ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > 女優


    浜辺 美波(はまべ みなみ、2000年8月29日 - )は、日本の女優、元子役。 石川県出身。東宝芸能所属。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー。
    54キロバイト (6,591 語) - 2018年10月11日 (木) 22:41



    1 かばほ~るφ ★ :2018/10/18(木) 13:19:03.85 ID:CAP_USER9.net

    浜辺美波、ツイッターで「エゴサーチしている」
    [2018/10/17 16:13]

    歌手で俳優の星野源(37)、俳優の新田真剣佑(21)、女優の浜辺美波(18)が17日、
    都内で行われたNTTドコモ「2018-2019冬春 新商品発表会」に登場した。

    世界最薄&最軽量の「カードケータイ KY-01L」を含む計11機種を発売。
    最薄&最軽量にちなみ、“自身の最も○○なこと”について質問が。
    新田は「僕は最も現場で写真を撮る人間だなと思う。
    作品ごとのメモリーだったり、ファンクラブのための写真をよく撮る」と明かした。

    一方、星野は「自分は最もクレープを愛している。原宿で並んで買っている。
    チョコバナナが好き」と照れ笑いを浮かべると、新田は「僕も大好きなんですよ!」と前のめり。
    星野は「本当?今後一緒に並ぼう!」と意気投合していた。

    浜辺は「私は最もインドアを愛している。一人でおうちで時間をつぶすのが大好きで、
    録画したドラマやバラエティーを見ている」と告白。
    スマホではツイッターを利用してエゴサーチしているといい、
    「エゴサーチは依存性があるというか、やりだすと止まらない」とハマっていた。

    テレ朝news
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20181017_110.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【『浜辺美波(18)』 ツイッターで「エゴサーチしている」? 「エゴサーチは依存性があるというか、やりだすと止まらない」←】の続きを読む


    麻生 (あそう のぞみ、1988年12月20日-)は、日本のAV女優である。 東京都出身、ChaCha Promotionに所属していた。 身長170cmの10頭身でバービー人形のようなスタイルのお嬢様系女優である。母親はフィリピン人。 初体験は19歳の時、彼氏と。アダルトビデオに出演することを決
    20キロバイト (1,543 語) - 2018年10月18日 (木) 12:57



    (出典 p0.ifengimg.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/18(木) 20:32:23.08 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われたタレント・麻生希被告(33=本名・島崎彩)の第2回公判が17日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)であり、アウトロー的な作品が多いことで知られるVシネマ(ビデオ映画)も顔負けの事実が明らかになった。暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射され、保釈中にも覚醒剤をすすめられたなどと次々と衝撃の告白。「二度とやらない」と誓う麻生被告には、覚醒剤関与が“銃殺刑”となるフィリピン行きも母親から提案された。

     麻生被告は元交際相手の高畑愛平受刑者(27)と都内自宅で覚醒剤を約57グラムも所持し、使用したとされる。2月に逮捕されていた。「10頭身の美貌」を売りに活動していただけあり、タイトなパンツの黒スーツに白シャツ姿はさまになる。

    「ガラスパイプに覚醒剤を入れて火であぶって使った」と使用を認めたが、所持については「50グラム以上もあると知らなかった。6~10グラムと思っていた」と主張する。

     昨年10月21日から同棲を始めた部屋の覚醒剤は主に高畑被告が入手し、麻生被告は「パイプに入れて」とお願いして使っていた。売人との受け渡し現場には麻生被告が出向くこともあった。

     供述調書からは、0・05~0・1グラムの量を1日に2~3回も使用していた薬物依存が明らかに。最大で0・1グラムを4回使ったこともあった。

     覚醒剤に手を染めた理由は驚くべきものだった。同棲を始める数日前の昨年10月中旬のこと。「暴力団員に裸を盗撮されて、覚醒剤を使ってることも裸も週刊誌にバラまくと脅された」と告白したのだ。

     SNSを通じて面識のない人物から依頼された名古屋でのイベントの仕事を終えて「イベントの仲間と一緒にホテルラウンジで打ち上げをしました。みんなで飲んで、私はけっこう酔ってて裸でジャグジーに入った。そのとき暴力団員に盗撮された」と明かした。その後「暴力団員の人に『裏カジノの客の相手をしろ』と言われて、脅されて注射を打たれたりした」ことで覚醒剤を覚えてしまったというのだ。

     暴力団員は裸動画や覚醒剤使用の情報をリークしない代わり、麻生被告自身の購入か、購入者の紹介を求めた。「高畑さんに相談したら『それを買って良い付き合いができるなら、とりあえず買ってなだめたほうがいい』と言って買うことになりました。条件交渉は高畑さんと暴力団員。ブツの受け渡しは『知らない人間じゃなく、島崎さんに来てほしい』というので私が」と話す。

     だが、高畑被告の裁判で明らかになった事実とはニュアンスが異なる。自宅にあった覚醒剤の質に満足できない麻生被告から「これよりいいの知ってるよ」と紹介されたのが「名古屋の先生」という密売人だった。

     薬物依存者の再犯率の高さは知られているが、麻生被告は「やめる」と言い切った。「私は勾留中に妊娠が発覚して、勾留中に死産して、とても大変なことをしてしまった。申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいになった。二度としないと誓います」と涙声で誓った。

     検察官は2016年のコカイン所持での裁判(執行猶予判決)を振り返って「コカインの裁判でも『二度としない』と言っている」と追及する。

     それに対する返答は驚くべきものだった。保釈中の9月下旬から今月上旬、すでに覚醒剤の誘惑に遭遇していたのだ。「知人の飲食店で覚醒剤をすすめる男性がいたけど、地元の太田警察に通報しました。通報したことからも、断ち切ると心の底から誓ってます」と述べ、「群馬県警太田署の刑事2課。担当は○○さんです」と相談した刑事の名前まで持ち出した。

     情状証人で保釈中に同居している母親の弁も強烈だった。「どこにも行かないように見張っている」という母親は日本の永住権を持つフィリピン人だ。実刑の可能性も理解していて「出所後は日本でも、私の国でも一緒に住みます。彩ちゃんは娘だから守りたいですよ。私の国、彩ちゃんも勝手に出かけられない。向こうは覚醒剤が厳しい。なかなか手に入らない」と訴えた。

     フィリピンではドゥテルテ政権下で麻薬撲滅作戦が強行され、売人や使用者が数千人も銃殺されている。母親の提案は実効性があるかもしれない。次回公判で結審の予定だ。

    2018年10月18日 16時30分
    東スポWeb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1160011/


    【”覚醒剤逮捕”の『麻生希』被告 裁判で衝撃告白?! 「組員に脅され注射された」】の続きを読む


    新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年6月11日 - )は、日本の女優、歌手、ファッションモデル。主な愛称はガッキー。沖縄県出身。レプロエンタテインメント所属。 2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もうできないから」と推されてモデル(ニ
    52キロバイト (5,665 語) - 2018年10月16日 (火) 11:34



    (出典 www.crank-in.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/16(火) 07:21:02.65 ID:CAP_USER9.net

     大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家・野木亜紀子と新垣結衣のタッグ再び。鳴り物入りで始まった日テレ系のドラマ「獣になれない私たち」である。

    「逃げ恥」に続き、ガッキーは今作でも「仕事ができる頑張り屋の女子」だ。でも彼女の役柄が、他の女優がやる「デキる女」と唯一違う点は「デキる女なのに控えめ」というところではないか。米倉涼子の「ドクターX」しかり、仕事のできる女の役はたいがい気が強い。しかしガッキーの役柄は逆に、優秀がゆえに忖度しすぎていたり、自信がなかったり、その気づかいも空回りしてため息をついていたりする。その、能ある鷹は爪を隠そうと頑張っているようないじらしさがたまらない。というファンも多いだろう。さらに「人のために無理してでも頑張る、だけど報われない」という主人公の境遇には、自分を重ねて見る人も多いのではないか。ヒットの予感は十分だ。

     ガッキー演じる深海晶は、社長や同僚、煮え切らない彼氏やその母親に振り回されながらも、作り笑顔を絶やさない。本音を言えず、溜まっていくストレスを発散するはずの行きつけのビアバーでさえ。そんな仮面をかぶった姿に対し追い打ちをかけるように、気持ち悪い、と切り捨てる松田龍平。ガッキーの十八番、「デキる女なのに報われない、健気なガッキー」だらけであった。もう1話目からガッキー無双に死角なしである。

     でも彼女の人気を支えているのは役柄や時代性だけではないと思う。正確に言うと、おそらく役柄と彼女本人の人物像を重ねて見る人間が多いからだろう。いい子なんだけど、いい子すぎて報われない女子、でもそこがいい。10代の頃の「ドラゴン桜」などではギャルの役もやっていたが、大人になってからの役柄は「いい子、優秀な子」の幅の中にあるように思える。スキャンダルもあまり出たことがないし、本人もSNSをやっていないため、彼女本人のリアルな様子がよくわからない。視聴者はガッキーの人となりを、ドラマからなんとなく推しはかるしかないのである。

     変な例えだが、沢尻エリカは清純な役をやりながらも、あの「別に」事件で総スカンを食らった。でももし、ガッキーがこの先何かの舞台挨拶で、ふてくされて「別に」と言ったとしても許されてしまいそうな空気さえある。むしろ「あのガッキーが言うって相当だぞ、人気だからって事務所が仕事詰め込みすぎんだよ」と事務所にクレームが行きそうなくらいに思えるほどだ。

    ■綾瀬はるかの成功に見る、ガッキー無双のその先は

     人間は「ギャップ」が好きである。雨の中で子猫を拾う不良少年。喪服で淫らに乱れる人妻。ガッキーが「デキる女なのに控えめ」で受けたのも、「デキる女は生意気」という世のイメージがあってこそのギャップだろう。そして、このギャップ理論によるもう一人の成功例が綾瀬はるかではないだろうか。

    「清純派」と呼ばれ続ける綾瀬はるかの息が長いのは、30歳になる手前あたりから少し役柄に幅が出てきたことが大きい。たとえば最近では「精霊の守り人」や「奥様は、取り扱い注意」、そして今夏ドラマでも好評だった「義母と娘のブルース」。女優によっては年を重ね、裸を伴う濃厚なラブシーンを選んでステップアップを図るタイプもいる。でもあえてその道は選ばず、「清純でかわいい顔なのに、アクションもできる意外さ」「天然ぽいのにコメディもやれる器用さ」、というギャップを見せた戦略が、さらに綾瀬の人気を底上げしているのではないか。

     欲を言えば、ガッキーも同じように「いい子で完璧なんだけど報われない」役からの脱皮を見てみたい。もちろん、「リーガルハイ」などのコメディエンヌぶりは素晴らしいが、あともう少しだけ、「獣」感を見せてはくれまいか。余談だが、綾瀬や石原さとみ、長澤まさみらと比べると、主演級であだ名が定着している女優というのも珍しい。それだけお茶の間に愛されているという証でもあるが、ガッキーがガッキーと気安く呼ばれなくなった時に、新垣結衣の進化は始まるのかもしれない。

     1話のラストで、それまでのOL風ファッションから一転、ブーツにレザージャケットにサングラスというモードなファッションに武装し、「獣」の片鱗を見せたガッキー。この先ドラマで、彼女が本当に「獣になる」瞬間は来るのだろうか。それともやっぱり、「獣になれない」自分を受け入れていくのか。

     とにもかくにも、吠えようが牙をむこうが、現時点ではどうにも「獣になりきれない」かわいい姿に、ガッキー無双は長期化しそうだな、と予想している。

    (冨士海ネコ)

    10/16(火) 6:40配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00550131-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【『新垣結衣』 「獣になる」? 新ドラマに見る“ガッキー無双”のその先は?!】の続きを読む


    小西 真奈美(こにし まなみ、1978年10月27日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル、歌手。本名同じ[要出典]。愛称は、こにたん。藤木 一恵(ふじき かずえ)名義での歌手活動経験がある。 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。エリートジャパン(現・ネイムマネジメント)、スマイルカ
    27キロバイト (3,019 語) - 2018年10月16日 (火) 13:25



    (出典 farm2.static.flickr.com)



    1 プーアル ★ :2018/10/18(木) 15:21:57.22 ID:CAP_USER9.net

    ファッションモデル顔負けのスタイルで知られる女優の小西真奈美が突如として豊かな胸になったとして、男性ファンの熱い注目を集めている。

     きっかけは小西がインスタグラムで公開した1枚の写真。10月11日に公開されたショットで、新アルバムのジャケット写真の撮影時に写されたものだ。小西は黒のチューブトップのドレスを身に着け、首筋から肩、胸元と肌を大胆にさらしている。

    「これだけでかなりの艶っぽさ。生ツバものなんですが、さらに胸がこんもりと盛り上がっているからたまりません。彼女はこれまで大きく見てもBカップで実際はAだろうと言われてきました。でもこの写真ではCカップはあるように見えます。場合によってあと少しでDというところまで成長しているかもしれません」(週刊誌記者)

     実は小西、今年の7月ぐらいから胸が大きくなっているのではないかと、ささやかれていた。この時は疑惑にとどまっていたが、どうやら本格的に豊かになっているようだ。

    「気になるのは巨大化の理由ですが、本格的に歌手デビューするからかもしれません。彼女はこれまでにシングルやネット配信限定でミニアルバムを出していますが、10月24日にアルバムをリリースし、メジャーデビューします。このアルバムのために、ボイストレーニングにも余念がなかったことでしょう。よく呼吸を鍛えると胸が大きくなると言われますから、小西もそうだと思われます」(前出・週刊誌記者)


    (出典 img.asagei.com)

    https://www.asagei.com/excerpt/114199


    【「39歳」 『小西真奈美』の胸がまさかの“急成長”?!】の続きを読む


    広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名、廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCandle JUNE。妹が一人いる。元衆議院議員の三村和也は母方の従兄。 高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒ
    45キロバイト (5,765 語) - 2018年8月7日 (火) 02:26



    (出典 www.flamme.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/17(水) 17:09:10.32 ID:CAP_USER9.net

     手作りの工作、パンやおだんご、教室にパネルを持ち込んで作ったお化け屋敷……。

     10月初旬の週末、文化祭の日を迎えた都内の有名私立小学校は、生徒たちに加えて多くの保護者たちでごった返していた。

    「あの小学校は子どもたちの個性を伸ばすための独特な取り組みで知られています。文化祭は子どもたちだけでなく、保護者や地元の人も協力して、
    ブースを作ったり出店したりするので、地元の名物イベントにもなっているんです」(近隣住民)

     その校風から、多くの芸能人たちも子どもを通わせていることで知られる同校。この日の文化祭にも、豊田エリーや堤真一の姿が。

    大きなゼッケンをつけた広末涼子

    「豊田さんは参加したママさんたちに“こんにちは~!”ってフレンドリーに挨拶していました。堤さんは娘さんとおしゃべりしていましたが、
    暑さと人の多さに少し疲れぎみでしたね(笑)」(参加した保護者)

     そんな中、ひときわ目立っていたのが7歳になる次男を通わせている広末涼子だった。

    「広末さんは、ほかの芸能人の方やママさんたちと違って大きなゼッケンをつけていました。あの小学校には公立中学校でいうPTAみたいな係があって、
    各クラスから5人の保護者が選ばれるんです。

     広末さんはその1人で、この日は役員として文化祭に参加していたようです。自分の子どもだけでなく、全体に気を配らなければならないんですが、
    常に笑顔で子どもたちの様子を見守っていましたよ」(同・参加した保護者)

     10月12日にスタートしたドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)では、小学生の息子を女手ひとつで育てながら、動物看護師として働く
    シングルマザーを演じている彼女。連ドラ撮影もこなしつつ、学校では役員として、文化祭の運営にも携わっていたということになる。

    「広末さんはいつも家族ファースト。できるだけ一緒にいる時間を作って、家では役を引きずらないように台本もいっさい開かないそうです」(芸能プロ関係者)

     年に数回ある学校行事にも積極的に参加しているようだが、その理由を過去の雑誌のインタビューでこう語っていた。

    《こういう交流を父母として続けていくうちにお母さん、子どもたちの個性、環境も見えてきて、自分の子どもだけを育てているのではなく、
    みんなで成長している感覚に》

     そんな彼女の傍らには、心強い味方の姿も。

    「文化祭には旦那さんのキャンドル・ジュンさんもいらしてました。夫婦でひとつひとつのブースを回っては、子どもたちの作品を“これ、すごいね!”って
    ほめてあげていましたね。彼女が育児と仕事を両立できるのは、ジュンさんの存在も大きいと思いますよ」(別の参加した保護者)

     こんなお母さんになれたらなぁ~。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00013556-jprime-ent

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【画像あり】『広末涼子』が息子の運動会で「ほかの芸能人父母とは違う」“PTA役員”姿を披露?!】の続きを読む

    このページのトップヘ