ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ: スポーツ



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/07/20(金) 23:50:57.80 ID:GnoW0WmS0●.net BE:324064431-2BP(2000)


    ソース

    (出典 i.imgur.com)


    本人は彼女のダイエット用に購入したと釈明

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)




    Q 医薬品などの輸入は、薬事法でどのように規制されていますか。
    A 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、
    科学的なデータ等に基づいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。
     一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。
    https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html


    【【画像あり】 京大医医6年ボディビルダーの『河勝雅行』君 禁止薬物がインスタに写ってマッチョ界で炎上?!】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/07/17(火) 16:59:51.14 ID:CAP_USER9.net

    フィギュアスケーターの浅田真央(27)と元プロ野球選手の松井秀喜氏(44)が17日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた住友生命『Vitality』メディア発表会に出席。イベント中となり同士だった2人が、壇上で談笑していたことから、その内容について聞かれると松井氏が「今回、初めてお会いしたんですけど『耳たぶ大きいって言われませんか。私も大きいと言われるんです』という話をしていました」と笑顔で打ち明けた。

     浅田は恥ずかしそうに「私がよく『松井さんみたいに耳がデカいね』って言われていたので、それをお伝えしたくて…。こんな機会じゃないと、近くに立つこともないかなと思いまして」とポツリ。松井氏が「うれしかったです。光栄です」と返すと、姉の舞も「『体が小さいから』という言葉は聞こえてきたのですが、何を話しているかわからなかったので、それがわかってよかったです」と満面の笑みを浮かべていた。

     発表会にはそのほか、俳優の瑛太、Vitalityアンバサダーでフィギュアスケーターの浅田舞、スミセイバイタリティアクションアスリートの畠山愛理、福西崇史氏も出席した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000315-oric-ent


    【『浅田真央』 初対面の『松井秀喜氏』と“耳たぶ”トーク「こんな機会じゃないと・・・」】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/16(月) 10:41:18.29 ID:CAP_USER9.net

    サッカー日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)との結婚を発表した女優の真野恵里菜(27)が16日、自身のインスタグラムでも結婚を報告し祝福の声が多数寄せられている。

     「昨年より様々な言葉が飛び交ってしまい、皆様には沢山の混乱やご迷惑、ご心配をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。お互いの仕事を尊重し合い、お互いの家族を大切に想い、結婚までの道のりを二人でひとつひとつ経て、夫婦となれた時に皆様へお伝えしたいと思っておりましたので、本日この場でのご報告とさせていただきました」とのメッセージをつづった。

     さらに柴崎について「多くは語らずひたむきに努力し続ける彼はとても素敵で、私もたくさん刺激をもらっています。そんな彼の力になれるように、そしてこれから始まる夫婦生活にたくさんの笑顔が溢れるように、私にできること、たくさんのことを学びながら日々精進してまいります」と記した。

     投稿から1時間余りで「いいね!」は4万件を超え、フォロワーから「ハッピーサマウエディング歌ってあげたい」「岳ちゃんを支えてあげてくださいね」「末永くお幸せに」「今年のW杯躍進を支えた柴崎選手を支えてたのは真野ちゃんだったんだね。幸せになってね」などの2人を祝福する声が続々と寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000076-sph-ent


    【『真野恵里菜』 『柴崎岳』との結婚報告インスタに1時間で「いいね!」4万件超え】の続きを読む



    1 抹茶ティラミス ★ :2018/07/13(金) 22:05:11.05 ID:CAP_USER9.net

    先月、プロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチとの真剣交際が発覚したタレントのベッキーだが、
    片岡コーチがストーカーに悩まされていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    これまでの報道によると、ベッキーと片岡コーチは今年に入ってから共通の知人を介して知り合い、もともとベッキーのファンだった片岡コーチが猛アタック。
    5月に入って交際がスタートしたという。
    ベッキーは今月9日、都内で行われた「納豆クイーン」の表彰式に出席。交際発覚後、初の公の場となったが、
    報道陣から「交際は順調ですか?今幸せですか?」と声をかけられ、「はい、ありがとうございます」と笑顔で会釈。順調な交際ぶりをうかがわせていた。

    そんな中、同誌はベッキーにとっての“バッドニュース”を報道。
    ストーカーは30代後半の独身女性で、片岡コーチが現役の2014年に西武から巨人に移籍してきたときからのファン。
    他の女性ファンが片岡コーチと会話すれば、〈ヤスくんと結婚できると思っているのかね?〉と女性の悪口をツイッターで連発。
    そして交際が発覚すると、ツイッターには片岡コーチの名誉を毀損するような書き込み。
    ベッキーにもその矛先が向けられ、ベッキーの事務所にも「不倫女に幸せになる資格ない」と別れるよう求める電話をかけたという。
    困り果てた巨人が警察に相談する事態に発展。しかし、女性の母親がしかるべき措置をとり一件落着したという。

    「この女性のような熱烈なファンは多いことは多いが、さすがに、警察沙汰になるほどのファンはなかなかいない。
    しかるべき措置をとらないと、ベッキーを“襲撃”するような事件に発展していてもおかしくなかったのでは」(プロ野球担当記者)
    どうやら、ギリギリのところでベッキーは難を逃れたようだ。

    2018年07月13日 22時00分 リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/23347526/


    【『ベッキー』の新恋人に浮上した笑えない話 電話、SNSで襲撃されていた?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/07/07(土) 22:44:56.50 ID:CAP_USER9.net

    全4試合に先発出場し、ベルギー戦では原口の先制弾を演出する絶妙スルーパスを披露

     
    日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)を3度目のベスト16で終えた。南米の強豪コロンビア撃破や、FIFAランキング3位のベルギーをあと一歩のところまで追いつめた奮闘ぶりは称賛を浴びたが、
    MF乾貴士とともに世界的な評価を高めたのがMF柴崎岳だ。海外紙は「サムライブルーの心の拠りどころだった」と絶賛している。

    「ロシアが生んだ5人のスター」と見出しを打って取り上げたのは、南アフリカ紙「Mail & Guardian」だった。

    特集では、柴崎がいの一番で登場する。自身初のW杯出場となった柴崎は、4-2-3-1のボランチとして全4試合に先発出場。パスを散らして攻撃のリズムを作り出した一方、
    守備でも素早いプレスと鋭い出足でこぼれ球を回収するなど、MF長谷部誠とコンビを組んでチーム全体を落ち着かせる働きを見せた。

    なかでも、特筆されているのは決勝トーナメント1回戦でMF原口元気の先制点を引き出す絶妙なスルーパスだ。ドリブルで持ち出し、センターサークル付近から狙いすました一本を見事に通したが、
    記事でも「彼は崇高なパスでベルギーに対抗し、経験のあるヤン・フェルトンゲンを置き去りにした」と相手の守備を手玉に取った点に触れている。


    「世界的に高い評価を得るのは間違いない」


    「日本の壮絶なベスト16の戦いはタカシ・イヌイが注目を集めたが、ガク・シバサキはサムライブルーのアタッカー陣の心の拠りどころだった。
    今季はヘタフェで先発出場12試合。そこからワールドカップの活躍により価値を高め、世界的に高い評価を得るのは間違いない」

    同紙は、今大会で2得点1アシストを記録した乾以上に、柴崎は中盤で西野ジャパンを支えていたと最大限の賛辞を送っている。
    ベスト16敗退直後には、ACミランやドルトムントが関心を示しているとイタリアメディアで報じられており、ヘタフェからのステップアップが現実的な選択肢になるのも時間の問題かもしれない。

    なお、その他のスター4人は開催国ロシアのMFアレクサンドル・ゴロビン(3試合出場・1得点)、スウェーデンのMFエミル・フォルスベリ(4試合出場・1得点)、
    メキシコのFWイルビング・ロサーノ(4試合出場・1得点)、日本戦で直接FK弾を決めたコロンビアのMFファン・キンテーロ(4試合出場・1得点)が選ばれた。

    7/7(土) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00119854-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【[柴崎岳』 海外紙「ロシアが生んだ5人のスター」に選出 「サムライブルーの心の拠りどころ」だったと絶賛!】の続きを読む

    このページのトップヘ