ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > グラビア


    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    38キロバイト (5,166 語) - 2018年9月14日 (金) 23:31



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/16(日) 08:46:33.93 ID:CAP_USER9.net

    グラビアアイドルの橋本マナミ(34)が15日、カンテレの生番組「胸いっぱいサミット!」に出演し、
    安倍晋三首相が示している来年10月の消費増税について「上がるっていうこと自体が、もう意味が分からない」と、反対を明言した。

    20日に投開票される自民党の総裁選に立候補している安倍氏は、今月10日の記者会見で、
    消費税を8パーセントから10パーセントに引き上げることを明言している。

    橋本は「(税金の)無駄遣いも多いですし、国民の皆さんも-私もお金ない時期けっこう長かったんですけど すごい切り詰めてるんですよ。
    消費税が上がることによってやっぱり全体的な消費が減ると思うんですね。
    そうしたら経済も回らなくなるし、ホントにいいことが全然ないと思います」と訴えた。

    出演者では橋本、デヴィ夫人、遙洋子と女性陣が消費増税に反対し、
    東国原英夫、千原せいじ、八代英輝弁護士と男性陣が賛成していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000046-dal-ent


    【『橋本マナミ』 消費増税に反対!?  「消費税が上がることによって全体的な消費が減る。ホントにいいことが全然ないと思う」】の続きを読む


    石川 (いしかわ ゆみ、1987年1月1日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優。一時期使用していた名義は石川 由美子。愛知県出身、岐阜県多治見市で育つ。所属事務所はACE。 父親が沖縄県出身。 2004年、商業高校3年生の10月にスカウトされて、芸能界デビュー。
    10キロバイト (1,291 語) - 2018年8月25日 (土) 10:36



    1 ほニーテール ★ :2018/09/16(日) 13:26:18.83 ID:CAP_USER9.net

    現役女優が芸能界の枕営業を実名告発だ! 米ハリウッドでは、プロデューサーや監督らから性的行為の強要を受けた有名女優の「#MeToo(私も)運動」が注目を集めているが、それは海の向こうだけの話ではない。
    日本の芸能界でも「悪しき慣習」として依然としてはびこり、泣き寝入りせざるを得ない女優やタレントはゴマンといる。そんな中、今回実名で立ち上がったのが女優の石川優実(31)だ。なぜ、炎上するような告発に踏み切ったのか。その思いを本紙に激白した――。

     ――告発のきっかけは

     石川:昨年12月、ブロガーのはあちゅうさんがセクハラ、パワハラを受けたとする記事を読んだのがきっかけでした。「あれ? これ自分がされたことと同じじゃないか」と思ったんです。

    ※はあちゅう氏は昨年末、会社員時代に先輩クリエーターの男性から深夜に呼び出されて性的な関係を要求されるなどのセクハラ、パワハラを受けていたことを告白した。ちなみにはあちゅう氏は7月、アダルト男優のしみけんとの事実婚を発表した。

     ――芸能界も似ている

     石川:駆け出しのアイドルとかはどうしても立場が弱い。そこにつけ込み性行為を要求する業界の有力者がいるんですよ。断ったら仕事を回してもらえないんじゃないかと何も言えないんです。一方で枕営業をするのを当たり前と思っている女性芸能人がいることも確か。でも、そんな風潮はおかしいと声を上げることにしました。私の場合、自分の経験なので説得力もあります。

     ――実際にどのような性的被害を

     石川:大きく3つありますね。まずはグラビアアイドル時代です。高校3年で芸能界入りした私は、卒業後に本格的に活動し始めました。当時、所属していた事務所は個人がやっているようなところ。都内の出版社に営業に回り、ある有名出版社のグラビアの仕事を得ることができました。

     ――グラビアもいろいろあるが

     石川:最初は水着からだったんですが、回を重ねるごとに露出が多くなっていったんです。水着の次はスカートの下に水着、その次は下着、その後、Tバック、手ブラ、泡ブラとエスカレートしていきました。

     ――マネジャーには文句を言った

     石川:もちろん。でも「露出しないと、もう使ってもらえないぞ!!」と言われ…。しかも出版社に自分でコンタクトをとることも禁じられていたので、事務所がどのような取り決めをしているかわからず、結局は言いなりになるしかありませんでした。最終的にはその事務所も辞めました。

     ――自分の甘さもあった

     石川:それは否定できません。事務所との所属契約の契約書を交わすときも、よく読んでいませんでしたし、複写を自分で持つという認識もなかった。業界の知識もゼロ。でも、だからといって本人の合意抜きに何でもやっていいわけではありませんよね。

     ――2つ目が舞台女優時代

     石川:21歳ぐらいから女優業を始めたのですが、制作会社の人間Xによく関係者の酒席に同席させられました。まあ、そのぐらいならまだお付き合いの範囲と言えなくもないですが、ある時、Xとテレビ局のプロデューサーの3人で飲んでいたんです。そしたら新宿歌舞伎町のホテルに連れ込まれてしまって…。それで2人から強要されたのです。

     ――抵抗しなかった

     石川:もう麻痺していました。これを断ったら仕事がなくなるんじゃないかという不安もありましたし。幸い、最後までやらずに逃げましたが…。

     ――最後は枕営業詐欺

     石川:友達の紹介で大手広告代理店を名乗る人間Yを紹介されたんです。ある時、Yは「1部上場企業のキャンペーンガールの仕事がある」と言ってきました。ギャラは数千万。一方でYは「性接待はあるからね」と当然のように言うのです。仕方なく私は合意しました。その日のうちにホテルで関係を持ったのですが…。結局、すべてウソだったんです。

     ――ネットでこれらのことを書いたら反響があったとか

     石川:すごかったです。もちろん、誹謗中傷もありました。「ブス」「実力がないから」「売名だろ」みたいな。でもうれしいこともありました。現役、OB含めて女優さんから「よく声を上げてくれた」と感謝のメッセージが続々きています。やはりやってよかったと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000005-tospoweb-ent


    【芸能界「”性接待”」 現役女優が実名告発!? 石川優実MeToo激白】の続きを読む


    中村 静香(なかむら しずか、1988年9月9日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優。美少女クラブ31、ティーンエイジクラブ(活動休止中)のメンバー。 京都府出身。オスカープロモーション所属。 2002年4月、藤井隆とYOUが司会を務めたよみうりテレビ『プチドル』で、アイドル予
    32キロバイト (4,197 語) - 2018年8月19日 (日) 07:43



    1 muffin ★ :2018/09/12(水) 20:01:48.86 ID:CAP_USER9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20180951131.html
    2018/09/12 07:37

    タレントで女優の中村静香(30歳)が、9月11日に放送されたバラエティ番組「やすとも・友近のキメツケ!あくまで個人の感想です」(関西テレビ)に出演。「自慢のパーツ」というテーマで持論を語った。

    この日、中村は共演した友近から「本当にスタイルがいい。私、ずっと見てた。なんかいいのよね。童顔だし」と中村のスタイルを褒めあげる。中村は恐縮しながら「私的には、胸は大きいよりも、ある程度小さい、Dカップくらいが最強」とコメント。

    中村によると、大きすぎるとマネキン通りに服が着られないため苦労するという。だが、スタジオからは中村が華奢であり、顔も小さくまるでミニハンバーガーのようだと評され、その上、手も大きく、手足が長いことが判明すると「最強」との声が上がることに。

    中村は「こんな顔して手足も長いんですけれど、自分で使いこなせてなくて…」と、残念そうな顔をしていたが、ネットでは「しーちゃんホントかわいいなあ」「む?Dカップは普通に大きいよ」「いいなあ、スタイル良くって」といった反応が寄せられている。


    (出典 cdn.narinari.com)


    【『中村静香』 「Dカップくらいが最強」】の続きを読む


    藤木 由貴(ふじき ゆき・1992年9月27日 - )は、日本のレースクイーン・モデルである。フィットワン所属。 静岡県出身。愛称は「ゆっきーな」。 3兄弟の長女(妹と弟がいる)。 趣味はお菓子作り、散歩、書道(四段)。レースクイーン以前はパティシエとして勤務していた。2014年、「加藤由貴」としてモデル活動。
    23キロバイト (2,228 語) - 2018年8月20日 (月) 03:31



    1 湛然 ★ :2018/08/20(月) 06:12:16.50 ID:CAP_USER9.net

    2018.8.20 05:01
    【アツイぜ!真夏のグラビアクイーン】(7)藤木由貴

     昨年グラビア進出し、大反響を巻き起こしている人気レースクイーン、藤木由貴(28)が、20日に初写真集「Dear My Honey」(小学館、3240円)を発売する。

     撮影は5月に米ロサンゼルスで。1メートル60、B81W58H84のナイスボディーを色とりどりのビキニに包み、キュートな笑顔をふりまいている。

     藤木は「ロスの素晴らしい景色と出会い、その思い出と私の想いも詰まっています」とPRし、今後の夢について「演技に挑戦したい。スポーツ全般が好きなのでリポーターもできたらいいな」と明かした。

     25日午前11時から東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで発売記念握手会を行う。


    ロスのビーチにビキニ姿で寝そべり、とびっきりの笑顔を見せる藤木由貴

    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    https://www.sanspo.com/geino/news/20180820/gra18082005010002-n1.html


    【【画像あり】 人気レースクイーン『藤木由貴』 ビキニでキュートな笑顔を見せる初写真集!!】の続きを読む


    尾崎 菜々(おざき なな、1982年9月12日 - )は、日本のタレント、元グラビアアイドル。旧芸名、相本あきこ、尾崎 ナナ。通称、おざこ。 大阪府出身。アーティストボックス、Fang、リップ、アーティストボックスを経て、エイジアプロモーション所属。夫は俳優・脚本家の平沼紀久。
    14キロバイト (1,677 語) - 2018年8月18日 (土) 14:20



    (出典 www.sofmap.com)



    1 神々廻 ★ :2018/08/20(月) 00:12:26.29 ID:CAP_USER9.net

    グラビアアイドルの尾崎ナナ(35)が18日、自身のブログで、「尾崎菜々」に改名することを発表した。


    (出典 www.hochi.co.jp)

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180818-OHT1T50172.html


    【『尾崎ナナ』 母になり改名決意? 「尾崎菜々」に!】の続きを読む

    このページのトップヘ