ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > 芸人


    あばれる君、先月の月収は「109万円」 加藤浩次の前では「すぐ言う君」に

    1 たんぽぽ ★ :2018/02/26(月) 15:00:06.59 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000536-sanspo-ent
    サンケイスポーツ

     お笑い芸人、あばれる君(31)が26日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。先月の月収が109万円だったことを明かした。

     番組にゲスト出演したあばれる君はスタジオに登場すると「おはようございます。よろしくお願いします」と元気にあいさつしたが、MCを務めるお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(48)から「あばれる君、先月給料いくらだったの?」と質問されると、「えー、109万円」と一瞬言葉につまりながらも先月の月収を告白した。

     共演者から「すごい」と驚きの声が上がったが、あばれる君は「なんで出会い頭で聞くんですか、月収を。言わせないでくださいよ、もう」と不満顔。加藤は「もう定番になってるからね。何でも言ってくれるから」と笑顔で応じ、“天の声”を務めるお笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太(40)も「加藤さんの前に来るとあばれる君は『すぐ言う君』になっちゃうんだよね」と付け加えた。

     それでも加藤が「安定してきたね」と感心すると、あばれる君も「ありがとうございます。おかげさまで」と恐縮しながら感謝していた。


    【芸人の『あばれる君』 先月の月収は「109万円」?! 加藤浩次の前では「すぐ言う君」にwww】の続きを読む


    西野亮広「稼ぎやがって」批判に警鐘「勉強して」

    1 たんぽぽ ★ :2018/02/23(金) 11:45:22.41 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/general/news/201802230000411.html

     キングコングの西野亮広(37)が、副業や投資などで利益を得る芸能人に対する批判の声に「他人の稼ぎを認めない道徳観は確実に国を沈める」と警鐘を鳴らした。

     西野は23日、「他人の稼ぎが許せない日本人」のタイトルでブログを更新。自身が昨年立ち上げたネットサービス「レターポット」の内容や仕組みについてSNSや番組等を通じて説明すると、「西野が儲けている!」「西野が稼いでいる!」といった批判の声があがる現状に触れた。

     同サービスは購入した文字(一文字5円)で文章を作成して相手に送ることができるもので、送る相手への支援や寄付にも利用できるという。先日、台湾花蓮市で地震が発生した際にも活用された。しかし「魚屋さんが魚を売って儲けているように、文字屋が文字を売っているだけの話で、『ビジネスって、そういうもんじゃないですか』と説明しても、なかなか批判は鳴りやまない」という。同サービスの運営会社は慈善団体ではなく株式会社であることから「利益を出さないと潰れてしまうし、スタッフさんは食いっぱぐれてしまう」と説明した。

     また、仮想通貨投資で注目を集めているお笑い芸人のたむらけんじに対しても「たむけんサンが、『(べつにたいして稼いでもいないけど)仮に稼いでいたとして、それの何が悪いの?』と言っても、『稼ぎやがって!』『儲けやがって!』の大合唱」と同様の批判があがっていることに触れ、「僕個人的には、仮想通貨で稼いでいる人に対しては、リスクを背負って(僕らの為に)たくさんの税金を納めてくださっているので、感謝しかないのだけれど、聞こえてくるのは『稼ぎやがって!』『儲けやがって!』という怨念の声。見ていたら、だんだん気持ち悪くなってきちゃって、『お金教育』の必要性をあらためて感じた。説明するまでもないが、他人の稼ぎを認めない道徳観は確実に国を沈める。そこにあるのは…『全員で不幸になりましょう』だ」と危惧した。

     「一緒に不幸になるぐらいなら、一緒に幸せになりたい」と西野。「勉強することは皆でキチンと勉強して、ちゃんと前に進みたいな。僕は日本人なので、やっぱり日本には面白くあって欲しい」との思いをつづった。


    【キングコング『西野亮広』 「稼ぎやがって」と批判に警鐘?】の続きを読む


    「この国での貧困は絶対に自分のせい」 落語家・桂春蝶が自己責任ツイートで炎上

    1 ばーど ★ :2018/02/23(金) 19:05:10.50 ID:CAP_USER9.net

    落語家の桂春蝶さん(43)が2月20日、貧困は自己責任であるというツイートをし、ネット上で炎上する事態となった。

    「世界中が憧れるこの日本で『貧困問題』などを曰う方々は余程強欲か、世の中にウケたいだけ。この国では、どうしたって生きていける。働けないなら生活保護もある。我が貧困を政府のせいにしてる暇があるなら、どうかまともな一歩を踏み出して欲しい。この国での貧困は絶対的に『自分のせい』なのだ」

    桂春蝶さんのツイートが炎上

    (出典 news.careerconnection.jp)


    典型的な自己責任論ではあるが、関西でレギュラー番組を多数持つ人気の落語家、ということもあり、非難が殺到した。

    「障害や重病で思うように働けないのは自分のせいなのですか?上司のパワハラで鬱になり働けない人は自分のせいなのですか?」
    「自分の親の経済状況や、生まれてきた時の環境を自分で選べない以上、『絶対的に自分のせい』とは、言えない」

    貧困に陥る事情は人それぞれだ。障害や病気で貧困に陥ったとしても、「自分のせい」だと言えるのかということだ。生活保護についても、

    「生活保護を申請して断られて亡くなった人がいるの、ニュース見てないですかね」
    「生活保護が誰でも受けられるなら苦労しない」

    という指摘があった。生活保護は”水際作戦”で申請が阻止されることも多く、受給する資格のある人のうち約2割しか利用できていないという現状がある。

    他にも、「子どもの貧困も自己責任なのだろうか」「シングルマザーの貧困とかもかなり問題になってると思うんだが」と批判が殺到している。

    また、春蝶さんが父親から「桂春蝶」を襲名しているため、「少なからず親の威光のある叩き上げですらない落語家が言うことではないと思います」「世襲政治家の政府を世襲落語家が絶賛する新しいタイプの大衆演芸」という批判も上がっていた。

    「この世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの」

    こうした批判を受けて、春蝶さんは翌21日に、

    「さっきの投稿に痛烈な批判が多かったんだけど、まあ仕方ない。分かりにくい内容だったから。言いたかったのは、人は生まれながらに苦悩を抱えていて、だからこそ生きられるこの世界は奇跡の連続で、感謝して歩むべきだという福音だったの。そしてその環境がこの国は整っている…そう言いたかった」

    と投稿し、釈明している。また、自身も貧乏だったが何とかなった、そんな日本は素晴らしいと改めて主張している。

    「僕は20歳から10年間、家賃2万円台のアパートで住んだ。それでも金がなくて、家賃を滞納したりした。当時は仕事が本当になかったから。ほとんど毎日がチキンラーメンかコーンフレークやった。それでも生きれた。芸人風情でも何とかやっていける日本は素晴らしい」

    芸能人が社会問題について言及して炎上、といったことは度々起きるが、つい先日も松本人志さんが「ワイドナショー」でネットカフェ難民に「ちゃんと働いてほしい」とコメントし物議を醸していた。春蝶さんはこれについて19日、

    「松本人志さんや、番組・ワイドナショーを叩いてる方々のツイート見たら、結局単なる『反安倍』の人たちなんですよね。これ何の発展性もないなあ。全く思想的でない人たちが批判してたら価値があるんだろうけど。戦後形成された左翼思想って、いつになったら潰えるんだろうか?もううんざりですわ」

    とツイートしていた。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/965911242844995584
    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/965601161662291968

    2018.2.21
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=50453


    【【貧困】落語家『桂春蝶』が自己責任ツイートで炎上!!】の続きを読む


    「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/19(月) 15:23:41.60 ID:CAP_USER9.net

    「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明
    2/19(月) 12:31配信 ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/19/news075.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000041-it_nlab-ent

    左からおかもとまりさん、志村けんさん、モト冬樹さん、中山秀征さん(モト冬樹オフィシャルブログから)

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    うれしそうな志村さん(モト冬樹オフィシャルブログから)

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    左下に隠れている人がマツコさんのもよう(モト冬樹オフィシャルブログから)

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    歌手のモト冬樹さんが2月19日、タレントの中山秀征さんやおかもとまりさんらとともに、志村けんさんの68歳の誕生日を祝ったことをブログで報告。その集合写真の中に「よく見ると奇妙なものが写っている」ことを報告しています。

    バカ殿様がプリントされたバースデーケーキや、豪華な出席者との楽しげな写真を公開したモトさん。モトさんによると、志村さんは2016年に肺炎で入院してから煙草や酒を控え、毎日散歩するように心掛けているとのこと。「暖かくて楽しい誕生会でした」と振り返りました。

    その後公開した集合写真では、川合俊一さんや馬場典子さんらが笑顔を見せる中、お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さんの背後で顔を隠すように身をかがめている人物の姿が。モトさんによると、この人物は「素顔のマツコ・デラックスです」とのこと。読者からは「素顔のマツコさん?w(゜o゜)w」「ヒャー見たことなーい」など驚きの声が上がりました。


    【【画像あり】 志村けんの誕生日に顔を隠す人物が・・・素顔のマツコ・デラックス?! モト冬樹が説明】の続きを読む


    松本人志 芸能人の働き方「変わらないとあかん時期に来ている」

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/18(日) 17:19:26.01 ID:CAP_USER9.net

    松本人志 芸能人の働き方「変わらないとあかん時期に来ている」
    2/18(日) 女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180218-00010006-jisin-ent

    ダウンタウンの松本人志(54)が2月18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。芸能人などの働き方について公正取引委員会が報告書をまとめたというニュースに言及した。

    報告書では、現在の働き方に独占禁止法違反のおそれがあると指摘している。司会の東野幸治(50)は朝日新聞の記事を読み上げ、「移籍しようとした事務所に圧力をかけた。芸名を使用させなかった。辞めた芸能人の悪行を流布してテレビ局などとの契約成立を妨害した」と、一例を挙げた。

    これに松本人志(54)は「そろそろ変わらないとあかん時期に来ていることは間違いない」と発言。「タレント側が組合をつくるのか、第三者委員会じゃないですけれども、そういう人が間に入るかしないと」と提言し、「若い人ですごく安い給金で大変で、でも辞めるのも怖い……みたいな人は、いっぱいいるだろなと思います」と話した。

    ただし松本は、芸能事務所が育成のための投資を回収する必要性があるという点にも同調。「事務所側も、せっかく売れたのに『ほんなら、変わりますわ!』ってやられたら、たまったもんじゃないぜ、というのはわかる」とコメントした。

    いっぽうで、松本自身も「ワイドナショー」の出演料を知らないと告白。山崎夕貴アナ(30)が驚き、「明細を確認しないんですか?」と尋ねると、「それは聞けないというか、ブラックボックスなんです」と答えた。

    同じ吉本興業の東野によると、出演料が松本の手にわたるまでに事務所を仲介するため、出演料の元値は本人に知らされないのだという。「一連の流れを他の(事務所の)人は知っている」とも明かした。

    松本が「ホンマはだめなんですよね?」と、レギュラー出演している犬塚浩弁護士に尋ねるも、「ものを売るときに仕入れ値をオープンにはしませんから……」と返答。納得できない松本に「吉本からなんぼかもらっているでしょ?」とツッコミを入れられていた。


    【『松本人志』 芸能人の働き方に。「変わらないとあかん時期に来ている」と持論?!】の続きを読む

    このページのトップヘ