやつらって腹立ってくるよね〉とのツイートにも、たむらは〈僕は一度も自分から店を紹介してくれと言ったことはありません〉と反論した。

     「確かに、浮き沈みの激しい芸能界において副業で芸人以外の収入源を確保することは当然のリスクヘッジであり、それを誰かにとがめられるいわれはないでしょうが、恐らく世間は、“仮想通貨で億を稼いだ”とされ、そのうえ焼肉屋の経営も順調な様子のたむけんがどこかおもしろくないといった感情なのかもしれません。現に彼は2年後に仮想通貨で100億円を得る構想を立てており、それが実現すればすぐにでも芸能界を去ると豪語しています。お笑い芸人としての彼を好きになったファンからすれば、カネの匂いがつきまとう最近の発言にガッカリさせられたとしてもおかしくはないですね」(テレビ誌ライター)


    【「嫌いなら絡んで来るな」億を稼ぐ芸人『たむけん』がファンとガチギレバトル】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/07/14(土) 13:32:28.37 ID:CAP_USER9.net

    元HKT48の岡田栞奈(かんな)さん(21)が、宝塚歌劇団の団員と食事に出かけたことをツイッターで報告したところ、一部の宝塚ファンから「ルール違反だ」との批判が寄せられ、謝罪に追い込まれる騒動があった。

    宝塚ファンの間では、現役団員のプライベートな情報は公にしないことが暗黙の決まりとなっているという。こうした指摘を受けた岡田さんは、掲載許可を得た上での投稿だと説明したが、それでも「到底信じられない」との批判が収まらなかったのだ。

    「プライベート情報は門外不出なので...」
    岡田さんは2012年にHKT48の2期生としてデビュー。13年9月発売のシングル「メロンジュース」で選抜メンバー入りした。「おかぱん」の愛称でファンに親しまれたが、16年3月に学業に専念するとしてグループを卒業した。

    卒業後もSNSでの情報発信を続けており、元HKTメンバーらとの交流を伝えることもしばしば。そのため、現在でも彼女の投稿にはグループのファンからリプライ(返信)が寄せられる。

    そんな岡田さんは18年7月12日深夜、「今日は銀座で宝塚の方々さまとご飯してました」と報告。さらに、星組男役スターの七海ひろきさんも同席していたとして、

    「七海ひろきさんかっこよすぎて せっかく隣座ってくれたのに距離感あけすぎて帰ってから後悔 また次お会いした時リベンジ!舞台も観に行きます」
    と続けた。投稿には、グラスを掲げる岡田さんの自撮り写真が添えられていたが、劇団員の写真は掲載していなかった。

    こうした食事報告ツイートが、宝塚ファンの間で物議を醸すことになった。岡田さんの投稿に対して、

    「現役のタカラジェンヌの方のプライベートな事はSNS等での発信NGが基本です」
    「OGの方も現役生に関しては漏らしません」
    「プライベート情報は門外不出なので、削除お願い致します」
    など、ルール違反を指摘するリプライ(返信)が寄せられたのだ。

    「配慮不足だったと反省しています」
    こうした指摘に対し、岡田さんは「写真はNGですが文面での記載の許可をちゃんと頂いて書いています」。だが、一部の宝塚ファンがこうした説明にも納得せず、

    「到底信じられないのですが?お金を支払ってお食事会に行くファンの気持ちを考えませんか?」
    「岡田さんの宝塚ツイートはほんとに見たくなかった」
    「まだ現役の宝塚の男役さんとの交流を公にされてしまうとファンの気持ちとしてはキツイものがあります」
    といった批判や、投稿の削除を求め始めたのだ。

    結果として、岡田さんは13日夜に更新したツイッターで、

    「私のSNSをみて傷ついてしまった方がいること、宝塚さんのファンの皆さまからのコメントを沢山頂き、宝塚さんのファンの方々への私の気持ちの配慮不足だったと反省しています」
    と謝罪。「先日の記事は削除させて頂きます」として、問題視された投稿を削除したことを伝えている。

    こうした騒動をめぐってツイッターやネット掲示板では、「本人がOK出してるんなら外野がとやかく言う事じゃなくね?」「ローカルルールを破ってるのは許可だした宝塚の人間だろ」などと岡田さんに同情するユーザーが続出。

    そのほか、宝塚ファン側からも、

    「心無い言葉が多数届いていたらと思うと心苦しいです。申し訳ありません」
    「そもそも今回は許可をだしたタカラジェンヌ側が謎なので岡田さんは何も悪くありません」
    といったリプライが寄せられていた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15011685/


    【元HKT『岡田栞奈』 タカラジェンヌとの食事報告は「ルール違反」批判殺到で謝罪!】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/07/11(水) 16:19:10.62 ID:X5KBFwBY0●.net BE:887141976-PLT(16001)


    六本木のキャバクラ店に勤めるキャバ嬢が自身の愛犬であるプードルを虐待する動画がInstagramに投稿され批判を浴びている。

    既に投稿者はInstagramから動画を削除しているが、別の人物が虐待の事実を知ってもらうためにTwitterに転載する形で投稿し「動物は飼い主を選べないから本当に可哀想」とツイート。

    動画はケージの中を映す映像から始まっており、動画の下には説明が書かれている。ケージの中のトイレの糞を犬が踏んでしまい、マットにおしっこしたことに飼い主が激怒。

    飼い主はカメラを移動させ、シンクに隠れている犬に向けて物を投げつけるという酷い映像。

    既に折れている足の怪我は事故のものか飼い主の虐待か不明だが、この飼い主に対してSNSでは批判が相次ぎ動物保護団体へ通報するという投稿も見られた。

    ◼犬を保護
    そんな虐待を受けていたプードルだが、キャバクラ店側が買い取るという条件で保護した。
    経営者の男性が犬を抱いている写真が公開されており、今後はこの男性が犬を飼うことになりそうだ。
    これまた甘やかしそうな男性飼い主である。

    また、虐待していた女性の処分などは現時点では不明。

    ※動画閲覧は自己責任で
    http://gogotsu.com/archives/41395

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    関連記事
    六本木のキャバ嬢が愛犬プードルの足をへし折るなどの虐待で大炎上 犬は怯えシンクに逃げ込む
    http://gogotsu.com/archives/41387


    【【※閲覧注意※】 キャバ嬢が愛犬プードルを虐待しその動画をSNSに公開 → 店側が買い取ることで犬を保護】の続きを読む



    (出典 kyary.asobisystem.com)



    1 きのこ記者φ ★ :2018/07/10(火) 18:07:38.45 ID:CAP_USER9.net

    歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(25)をめぐり、まさかの論争だ。

    きっかけは、ロックバンドX JAPANの代表曲「紅」をアカペラで熱唱する動画を公開したこと。
    その歌声をめぐって、ネット上に手厳しい反応が続出しているのだ。

    きゃりーさんは2018年7月4日のツイッターに、顔をCGキャラに加工するスマホアプリを使いながら、
    「紅」を「熱唱」する動画をアップ。声を大きく震わせながら、サビ部分のフレーズをアカペラで力強く歌い上げた。

    この動画はファンの間でたちまち大きな反響を呼んだ。投稿のリプライ欄には当初、「かわいい」
    「声でてるね、アカペラいいね」「感情がこもってる」などの好意的な相次いでいた。

    さらには、X JAPANのリーダー・YOSHIKIさんも動画に反応。8日に更新したツイッターで、
    きゃりーさんの投稿を引用しながら「Wow!cute」と好意的な一言を送ったのだ。

    YOSHIKIさんからの言葉に恐縮したのか、きゃりーさんは「ええええええええ なんかすいませんごめんなさいい」と
    恐縮しきりの様子で返信。これにYOSHIKIさんは、「とてもいい感じ。#紅 歌ってくれてありがとー!」と感謝していた。

    こうしたやり取りを受けて、きゃりーさんは続くツイートで、
    「テンション高めに紅歌ってたのYOSHIKIさんに見つかって焦った、、、!ひー!まさかのー!」
    と驚きを露わにしていた。

    だが、YOSHIKIさんとのやり取りが複数のスポーツ紙(ウェブ版)などに報じられると、ネット上にはきゃりーさんの歌う「紅」に
    否定的な意見が続出する事態となった。きゃりーさんの投稿のリプライ欄を見ても、ちょうど8日あたりから、

    「yoshikiとのやり取り見に来たらヘタすぎて逆にビビった」「完全にXをバカにしてるよ」 「下手くそワロタ」
    などの手厳しい投稿が出ている。

    どうやら、YOSHIKIさんのツイートや報道を受けて、彼女のファンではないユーザーの間でも動画に注目が集まったことで、
    こうしたネガティブな反応が目立ち始めたようだ。
    実際、10日昼時点でツイッターの検索欄に「きゃりー」と入力すると、予想関連ワードのトップには、「下手」という言葉が表示される状況になっている。
    一方、これにきゃりーさんファンが反論するなど、リプライ欄は荒れ気味だ。

    なお、「紅」をめぐっては、女優の高畑充希さん(26)がアカペラを披露するNTTドコモのCMも話題になっている。
    ミュージカル出演経験もある高畑さんだけに、その歌声には「最高」「上手すぎる」などと絶賛されている。

    今回、きゃりーさんが歌ったのは、高畑さんのCMと全く同じフレーズ。使っているアプリからも、このCMを意識しての投稿とみられる。

    それだけにネット上には、
    「高畑充希のほうが上手い。断然上手い!!」 「高畑充希に声量負けてるぞ~(笑)」 「高畑充希の方がうまいと思う」
    と2人を比較するような意見も出ている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14990667/
    「紅」を熱唱してみた、きゃりーぱみゅぱみゅ
    https://twitter.com/pamyurin/status/1014170038222241793


    【『きゃりーぱみゅぱみゅ』が熱唱する「紅」に、下手くそなどと批判が続出】の続きを読む



    1 muffin ★ :2018/07/09(月) 10:08:53.07 ID:CAP_USER9.net

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07090602/?all=1
    2018年7月9日

    (略)
     そして福岡公演でも“炎上”が起きた。もっとも今回は、熱狂的なラブライバーが狼藉を働いたという話ではない。非難の矛先は運営側。ファンは“被害者”という珍しい事態なのだ。関係者が言う。

    「ネット上で批判の声が高まっている理由は、西日本豪雨で記録的な被害が発生している真っ最中に、おまけに死者も発生した福岡でライブを開催したためです。交通手段が遮断したままの地域も少なくなく、7日、8日のライブについて運営は『記録的豪雨により被災された方、交通網が遮断されたことによりご来場できなかったお客様に限り、チケット代の払い戻しをさせていただきます』と告知しました。しかし西日本各地で予定されていた他のイベントやライブは安全を最優先に大半が中止になりました。ネット上では『運営側は危機意識が欠如している』、『大切なファンの安全を軽視しているのではないか』という指摘が相次ぎました」

     まずは比較のため、他のライブやイベントの状況を整理してみた。

    (出典 www.dailyshincho.jp)


     そもそも7月5日は、福岡・大分の両県で40人が犠牲となり、2人が行方不明になった九州豪雨から1年という重要な節目だった。福岡県朝倉市では、その5日に大雨警報に基づく避難勧告が発令。途中で中止に追い込まれた追悼行事もあったという。

     ライブ前日の6日は九州各地で大雨が猛威を振るう。北九州市では土砂崩れが発生。山陽新幹線を筆頭に、JR九州の管内では運休が続出し、高速の九州自動車道も通行止めとなった。一部の高速バスは運行を見合わせるなど、広い範囲で交通手段が遮断される。

     ライブ初日の7日は、九州各地で甚大な被害が確認された。午前には福岡県筑紫野市で60代の女性が心肺停止の状態で発見され、大野城市では80代女性の死亡が確認された。九州道の通行止めは続き、山陽新幹線は新大阪――小倉間で始発から運転を見合わせた。JR九州の特急も動かず、交通の寸断は続いた。

     「福岡市内に限れば、7日の土曜は終日、雨は降りませんでした。午前中の段階で最大級の警戒を呼び掛ける『大雨特別警報』も解除されました。運営側は17時のライブは予定通り開催できると判断したのでしょう。しかし、福岡市内の美術館や博物館は臨時休館でした。同じように雨の降っていなかった広島市でも、ゆずは安全を最優先にライブの中止を決めています。

     ネット上の非難は全て正論ばかりですが、最も皮肉がきいていたのは『ラブライブ運営「ATMに文句言う資格はない」』というTwitterの呟きだったと思います。確かに『黙ってライブに来て金を落とせ』という姿勢だと揶揄されても仕方ありません。中止にすれば熱狂的なファンの反発もあったでしょう。とはいえ、やはり大切なファンなのですから、安全を最優先に中止の判断を下すべきだったのではないでしょうか」(同)

     実際のところ、福岡市内に住むファンなら余裕で会場に到着し、ライブを心から堪能しただろう。だが、無理をして駆け付けた人もいたに違いないのだ。

     にもかかわらず、公式サイトは「物販完売」の報告が延々と続く。被災したかもしれないファンを思い遣る気配が皆無なのは、やはり違和感が残る。


    【西日本豪雨の真っ最中に『ラブライブ!』がライブを強行 運営側は“炎上”】の続きを読む

    このページのトップヘ