ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > 芸人


    鈴木 (すずき たく、1975年12月7日 - )は、日本のお笑いタレントであり、俳優。お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ(たまにボケ)担当。相方は塚地武雅。 神奈川県綾瀬市出身。プロダクション人力舎所属。神奈川県立綾瀬西高等学校卒業。身長167cm、体重60kg。
    23キロバイト (2,917 語) - 2018年9月24日 (月) 04:06



    (出典 v1.mato.media)


    みやぞんは戦闘力“94”、鈴木拓は“96”…芸能界「最強ケンカ王」が決定!

    [暇つぶしアンテナ]はこちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/05(月) 08:31:12.10 ID:CAP_USER9.net

    喧嘩は男の花。芸能界でも古くから、喧嘩最強の“武勇伝”を持つ芸能人が少なくない。

    「10月17日の公演を突如キャンセルした歌手の沢田研二(70)も、その“キレっぷり”が表すように昔からケンカの話が絶えない芸能人です」(芸能ライター)

    すでにご存じの方も多いと思うが、沢田が明かしたドタキャン理由は集客数が少ないことに対してブチ切れたこと。翌日、“僕にも意地がある”と釈明した姿は、記憶に新しいはずだ。

    そんなプライドが高くキレやすいタイプだけに、武勇伝も事欠かない。

    「かつて沢田が駅のホームでヤクザふうの男性2人に絡まれたことがあったそうです。すると彼は相手の一人を蹴り上げ、うずくまったところをさらに威嚇、完全KOしたといいます」(スポーツ紙デスク)

    その筋と思しき男に対し、公共の場で立ち回りとは、沢田も相当な肝っ玉だ。それだけに、ファンが相手でも容赦はしない。

    「若い頃、京都でファンに声を掛けられた際、沢田は振り向かずに無視したんです。それにファンが“生意気だ”と口走ってしまった。その瞬間、彼は殴り掛かる寸前でした」(前同)

    元格闘家で芸能ジャーナリストの片岡亮氏は言う。

    「“ケンカのスキル”は高いと思います。格闘技と違ってストリートファイトの場合、ゴングが鳴らずにいきなり修羅場がやってくるので、最初の1?2発で相手を仕留めるかどうかが勝負の決め手となります。
    沢田さんの戦い方は、ケンカ上等のワンパン殺法ですね」

    だが、そんな沢田も“ケンカ最強”とは言えないそうだ。片岡氏が続ける。

    「キレやすい人は興奮のまま突き進むので、瞬発力はあるものの距離を詰めすぎてしまう。少しでも格闘技を心得た相手だと、簡単にカウンターを食らいます」

    今年、古希を迎えた沢田。往事の戦闘力は、最大を100とすると90だが、今は年齢を考慮すると75程度といったところだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1559123/
    2018.11.05 07:20 日刊大衆


    【『みやぞん』戦闘力“94” 『鈴木拓』“96”・・・って、どんな測定だよWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,444 語) - 2018年10月16日 (火) 04:28


    ビートきよし、焼き肉店「よしなさい」を開店 相方たけしは「やめなさい!」

    [ANT]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/05(月) 10:13:57.20 ID:CAP_USER9.net

    1980年を頂点とするMANZAIブームをけん引したコンビ「ツービート」。芸能界の頂点に駆け上がったビートたけしの“毒ガス”に対し、「よしなさい!」
    とツッコミ続けたビートきよしが今年10月、拠点とする横浜市内で地元の実業家と共に焼き肉店をオープンした。
    その店名はズバリ、「よしなさい」。開店日、たけしから贈られた花には「やめなさい!」という札が掲げられていた。

    京急・日ノ出町駅から徒歩約3分、JR関内駅から約8分。
    多国籍な飲食店などが密集するディープなナイトスポット・福富町に店を構えた。
    営業は午後6時から午前3時。「お客さんとおいしい肉を食べながら世間話も弾む。肉の社交場です」。タレント活動と並行して店に顔を出す。

    肉は「京丹波の平井牛」。
    きよしは「タレをつけなくても甘い。岩塩で食べてみて」。軟らかくて絶品だ。
    「僕の親父は『メシだけは食え。腹をすかすと悪いこと考える』って教育だった。食ってりゃ、人生、何とかなるから」と力説する。

    オフィス北野の“たけし独立騒動”も語った。
    「相方が自分の好きにやればいいこと。やるのは本人だから」。自身も元社員が立ち上げた新事務所に移籍。
    「相方とは別々に仕事しながら、年に何回か一緒にやって。いい感じですよ」。ツービートは解散しない。

    ブーム後、東京から横浜に移り住んで36年。「横浜の人は仲間意識が強くて横のつながりがある」。
    歌手として新曲「天を駈ける」を今年発売し、中華街でのディナーショーも完売。
    “横浜の寅さん”と呼ばれることもある地元の人気者だ。

    大みそかの誕生日で69歳。「来年は古希だけど、芸人は定年ないですから。
    好きな仕事やって、横浜の人たちと遊んでます」と自然体だが、新事務所の若手育成に意欲的だ。
    「肉(29)の日」に店内で行うライブ構想を練る。
    特別ゲストはビートたけし?「相方に『焼き肉おいでよ』って誘ってるんだけど、気が向いたら来るんじゃない?こればっかりは分かんない」と笑った。(デイリースポーツ・北村泰介)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000039-dal-ent
    11/5(月) 10:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 taishu.jp)


    (出典 taishu.jp)


    (出典 scontent-atl3-1.cdninstagram.com)


    (出典 taishu.jp)


    (出典 stat.ameba.jp)


    【【画像あり】『ビートきよし』 焼き肉店[よしなさい]に、相方たけしは「やめなさい!」って・・・どういうことWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    若林 正恭(わかばやし まさやす、1978年9月20日 - )は、日本の漫才師、お笑いタレント、司会者であり、お笑いコンビ・オードリーのツッコミ担当。相方は春日俊彰。所属事務所はケイダッシュステージ。東京都中央区出身。 幼稚園と小学校時代の愛称は多数あり「まーくん」と呼ばれることが最も多かった。
    41キロバイト (5,406 語) - 2018年10月28日 (日) 04:03



    (出典 www.sanspo.com)



    1 湛然 ★ :2018/11/03(土) 13:46:03.03 ID:CAP_USER9.net

    2018年11月3日5時0分 スポーツ報知
    オードリー若林と南沢奈央が9月に破局

     お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(40)と女優の南沢奈央(28)が、9月に破局していたことが2日、分かった。
    関係者によると、昨年9月の交際スタートから1年を区切りに別れを決断したという。
    2人は2010年にテレビ番組で出会い、共通の趣味の落語を通じて意気投合。交際に発展していた。

     若林は多くのレギュラーを持ち、7月に旅に関する優秀なエッセーなどを表彰する「第3回斎藤茂太賞」を受賞するなど活躍は多岐にわたる。
    南沢も舞台「罪と罰」(来年1月9日開幕、東京・Bunkamuraシアターコクーン)を控えるなど女優として円熟味を増している。
    お互い仕事が多忙で、すれ違い生活が続いたことが理由という。


    南沢奈央とオードリー若林

    (出典 www.hochi.co.jp)


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181103-OHT1T50009.html


    【オードリー『若林』と『南沢奈央』が9月に破局・・・って今更かよ(°Д°;】の続きを読む


    市原 隼人(いちはら はやと、1987年2月6日 - )は、日本の俳優。愛称は、イッチー。 スターダストプロモーション所属。妻はモデルの向山志穂。 小学校5年生の時に渋谷でスカウトされ、現事務所に所属。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。 2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。
    22キロバイト (2,246 語) - 2018年10月22日 (月) 16:22



    (出典 i.daily.jp)


    ダウンタウン・浜田雅功の胸ぐらつかみ馬乗り!? 市原隼人に衝撃「やばい」

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/02(金) 18:57:59.96

    10月26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、俳優の市原隼人(31)が出演。ダウンタウンの浜田雅功(55)の胸ぐらをつかんで押し倒すシーンがあり、視聴者を驚愕させた。

    この日の「本音でハシゴ酒」のゲストとして市原が登場。先日一緒にロケで共演したという浜田は「こんな感じで(いつも)ビシッとしてます」
    「ヤンキーの後輩みたいな」と、常に礼儀正しい市原の態度を評した。番組内で、市原と共演した俳優の中村倫也(31)から
    「映画で市原くんに胸ぐらをつかまれるシーンがあり、普通は擬音で表したら“ガッ”とか“グイ”なのに、
    僕の胸を拳で“ドォ??ン”からの“グィ??ン”とされ、一瞬呼吸が止まりました」という証言を紹介。

    坂上忍(51)は「倫也くんにやったとき、いかほどのものか、見せていただくことできるんですか?」と発言すると、浜田が「じゃあ、どんな感じ?」
    「やってみて」と、自ら胸ぐらをつかまれる役に名乗り出た。市原は「本当っすか」と言った直後、急にスイッチが入り、両手で浜田の胸ぐらをつかむ。

    そのまま全力で浜田の体を押し倒したのを見て、坂上が慌てて止めに入った。

    その鬼気迫る市原の演技に浜田がぼう然となると、市原は「浜田さん、本当にごめんなさい」と謝罪。
    それを見ていた松本人志(55)は「おもろい!」と称賛したが、坂上は「ええ?!」とドン引きしていた。ようやく起き上がった浜田は「全然助走ないねんもん!」
    「隼人、おまえ衣装破ってどうすんねん!」とツッコみ。浜田のシャツの胸の部分が、本当に破れていた。

    その後、2人目のゲストのところに向かう道中でも、市原の話題に。松本は「アイツすげぇなぁ」
    「今となっては貴重な存在かも。頑張ってほしいな?」と絶賛し、坂上も「あんなまっすぐな人いるんですね」と素直に驚いていた。

    大先輩の浜田が相手でも全力の演技を見せた市原に、視聴者も衝撃を受けたようだ。ネットでは「イッチー(市原)の演技スイッチが早すぎてやばい」
    「市原隼人が浜ちゃんの胸ぐらつかんで倒すとこ、めっちゃおもしろい! 久しぶりにこんな爆笑した」
    「市原隼人嫌いだったけど『ダウンタウンなう』見て好きになったわ」「本気でダメージ食らった浜ちゃんの表情がレアで、久々におなか抱えて笑った」
    「市原隼人が漢すぎてヤバい。こういうストイックな男性好きだな」「本物の役者ってスイッチ入るとこうなるのか。すごすぎる」など、さまざまな感想コメントが上がっていた。

    「浜田と市原は、今年8月に『ごぶごぶ』(毎日放送)で共演し、2人で大阪ロケを楽しんでいました。
    バラエティ番組にはめったに出演しない市原ですが“浜田さんが好きなんで!”と出演を快諾したそうで、浜田とやりたいことを自らリクエストする熱の入れよう。
    市原が役者論を熱く語ったり、2人が大好きなマフィア映画の話で盛り上がったりしていましたね」(テレビ誌ライター)――すさまじい役者魂!

    http://dailynewsonline.jp/article/1556545/
    2018.11.02 18:00 日刊大衆


    【ダウンタウン『浜田雅功』胸ぐらつかまれ馬乗りにされるWWWwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。 1982年(昭和57年)、佐賀県で生まれ、すぐに大阪府高
    18キロバイト (2,190 語) - 2018年10月23日 (火) 00:32



    (出典 www.officiallyjd.com)


    全身黒服に黒い数珠… 「オリラジ中田」の怪しい“教祖様ビジネス”

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/30(火) 06:45:47.11

     お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)は今年、相次いでレギュラー番組を失った。が、そんな現実はどこ吹く風とばかりに、ビジネスに精を出している。それも、怪しさに満ちた……。

     ***

     今年3月はTBS系の「ビビット」、9月には日テレ系「ヒルナンデス!」を降板したオリラジ中田。芸能記者は、彼をこう評する。

    「近ごろの中田は、自分で立ち上げたブランドのTシャツなどのネット販売にご執心です。それが宗教じみていて気持ち悪い。『幸福洗脳』とプリントされただけのTシャツを1万円以上で売っているのです。さらに、ラジオ番組で“ディープなファンだったら買えよ”とリスナー、つまりファンに購入を呼びかけました」

     結果、売れたものの、

    「中田は“先輩芸人の半年分の収入を1週間で稼いだ”と豪語して、“何様?”と反感を買いました」

     が、気にもかけず、引退を囁かれても意に介さない。

    「なにせ、中田さんはいまや“教祖様”ですからね」

     そう語る女性がいる。彼女は、中田が主宰する月会費1千円のオンラインサロンメンバーの関係者だ。

    「中田さんの『NKTオンラインサロン』では、メンバーだけのやりとりができます。けれど、“やっていることが怪しすぎる”“宗教みたい”といった声が続出しているのです」

    チケットを手売りで

     この関係者が続ける。

    「中田さんは、オリラジが中心のダンスユニット『レディオ・フィッシュ』のプロデューサー兼メンバーとしても活動しています。このユニットは2年前に『パーフェクトヒューマン』が大ヒット、紅白出場も果たしました。でもこの売り上げをほとんど吉本興業に持っていかれた。だから彼は、レディオ・フィッシュ関連の売り上げを会社にとられないよう、サロンをはじめたというのですが……」

     サロン内ではバーベキューなどのオフ会もあり、ライブのチケットを中田などから直接、手売りされる。

    「芸人にファンが会えるんです。舞い上がりますよね。彼はファン心理を利用して、10枚以上のチケットをファンに渡して周囲にさばくよう頼むのです。売り切った子には“もっといけそう?”と追加で売らせる。さらには、レディオ・フィッシュの弟分のグループのビデオ撮影なんかもやらせる。ギャラなどありません。月会費1千円を払い、働くんですよ」

     そしてオフ会にはファンに全身黒の服を着てこいと要請。着てくると、黒い数珠を授けるという。

    「黒ずくめの服を勧めるのも、“まず中田を信じてほしい。だから黒い服着ろって言ったら着るんです。まず、信じる”と宗教じみているし、自分を“御神体”などと呼ばせたりしてもいる。全部シャレと片づけるには気味が悪すぎます」

     狂気と正気の境目があやふやな感じがしてならない。

     吉本興業はサロン運営を容認しているというが、こんな“教祖様ビジネス”、いつまで続くのやら。

    「週刊新潮」2018年10月25日号 掲載

    10/30(火) 5:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00550762-shincho-ent


    【全身黒服に黒い数?! 『オリラジ中田』“教祖様”になるWWWwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ