ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > 女優


    加護 (かご あい、1988年(昭和63年)2月7日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。旧姓、同じ。結婚後の本名は非公開。ハロー!プロジェクトの元メンバーでモーニング娘。の元メンバー(4期)、女性デュオW(ダブルユー)の元サブリーダー。ハロプロ時代の事務所はアップフロントエージェンシー(現
    37キロバイト (4,424 語) - 2018年8月21日 (火) 08:20



    (出典 img.dmenumedia.jp)



    1 真実は一つ ★ :2018/08/25(土) 22:51:16.61 ID:CAP_USER9.net

    元モーニング娘。加護亜依(30)が25日、東京・中野サンプラザで行われたハロー! プロジェクト(ハロプロ)の夏ツアーに出演した。加護がハロプロのコンサートに出演するのは、06年1月以来、12年ぶり。

    加護は昼夜2公演とも出演し、昼公演では「恋ING」をソロで披露したほか、鈴木愛理と「乙女パスタに感動」を歌った。夜公演の終演後にはツイッターで「後輩だけどすごく尊敬してる 愛理と最初のステージを立てた事はほんとに良かった!」と、後輩への敬意を動画付きで投稿。さらに「皆さんありがとうございました! 明日もよろしくお願いします」と、ファンへの感謝をつづった。

    ハロプロは結成20周年を記念したツアーを7月から行っており、多くの卒業生もゲスト出演している。そんな中、加護にも出演依頼が来ており、6月にツイッターで「ハロープロジェクト20周年!! ゲスト出演のオファーを頂き、ライブに出演させて頂くことになりました! 内容はまだ未定ですが、何曲か歌わせて頂くことになりそうです。ハロプロのステージに立つのが、今からとても楽しみです」(原文まま)と明かしていた。

    加護は04年にモー娘を卒業したが、未成年だった07年に喫煙問題で所属事務所を契約解除になっていた。06年1月以来、コンサートには出演していなかった。16年に会社経営者と再婚し、2児の母となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00310359-nksports-ent


    【『加護亜依』 12年ぶりハロプロ公演出演! ファンに感謝!】の続きを読む


    観月 あり(みづき ありさ、1976年12月5日 - )は、日本の女優、歌手、モデル。本名、青山 ありさ(旧姓:観月)。 東京都練馬区出身。ライジングプロダクション所属。明治大学付属中野高等学校中退。 4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動。
    47キロバイト (5,696 語) - 2018年8月24日 (金) 03:41



    (出典 img.jisin.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/24(金) 10:53:33.59 ID:CAP_USER9.net

    7月15日スタートのドラマ「捜査会議はリビングで!」(NHK・BS)に主演し、27年連続“連ドラ主演”を記録した観月ありさ(41)。2015年3月には、5歳年上の年商150億円の会社経営者のA氏と結婚し、セレブ妻の地位をも手に入れている。

    「A氏は若い頃から“フェラーリ王子”ともいわれ、高級外車を何台も所有していることをメディアなどに取り上げられました。会社は建築現場で用いる足場を販売・レンタルする優良企業。彼の父親が事業を起こして成功させ、小さい頃からお坊ちゃまとして育ったそうです。最近、マスコミを騒がせているIT系の経営者とは、ちょっと雰囲気が違いますね」(ワイドショー関係者)

     A氏は過去に上原さくらとのドロ沼離婚劇で、ワイドショーを騒がせたこともある。そんな彼が、観月との結婚に際して購入したのが、都内一等地にある豪邸だ。

    「A氏は観月との交際中に約600平方メートル(181坪)の土地を約10億円で購入。そこに340平方メートルほどの3階建ての豪邸を建築する予定なのです。建築費だけで3億円とも5億円ともいわれています」(スポーツ紙記者)

     購入した土地には古い家が建っていたため、いったん更地に。それから建築を始めたのだが……。

    「昨年の初めころからずっと工事をしていますが、なかなか完成しません。いまだにどんな家が建つか想像もつきません。いったん、更地にした後、建築業者が入るまでも少し時間が空きました。もしかしたら、建築資材の高騰や人手不足が影響しているのかもしれませんね」(近所の住人)

     現地に行ってみると、コンクリートの土台は仕上がっているが、上物が造られている様子はない。建築計画によれば、完成予定は、17年12月22日になっているので、すでに出来上がっていてもおかしくないはず。一部で夫婦の“不仲説”が報じられたが、まさか大豪邸の建設は宙に浮いてしまったのか――。

    「解体して更地にしたあと、オリンピック特需などがあり、土地の価格が購入時より3割以上も値上がりしたそうなのです。売却も考えたそうですが、やはり夫婦の新居として豪邸を建てることを決断したそうです。ただ、ここまで完成時期が大きくずれ込んだのは謎ですね。
    A氏には建築資金がふんだんにあるはず。設計にこだわって手直しを繰り返しているのかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

     A氏の会社に新居の工期の遅れの理由について質問すると「お答えしかねます」と回答があった。

     マンションが建ってもおかしくないほどの広い土地に建つ一軒家。完成すれば、観月が大好きなパーティーが夜な夜な開かれるのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000001-nkgendai-ent


    【夫との不仲説が原因? 『観月ありさ』 “15億円御殿”が建たない?】の続きを読む


    剛力 (ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳の時
    54キロバイト (6,525 語) - 2018年7月31日 (火) 05:36



    (出典 karada.life)



    1 湛然 ★ :2018/08/22(水) 06:13:58.53 ID:CAP_USER9.net

    2018/08/22 05:00
    剛力彩芽が『sweet』に登場 カバーガールは前澤友作社長のモトカノ紗栄子
    前澤氏をめぐる美女2人の写真が斜めに並んだ状態で表示されているインスタグラム

    女性向けファッション雑誌『sweet』(宝島社)公式インスタグラムに、女優の剛力彩芽(25)が登場。

    奇しくも同誌では、剛力と交際中とされる前澤友作氏の(42)の元彼女・紗栄子がカバーガールをつとめており、反響を呼んでいる。

    ■愛の守護神を身に着けた剛力

    同誌のインスタグラムに、剛力の写真がアップされたのは21日。上品なアメシストのジュエリーを身に着けた写真には、

    「今月号のスタージュエリーの人気連載はもうチェックした? 毎月その月のバースデーガールが、素敵なジュエリーを身につけて登場しているよ! 

    8月は剛力彩芽ちゃん! 真実の愛を守り抜く、愛の守護石と呼ばれるアメシストを、モードなキューブ型にした上品なデザイン。愛の守護神アメシストが輝きに満ちた幸せへと導いてくれるはず!」

    というコメントが添えられており、27日に26歳を迎える彼女への誕生日祝の言葉も書き込まれている。

    ■前澤友作氏のモトカノ紗栄子も

    9日には、『sweet』9月号の表紙写真がアップされており、表紙を飾っているのはモデルの紗栄子(31)。紗栄子は過去に、剛力が現在交際中の、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(42)との熱愛が報じられたことも。

    現在『sweet』の公式インスタグラムでは、前澤氏をめぐる美女2人の写真が斜めに並んだ状態で表示されている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    8月は剛力彩芽ちゃん! [sweet_editors]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    表紙は紗栄子ちゃん [sweet_editors]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://sirabee.com/2018/08/22/20161758791/


    【【画像あり】 『剛力彩芽』が[sweet]に登場! カバーガールは『前澤友作社長』のモトカノ『紗栄子』!?】の続きを読む


    吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日 - )は、日本の女優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。吉田正(作曲家)の門
    59キロバイト (7,730 語) - 2018年8月1日 (水) 23:40



    (出典 trend-heaven.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/23(木) 21:12:23.77 ID:CAP_USER9.net

     「熟女」という言葉を聞いて、あなたはどのような女性を真っ先に思い浮かべるだろうか。旬が過ぎた女性というようなネガティブな印象を与えた時代もあったが、現在では「女ざかり」の代名詞として世の男性の支持を集めている。そんな熟女ブーム真っただ中において、本誌・週刊ポストは読者1000人にアンケート(最大3人まで回答可)を実施し、「美しい熟女」について調査した。世の中の男性が本当に求める美熟女とは一体誰なのか。

     1位は今も「サユリスト」と呼ばれる熱狂的ファンを持つ吉永小百合。コラムニストの亀和田武氏は、その理由をこう見る。

     「原節子は43歳で女優を引退し、美しいイメージのまま消えたことで伝説となったのに対し、吉永小百合は女優を続け、公の場に姿をさらしながら伝説の存在になっている」

     2位は黒木瞳。黒木といえば、映画『化身』のホステス、『失楽園』での人妻役の濡れ場が印象に残る。漫画家のやくみつる氏は若い頃から変わらぬ黒木瞳の色気について、番組で共演した際「ドレスから露出した背中がまぶしかった」と回想する。

     吉永小百合、黒木瞳はともに100票超えで、3位の石田ゆり子とは大きく開きがある。黒木は2012年に本誌で実施した著名文化人23人が選ぶ美熟女ランキングで1位(吉永小百合は4位)と、人気が根強い。

     「美しい熟女」として挙げられた熟女たちの多くが「昔と変わらない」という理由での選出が目立った。比較文学者の小谷野敦氏は「彼女たちが昔とあまり変わらない姿を見て、男性は自分の青春時代を思い出している」と分析する。17位の原田知世もその典型だろう。一方で高島礼子(11位)を「『かわいい』という印象から年を重ねて円熟味を発揮するようになった」(映画評論家・前田有一氏)と、年を重ねた今の姿に魅力を見出す意見もある。

     また、今回の調査で目立ったのは壇蜜、橋本マナミといった30代の“若手美熟女”だ。映画評論家の秋本鉄次氏が五月みどりを「慈愛と豊満な肉体で中高年の男を包み込む『永遠の年上の女』と」評したように彼女たちも「永遠の年上」感を読者に与えているのではないか。「熟女」はさまざまな魅力で成り立っている。ランキングの上位20人を紹介しよう。

     1位 吉永小百合(73)146票

     2位 黒木瞳(57)124票

     3位 石田ゆり子(48)66票

     4位 五月みどり(78)62票

     5位 鈴木京香(50)53票

     6位 松坂慶子(66)37票

     7位 壇蜜(37)32票

     8位 沢口靖子(53)31票

     9位 井川遥(42)30票

     10位 かたせ梨乃(61)28票

     11位 高島礼子(54)27票

     11位 北条麻妃(41)27票

     11位 由美かおる(67)27票

     14位 八千草薫(87)26票

     14位 高岡早紀(45)26票

     14位 風吹ジュン(66)26票

     17位 原田知世(50)25票

     17位 米倉涼子(43)25票

     19位 名取裕子(61)24票

     20位 高橋恵子(63)23票

     ※週刊ポスト2018年8月31日号
    https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/180823/ent1808238097-s1.html?ownedref=not%20set_all_newsTop


    【「好きな美熟女」調査! 3位石田ゆり子、2位黒木瞳、1位は?】の続きを読む


    菅井 きん(すがい きん、本名;佐藤 キミ子、旧芸名・旧姓名;須斎 キミ子、1926年2月28日 - 2018年8月10日)は、日本の女優である。血液型はB型。身長155cm、体重45kg。特技は三味線。生前は仕事所属。 東京府東京市牛込区(現:東京都新宿区)早稲田町出身。頌栄高等女学校卒業
    28キロバイト (3,304 語) - 2018年8月23日 (木) 14:26



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ばーど ★ :2018/08/23(木) 18:55:43.79 ID:CAP_USER9.net

     「必殺」シリーズや映画『どですかでん』『お葬式』など多くの名作に出演した女優の菅井きん(本名・佐藤キミ子)さんが10日、心不全のため亡くなっていたことがわかった。92歳。所属事務所が23日、発表した。

     事務所によると、通夜密葬を近親者にて済ませ、偲ぶ会などを催す予定はないとう。

      菅井さんは1926年東京生まれ。46年、東京芸術劇場研究所に入所し、翌37年『林檎園日記』で初舞台。劇団解散後は俳優座に移籍し、50年『風にそよぐ葦』で映画デビューする。

     73年ドラマ『必殺仕置人』で藤田まことさんが演じた中村主水をいびる姑・中村せん役や、『太陽にほえろ!』で松田優作さん演じる柴田純(ジーパン)刑事の母・柴田タキ役、『家なき子』での“ババア”こと田畑光江役など、多くの作品で名脇役として活躍した。

     映画『お葬式』では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。90年には紫綬褒章、96年に勲四等宝冠章を受章している。

    2018-08-23 12:06 オリコンニュース
    https://www.oricon.co.jp/news/2118068/full/

    -----------------------------------
    俳優 菅井きんさん死去 92歳

    数多くの映画やドラマなどに名脇役として出演し、しゅうとめ役などで人気を集めた俳優の菅井きんさんが今月10日、心不全のため東京都内で亡くなりました。92歳でした。

    菅井さんは、大正15年に東京で生まれ、俳優の道に進みました。

    映画やテレビドラマで庶民的な役柄の名脇役として活躍し、民放のテレビ時代劇「必殺」シリーズで主人公をいびるしゅうとめの役で出演したほか、NHKの大河ドラマ「いのち」では三田佳子さんが演じる主人公のしゅうとめ役を演じ、人気を集めました。

    事務所によりますと、菅井さんは今月10日、心不全のため、東京都内の介護施設で亡くなったということです。

    2018年8月23日 11時55分 NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180823/k10011587061000.html?utm_int=all_contents_just-in_001


    【【訃報】女優『菅井きん』さん死去! 92歳・・・ 必殺シリーズの「婿殿!」 「太陽にほえろ」のジーパン刑事の母 などで名脇役】の続きを読む

    このページのトップヘ