ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:スポーツ > 野球



    1 メアリー ★ :2018/07/05(木) 07:08:09.80 ID:CAP_USER9.net

    http://www.jprime.jp/articles/-/12717
    週間女性PRIME
    2018/7/2

    長嶋一茂 様

     今回、私が勝手に表彰するのは長嶋一茂さんである。



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


     毎日のようにテレビに一茂が出ている。テレビ界ではこれをブレイクという。

     今どきのブレイクは視聴者ではなく、業界が渇望しているようにも思えるが、一茂の活躍は、坂上忍さん、梅沢富美男さん、ヒロミさんと同じように、一過性ではない定着する人気だ。

     一茂はなぜかいつも半笑いだ。

     日に焼けた半笑いのダンディは、何か言いたそうで、何か言った後、周りから突っ込まれることを想像して思わず笑みが溢れるのを我慢しているように見える。

     あの落書き騒動の事を話した時、

    「バカ息子って書かれたけど、うちは娘しかいないんだけどなー」

     誰もが「バカ息子はお前のことじゃ!」とジャストミートで突っ込めるボケをかます。

     北朝鮮のミサイル発射時の角度が45度と聞くと、

    「ホームランを打つ角度と一緒だね」

     狙って言ったわけはなく、そう思ったのだから言わずにはいられないのだ。

     出演者はコンプライアンスという檻(おり)の中で、個性を発揮しなければならない今、一茂は自由だ。

     テレビのやりとりに飽きると、檻を抜け出し、ふらりとハワイに出かけたりもする。
    「働き方改革」の先を行く、「休み方改革」を誰よりも早く実践している。

     これだけ自由奔放でいられるのは、ボンボンだからとか、国民的スターの二世だからわがままなんでしょと思考を停止して片付けてしまいがちだが、そうではない気がする。

     一茂は常に勝手に期待され、比べられて生きてきた。何をしてもマスコミは、一茂にピントを合わせてきた。

     少年野球を始めた、立教野球部に入った、プロ野球に入った~その都度、期待され、比べられ、がっかりされてきた。

     国民的スターの息子という十字架と物差しを背負って生きてきたのだ。

     そりゃ、カメラを向けられると習性としてボケたくもなる。防衛策としてボケる術を身につけたのだ。

     禍福は糾(あざな)える縄の如しというが、一茂は究極のメリットとデメリットという縄をより合わせ生きてきた。その中で培った哲学が「人生を楽しもう」なのだ。

     かつて長嶋茂雄が引退の時、自分の人生をミスターに重ね合わせ泣いたおじさんたちがいた。今その二世たちはおじさんになり、ヒステリーな時代を生きている。

     ミスタージャイアンツの華麗なプレーと、一茂の自由な発言。

     全く逆なように思えるが、どちらもワクワクするのだ。テレビはこのワクワクする空気が大事だ。

     一茂の半笑いは、何を意味しているのか?

     ボケたくて仕方がない顔なのか。

    「自分が消耗されてるってことに気づいているよ!」という顔なのか、それとも私たちに、「楽しいことしないと人生終わっちゃうよ!」と言っている顔なのか。

    <プロフィール>
    樋口卓治(ひぐち・たくじ)
    古舘プロジェクト所属。『中居正広の金曜のスマイルたちへ』『ぴったんこカン・カン』『Qさま!!』『池上彰のニュースそうだったのか!!』『日本人のおなまえっ!』などのバラエティー番組を手がける。また小説『ボクの妻と結婚してください。』を上梓し、2016年に織田裕二主演で映画化された。著書に『もう一度、お父さんと呼んでくれ。』『続・ボクの妻と結婚してください。』。最新刊は『ファミリーラブストーリー』(講談社文庫)。


    【『長嶋一茂』はなぜいつも半笑いなのか? テレビ界が渇望する「自由さ」の裏にあるもの】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/06/26(火) 09:30:13.61 ID:CAP_USER9.net

    6/26(火) 2:51配信
    ベッキ―、巨人・片岡コーチと真剣交際 今年に入り知人の紹介で知り合い

     タレントのベッキー(34)とプロ野球、巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(35)が真剣交際していることが25日、分かった。関係者は「今年に入って知人の紹介で知り合い、最近交際に発展したと聞いてます」と話している。

    ベッキーと交際していた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音

     ベッキーは2016年1月「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん、29)との不倫が報じられ、大騒動となり、芸能活動を自粛し、同5月に復帰していた。

     片岡氏のマネジメントを担当する吉本興業は、「報告を受けております。温かく見守ってください」と交際について認めた。知人は「真剣に付き合っていますが、付き合い始めたばかりで結婚の話はまだ出ていないそうです」としている。異色カップルの今後が注目される。

     ◆ベッキー 本名レベッカ・英里(えり)・レイボーン。1984年(昭59)3月6日、神奈川県生まれ。父親は英国人、母親は日本人で、国籍は日本。98年、テレビ東京の子供向け番組「おはスタ」のおはガールとしてデビュー。09年には歌手デビューも。1メートル57。血液型AB。

     ◆片岡 治大(かたおか・やすゆき)1983年(昭58)2月17日、千葉県生まれ。宇都宮学園(現文星芸大付)から東京ガスを経て、04年ドラフト3巡目で西武入団。06年にレギュラー定着。07年から4年連続盗塁王に輝き、08年には最多安打。13年オフにFAで巨人移籍。15年4月に通算300盗塁を達成した。昨シーズン限りで引退し、今季から2軍内野守備走塁コーチに就任した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000007-spnannex-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『ベッキ―』 巨人・『片岡コーチ』と真剣交際 今年に入り知人の紹介で知り合い】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/06/24(日) 21:04:53.56 ID:CAP_USER9.net

    2018.6.24(Sun)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/24/0011384325.shtml

    (出典 i.daily.jp)

     長嶋一茂

     元野球選手でタレントの長嶋一茂(52)が24日、読売テレビで放送された「八方・陣内・方正の黄金列伝!」に出演。10年前に重度のうつで自殺を考えていたことなどが明かされた。

     「健康には自信があった」という一茂に異変が起きたのは1996年夏。現在の妻とレストランで食事中、過呼吸の症状である過換気症候群で呼吸が困難に。以降、「家の中にいても天井がぐるぐる回る」など、症状は悪化。「ノイローゼ状態になっちゃった」と明かした。
     当時は父・長嶋茂雄氏が監督を務めていた巨人で2軍生活。父親には病気について打ち明けられず、「外に出るのが怖くて」一度も練習に行けなくなり、その年の冬、戦力外通告を受け、引退した。

     激しいめまい、過呼吸、外出や乗り物に乗るのが怖い…など、パニック障害の症状はその後、10年以上続き、42歳だった2008年にピークに。同年3月、ずっと世話になっていたお手伝いさんをがんで失い、7月には大好きだった祖母が、9月には母親が他界した。
     「愛してる女性が3人天国に逝った。ここで完璧に重度のうつです」。
     毎日、夜中の3時に発熱し、汗だくで飛び起きる日が続いた。「自殺衝動がすごい。『お前が死ね、お前が死ね』って幻聴が聞こえる。3時ぐらいに『自殺したい』って自殺衝動がすごくて、常に包丁持ってました…、毎朝」と衝撃の告白をした。
     自殺衝動と闘う日々。症状が回復し始めたのは47歳のころ。きっかけは「いつ死んでもいい」と諦めたことだったという。「毎朝、神様にお願いしてた。『殺してくれ。とにかく殺してくれ』って。それから良くなっていった。薬もやめた。もう死ぬから。そっから良くなっていったの」と明かしていた。


    【『長嶋一茂』 重度のうつで自殺考えた過去を明かす「毎朝包丁持ってた」「お前が死ね、お前が死ねって幻聴が」】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/06(水) 16:39:44.80 ID:CAP_USER9.net

    斎藤佑「20代のいろいろなものを洗い流せたかな」炎上バースデー登板はノーゲーム
    6/6(水) 15:23配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000065-dal-base

    4回DeNA2死三塁、戸柱恭孝に同点の左前適時打を打たれ悔しがる日本ハム・斎藤佑樹=鎌ケ谷スタジアム(撮影・開出牧)

    (出典 i.daily.jp)


    先発マウンドで力投する日本ハム・斎藤佑樹=鎌ケ谷スタジアム(撮影・開出牧)

    (出典 i.daily.jp)


    日本ハム・斎藤佑樹投手が、30歳の誕生日に先発し、3回2/3を8安打5失点。散々な結果となったが、雨によるノーゲームで、登板は幻となった。

    降りしきる雨の影響で、初回からマウンドがぬかるむ最悪の条件。三回まで毎回の4四球を与えながら1失点と粘ったが、雨脚がさらに強まった四回に炎上。石川、荒波らの適時打など、5連打を含む7安打を浴びて4点を失った。だが、四回2死で試合が中断となり、そのままノーゲーム。記録も“幻”となった。

    「言い訳のようになってしまうんですが…。パフォーマンスというよりけがが気になった」と斎藤佑。滑るマウンドで踏ん張ることができず、変化球もすっぽ抜け、試合にならなかった。

    節目の30歳での登板は、「内容は散々。いいところがなかった。20代のいろいろなものを洗い流せたかな…」と自虐的に苦笑い。理想の30歳を「人に優しくできて…」と語ったが、「今日は(マウンドで)ずっとイライラしていました」と笑わせた。

    1軍再昇格へ、アピールが求められる立場。この日は“参考外”の登板となったが、「まだまだこのままでは終われない。結果を出せるように頑張ります」と意気込んだ。

    ──────────────────

    日本ハム・斎藤佑 四回炎上もノーゲーム 30歳バースデー登板
    6/6(水) 14:42配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/06/06/0011329119.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000060-dal-base

    ──────────────────

    【一問一答】日本ハム斎藤佑、誕生日登板はノーゲーム 30歳は「大人な感じで」
    6/6(水) 16:02配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000070-dal-base


    【日本ハム『斎藤佑樹』 「20代のいろいろなものを洗い流せたかな」 炎上バースデー登板はノーゲーム】の続きを読む



    1 Boo ★ :2018/05/26(土) 21:22:02.96 ID:CAP_USER9.net

     プロ野球オリックスの元選手で現在は社会人野球・三菱重工広島でプレーする会社員、堤裕貴容疑者(24)が、公然わいせつの疑いで24日に逮捕されたことを受け、妻でタレントの木口亜矢(32)が26日、ブログを更新し、謝罪した。

     逮捕が報じられたのは25日。木口は26日夜にブログを更新し、「この度の夫の報道について、皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪。「私としても予期せぬ出来事に戸惑いはございますが、事実関係を見守り、まずは書中をもちましてお詫びいたします。」と逮捕という事実に戸惑っている心情を吐露した。

     広島県警安佐南署の調べでは、堤容疑者は24日午後7時10分頃、広島市安佐南区山本1丁目のスーパーマーケットの駐車場で、乗用車の中で自身の下半身を露出していたという。スーパーの買い物客が目撃し、通報。駆けつけた同署員に同7時27分に現行犯逮捕された。犯行当時、堤容疑者は1人だったという。

     堤容疑者は2011年のドラフト6位でオリックスに指名され、入団。16年に自由契約となり、17年から三菱重工広島でプレーしている。

     プライベートでは15年11月に木口と結婚。17年11月には第1子となる女児が誕生していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000169-dal-ent


    【【悲報】 『木口亜矢』 夫の元オリックス『堤』容疑者逮捕で謝罪 「戸惑いはございますが…」】の続きを読む

    このページのトップヘ