ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > アナウンサー



    (出典 i.daily.jp)



    1 Egg ★ :2018/06/30(土) 23:54:46.73 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサー・高橋真麻が30日、ブログを更新。断捨離をして洋服を3分の1、食器を半分捨てたことを明かした。

     真麻は今年1月に父で俳優の高橋英樹とともにテレビ出演した際、父に「断捨離をしてくれ」と頼み、実際に冷蔵庫や洋服など「全部で33トン。4トントラック8台分」(英樹)の断捨離を決行したことを明かしていた。

     この日のブログでは「両親に33トンの断捨離をして貰ったのは既にご存知の方も多いと思います。で、私も断捨離始めました」と両親に続いて自身も大量の断捨離を行ったことを報告。「食器は半分 DVDや本、洋服は3分の1強 家具もそこそこ」処分したという。

     もともと大学時代の服など、思い出がつまった品々を大切にとっておくタイプだった真麻。「シンプルライフを目指しています。」と断捨離の目的を記した。

    6/30(土) 23:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000157-dal-ent


    【『高橋真麻』 33トン分処分の両親に続き、洋服3分の1、食器半分を断捨離・・・】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 ちょこぼΨ ★ :2018/06/30(土) 13:52:40.17 ID:CAP_USER9.net

     4月にフリーに転身した安東弘樹アナウンサー(50)が、27日放送のテレビ朝日「イッテンモノ」(水曜深夜0・20)に出演。古巣TBSを退社した理由について「命を危険を感じたから」と明かした。

     91年にTBSに入社し、人気アナウンサーとして多くの同局番組を担当してきたが、今年4月に退社。お笑いコンビ「千鳥」らMCに理由を問われると「一言でいうと、敵前逃亡というか、脱走というか…」と語り始めた。

     「(後輩アナら)最大13人のマネジャーをやっていた」と、アナウンス業のかたわら管理職として、部下のシフト業務も兼務していたと説明。「それを7年間やって8年目に入った時に、俺このまま死んじゃうかもと思った。激務過ぎて。命の危機を感じて辞めたということでは危機回避で生きてきた人生」と振り返った。

     心配性で、日常でも危機管理を徹底。「家を出るときには、身の危険や不足の事態に備えている」といい、番組では楽屋でイスラエル軍考案の護身術をパソコンでチェックする様子が紹介されたほか、「何が起きるか分からない」と海外へのフライトでは一睡もできないこと、エレベーターの中では他の利用者に背中を見せないといったエピソードが明かされた。

     あまりの徹底ぶりに、千鳥の大悟(38)から「よく『アッコにおまかせ』をやってましたね」とつっこまれたが、これには「(和田アキ子の)懐に入れば安全。一番安全ですから」と答えて周囲を笑わせていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000094-spnannex-ent


    【『安東弘樹アナ』 命の危機感じTBS退社「敵前逃亡。激務過ぎて死んじゃう」】の続きを読む



    (出典 tvcap.info)



    1 ほニーテール ★ :2018/06/27(水) 23:33:14.74 ID:CAP_USER9.net

    1953年に生まれた国民的長寿番組『NHKのど自慢』。2015年に解散前のSMAPが出演して話題になるなど、その好調ぶりはこれまでも何度も称えられてきた。だが、視聴率面で『のど自慢』や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を上回る音楽番組の存在を知っているだろうか? それが同じくNHKで放送中の『うたコン』だ。その人気の秘密とは? 民放の音楽番組制作者が、高視聴率の理由と現在の音楽番組の状況を明かす。

    ■生放送、生演奏、客入れ…「民放ではお金がいくらあっても足りない」

     『うたコン』は、火曜のよる7時30分から放送されている音楽番組だ。キャッチフレーズは“あなたの歌のコンシェルジュ”で、主にNHKホールから生放送。司会は谷原章介が担当しているが、その美声での曲振りも含めて、まさにNHKらしい安定感を誇っている。出演陣は、演歌、歌謡曲、J-POP、洋楽と幅広い。同枠の前番組『NHK歌謡コンサート』は演歌歌手がメインだったが、2016年に出演歌手や楽曲の若返りを図り、現在の『うたコン』となった。

    番組開始当時、NHKは「日本の音楽シーンの中心となる番組を目指す」と宣言し、初回視聴率は10.4%を記録(ビデオリサーチ調べ)。現在も毎週ほぼ10%前後を維持しており、『のど自慢』を超えて音楽番組ランキング首位を獲得することが多い。この人気の理由は何だろうか。
    民放の某音楽番組制作者に話を聞くと、「生放送であること、基本的に生演奏、NHKホールだから客入れであること。この3点が大きい」という回答が返ってきた。

     「生放送や生演奏がいいのは、音楽は何よりライブ感が大事だから。まず生演奏とカラオケで比べると音の迫力が全然違うため、演者のノリ方がまったく違う。さらに、そこに客入れがあると、ライブ感に拍車がかかる。演者のノリはさらに上昇するし、お客のリアクションもあるため、演者にとってもっとも良い状況で歌える。あと私が観て思うのは、“あんなにたくさんのバンドは入れられないなぁ”ということ。例えば、ビッグイベントである『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)よりも演奏者や楽器の数が多い。レギュラーの毎週の放送であれをやられたら…。民放ではお金がいくらあっても足りない」(某音楽番組制作者)

    ■もはや“ミニ紅白”、「ダンシング・ヒーロー」ブームのきっかけに

     だが、『うたコン』の魅力は豪華さだけにとどまらない。その一番の特徴は、“ミニ紅白”とでも言うべきベタなコラボ企画や、テーマを掲げた特集だ。コラボとしては、2017年に荻野目洋子と登美丘高校ダンス部が共演し、初めてのコラボが実現したのも『うたコン』。同年末に起こった「ダンシング・ヒーロー」ブームのきっかけを作ったといって良い。

     ほか、「見上げてごらん夜の星を」をゆずと氷川きよしら出演者全員が、「恋のダイヤル6700」をクリス・ハートとAKB48が歌うなど、ジャンルを超えた組み合わせも続々。また、E-girlsが故・西城秀樹さんの「Y.M.C.A」を、柏木由紀が松田聖子の「天使のウィンク」を、布施明がスピッツの「空も飛べるはず」を歌うなど、新旧歌手によるカバーも盛んだ。

    >>2以降に続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000351-oric-ent


    【『のど自慢』超えの高視聴率、民放が真似できない『うたコン』成功の秘密と課題】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/30(土) 04:09:10.49 ID:CAP_USER9.net

    TBS宇垣美里アナ、TVで見かける機会が減った理由
    6/29(金) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00000015-pseven-ent

    勝ち気な性格が裏目に?(写真:ロケットパンチ)

    (出典 img2.news-postseven.com)


    4年に1度のサッカーワールドカップは、テレビ各局にとっても一大イベント。女性アナの間でも、大舞台での活躍でレギュラー奪取に意欲満々の若手もいれば、エースの座を盤石にしようとするベテランもいる。

    TBSでは昨年までサッカー関連番組は宇垣美里アナ(27)の独壇場だったが、今大会では重要な中継は後輩・上村彩子アナ(25)が担当している。

    「宇垣アナは春の『あさチャン!』降板以降、テレビで見かける機会が少なくなった。勝ち気な性格で、起用を巡って『あさチャン!』のプロデューサーと揉めたことが一因と言われています。

    それ以降、ラジオに主戦場を移し、『ぶっちゃけキャラ』と、意外にも豊富なアニメや映画への知識で支持を受けている。マルチに活躍している先輩の小島慶子(45)のような存在になるのでは。

    一方、上村アナは人懐っこく、取材現場での人気がピカイチ。Jリーガーにも“隠れファン”は多いようです」(TBSスポーツ担当)

    ※週刊ポスト2018年7月6日号


    【TBS『宇垣美里』アナ [あさチャン!]のプロデューサーと揉め、TVで見かける機会が減少か】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/06/24(日) 09:54:17.54 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ事務所のグループ『NEWS』のメンバーが立て続けに起こした未成年との飲酒疑惑に関連して、
    日本テレビのラルフ鈴木アナウンサーにも問題が飛び火している。

    鈴木アナは疑惑の渦中にある手越祐也と飲み友達であることが発覚した上、
    ふたりが同席した飲み会でも未成年がいた疑惑があるとを『週刊文春』に報じられたのだ。

    鈴木アナはこれまでも、子供を持つ父親でありがながら“遊び人”として知られていた。

    「手越が過去に、元『SKE48』で現在セクシー女優に転身した女性と泥酔した飲み会にもラルフは同席していました。
    そのセクシー女優も当時、未成年だったのです。手越とラルフは長年の飲み友達で、
    アナウンサーにしては異常なほどチャラチャラしていると有名でした」(テレビ局関係者)

    今回報じられた件で、日本テレビは鈴木アナに掛けられている疑惑を否定している。だが、その内側で幹部たちは怒りを隠せない。

    手越は現在、日本テレビでサッカーワールドカップロシア大会のメインキャスターを務めており、関連の番組に鈴木アナも出演している。

    「山口達也から始まったジャニーズの不祥事で、もっともダメージを被ったのが日テレでした。
    ジャニーズに大きな貸しを作ったはずだったのに、ラルフのせいで日テレも同じ穴のむじな扱いされ、チャラにされてしまった。
    そもそもアナウンサーとして自覚が無さ過ぎる行動には上層部も怒り心頭で、アナウンス部から異動になる可能性もあるでしょう」(日本テレビ関係者)

    鈴木アナの自業自得なのだが、制作現場から救いを求める声がないのも辛いところだ。

    「立場が下のスタッフとかには横柄な態度を取っており、スタッフ間の評判は良くありません。
    鈴木アナがいなくなったら喜ぶスタッフも多いでしょう」(制作会社関係者)

    日本テレビのアナウンサーという看板を背負って、夜の街で我が世の春を謳歌していた鈴木アナだが、一気にどん底に叩き落された。
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-54865/


    【日テレ 『ラルフ鈴木アナ』 「万事休す」 未成年女性と飲酒の責任不可避?!】の続きを読む

    このページのトップヘ