ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:芸能 > タレント


    叶姉妹(かのうしまい)は、叶 恭子(かのう きょうこ)と叶 美香(かのう みか)の2人からなるユニット。戸籍上の姉妹ではないことを、2000年頃のインタビューや書籍で自ら明らかにしている。 「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」「ライフスタイルアドバイザー」を自称してい
    32キロバイト (4,184 語) - 2018年10月12日 (金) 09:18



    (出典 img.asagei.com)


    叶美香、コスプレ写真集制作 綾波レイ・初音ミク・メーテル…20キャラ超えの集大成

    [2chnavi]こちら

    1 muffin ★ :2018/11/15(木) 19:42:29.40 ID:CAP_USER9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1804934
    2018.11.15 19:11

    セレブリティの叶美香が15日、自身のブログを更新。これまで多くのコスチュームに扮し話題を呼んできた集大成となる写真集『FABULOUS COSPLAY WORLD』(玄光社)を12月24日に発売することを発表した。

    これまで、姉・恭子のプロデュースのもと、ファンのリクエストに応えるかたちでコスプレを披露してきた美香。投稿された写真集の表紙には、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ、キューティーハニー、「銀河鉄道999」のメーテル、VOCALOIDの初音ミクなどに扮した姿が映し出されている。また、裏表紙にはシンデレラに扮した恭子の姿も。

    写真集のオファーが多数あったことを恭子に相談したところ、「これは自分自身の写真集でありながら 自分自身が違うものを誠意と敬意をもって表現し 観てくださる方々の心が次元を超えて自由になって 感動できるものを丁寧につくりあげる 心してとりかかなければならないとても神聖なプロジェクト、その覚悟とパッションを持ってできる自信があるのかしら?」と厳しく問われたよう。これに対し、美香は「はい、私なりのベストを尽くし全力で取り組むつもりです」と返したことを明かした。

    コスプレをするにあたって「すべて網羅してからすることが 作者の方はもちろん作品と作品を愛する方々に対しても敬意を払う基本的なマナー」であることを恭子から学んだという美香。しかしこれは「あくまでも自分達の人生のポリシー」だといい、「このようにするべきなどと人様に押しつけていることではありませんよ」と配慮も。

    写真集は約半年以上をかけて制作したといい、「あくまでもコスプレーヤーではない 叶姉妹がパッションと愛込めて」「私達の愛する大切な皆さんも よろしければご一緒に楽しんでいただければ嬉しいですよ」と呼びかけた。(modelpress編集部)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【『叶美香』 コスプレ写真集制作WWWWWWWWW ”20キャラ超え”の集大成WWWWWWWWW しかもクリスマスイブに発売WWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    水沢 アリー(みずさわ アリー、1990年9月3日 - )は、日本の女性タレント。 東京都杉並区出身。スターレイプロダクション所属。 身長:162cm 血液型:O型 趣味:ゲーム・長風呂 特技:美しい飛び蹴り・フランス語 「第2のローラ」と称されるほど、話し方・声・雰囲気をローラによく似せている。
    7キロバイト (810 語) - 2016年9月23日 (金) 11:55



    (出典 tachan-kininaruki.com)


    水沢アリー、2年間休業の理由告白

    [ガってな]はこちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/14(水) 07:52:31.32 ID:CAP_USER9.net

    タレントの水沢アリー(28歳)が、11月13日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。心を病んでしまい、2年間休業していたと告白した。

    タメ口で見た目がハーフのようだったことから“第2のローラ”と呼ばれ、デビュー半年でCMに出演、1年で100本の番組に出演するなどブレイクしていた水沢。
    だが、ローラに寄せていくよう求められていく中で、共演者とケンカをするように指示されたり、芸人に対して辛辣なコメントをするようになって、その結果、心を病んでしまったという。

    「本当の自分を見失った」と語る水沢は、2年間の休業を申し出て休業期間中に会社を立ち上げることに。
    業務内容としては、伝統芸能を若者向けにアレンジメントして商品化しようとするもので、コンサルタントなども手掛けているとのこと。

    水沢は「2年間休んでいた間に、愛が全てだということに気づいたの。人と地球を幸せにすることが私のテーマなの。
    愛が全てだと気づいてから、人を褒めたいなと。戦う形とかじゃなくて人のいいところ探したり、褒めることに使いたいなって気持ちになったの」と語った。

    そんな水沢に、この日出演していたバイキング・小峠英二(42歳)を褒めるよう求めたところ、
    「身につけているものが少ないのに…シンプルなのに華がある」とコメント。
    小峠は「褒めてねえじゃねえか!ハゲの新しい言い方ですよね『身につけているものが少ない』って」とツッコミを入れていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15591505/
    2018年11月14日 3時52分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【『水沢アリー』 ”「本当の自分を見失って”会社を立ち上げるWWWWWW 愛が全てとかWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    『林先生が驚く初耳学!』(はやしせんせいがおどろくはつみみがく)は、2015年4月12日より、毎日放送の制作により、TBS系列で毎週日曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されている教養バラエティ番組。番組タイトルの「林先生」がメイン出演者の林修(東進ハイスクール講師)を指すことから、林の冠番組にも当たる。
    42キロバイト (2,797 語) - 2018年11月14日 (水) 11:46



    (出典 dol.ismcdn.jp)






    林修が現代人の生き方をバッサリ!理想の人間関係を「あえて2つに分けてみました」

    [2chnavi]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/14(水) 19:37:14.73 ID:CAP_USER9.net

    11月11日放送の「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)で、林修が“人との正しいつながり方”について講義。
    「どんな人間関係のなかで生きていくべきか」をコミックの人気キャラクターにちなんだ2つのタイプに分けて解説し、議論を巻き起こしている。

    【写真を見る】「“人脈”という言葉を使ってるヤツはクソ」林の衝撃すぎる問題提起にスタジオ騒然!

    ■ “人脈”はさもしい言葉?

    この日、取り上げたのは、webメディア「新R25」に掲載された人気クリエイティブディレクター・三浦崇宏氏のインタビュー。

    「人脈なんて言葉を使っているヤツはクソ」という衝撃的なタイトルのこの記事を引用し、「“人脈”とは人のことを金儲けの道具として見ているからこそ出てくる言葉だと。
    その人とつながっていると得をする、儲かるというさもしい考えが奥にあるからこそ使っている人もいないと言えます?」と問題提起した。

    スタジオでは、「よくつるむ人は?」と聞かれたサンシャイン池崎が「クールポコ。さんです。クールポコ。
    さんと付き合ってると営業の社長とかと知り合えるんでね」と損得勘定丸出しの人間関係を披露。スタジオ中から「いい人脈!」とツッコミを受けた。

    林は、現代は“損得による人脈作りがもっとも顕著な時代”であり、その大きな要因のひとつがSNSの存在だ、と指摘。

    SNSによってその人物の人間関係が“可視化”され、周囲から「自分もその中に入っていきたい」と思われたり、周囲に「スゴイ人とつながったから、自分もそのレベルの人間になった」と錯覚させてしまうという。

    ■ どんな付き合い方が理想?林先生の「答え」は

    では、どんな人間関係が理想なのか?林は、「あえて2つに生き方を分けてみました」とし、人気コミックのキャラクターを使って解説してみせた。

    一つめは「ONE PIECE」の主人公・ルフィ型。

    林は「ルフィは仲間に入れたい人が現れたときに損得なく声をかけますよね。仲間っていうものを大事にして損得じゃなく“一緒にやっていこう”という思いで繋がっていく」と説明。
    その生き方が仕事にもつながっていくのが“ルフィ型”であるとした。

    冒頭で取り上げたクリエイティブディレクター・三浦氏はこの“ルフィ型”であると指摘。「この記事で三浦さんは、『無駄な人間関係なんて存在しない』というふうにおっしゃってるんです。
    たとえば三浦さんはどんな仕事をしてるかもよく知らない人と合コンで出会って、5年後、その相手と仕事をして成果を出した。でも、その仕事のために合コンに行ったわけではないですよね?」と解説した。

    「ですが、僕はもともとルフィ型ではない。100%こっちです」と林が紹介したもう一つの生き方が、「北斗の拳」のケンシロウ型。

    「僕は完全にケンシロウ型です。たった一人で戦っていく。友達はいらない。一人で考えて人として内面を高めて、堂々たる一人になっていく。
    その姿を見て『一緒にやりましょう』という人が現れたらそこは拒まないけれど、基本は一人で戦っていく」と、ケンシロウ型を説明した。

    林の人間関係論は視聴者を刺激。SNSでは「ルフィ型、ケンシロウ型、わかりやすい」「私はルフィ型!」
    「どちらかと言えばケンシロウ…」「自分はルフィ型に憧れるケンシロウ型、かな」「俺はどっちなんだろう…」といった声が上がり、大きな反響を呼んでいた。

    18日放送の「林先生が驚く 初耳学」は、“村上佳菜子も驚く!スケートの事実”を紹介。
    大人気企画・アンミカのパリコレ学も放送する。(ザテレビジョン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00169268-the_tv-ent
    11/14(水) 19:04配信


    【『林修』 理想の”人間関係”をマンガの主人公に例えるWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじ
    38キロバイト (4,408 語) - 2018年11月8日 (木) 07:00



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    マツコ・デラックス、京都には「昔から落ち着いたイメージがない」

    [いわしアンテナ >°))))彡]こちら

    1 アルテミス@ ★ :2018/11/12(月) 21:35:46.59 ID:CAP_USER9.net

    タレントのマツコ・デラックス(46)が12日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演し、観光客が増え過ぎて京都にふらっと行けないという話題について言及した。

     番組では、最近の京都はどこに行っても人があふれ、レンタル着物に着替えた外国人や若者たちが、まるでハロウィーンのコスプレのように見えるなど、昔の京都にあった「わび・さび」の雰囲気からはほど遠くなってしまったという記事が紹介された。

     コメンテーターの若林史江(41)は、「日本は観光立国を目指しているのに、この発想自体が違うのかな」といい、「おごそか感とか情緒みたいのは欠けるかも知れないけど、見方を変えれば観光に来た外国人がお金をたくさん使ったりしてくれる。それで環境を保っているんじゃないかなと思うこともある」と見解を示した。

     MC・ふかわりょう(44)が「にぎわいがイメージと違ったということなんでしょうね」と言うと、マツコも「昔から京都に落ち着いたイメージがない。いつ行っても修学旅行生がいて、昔から老人がうろうろしていて」と苦言。「外国人が増えたからといって京都が変わっちゃったっていうのは、筋違いだと思う」と厳しかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000189-sph-ent


    【『マツコ・デラックス』 京都には「昔から落ち着いたイメージがない」「老人がうろうろ・・・」←WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじ
    38キロバイト (4,408 語) - 2018年11月8日 (木) 07:00



    (出典 www.dailyshincho.jp)


    マツコ「人付き合いはないほうがいい。他者がいるから人は苦労する」医師の「最低5人の初対面相手と会話しろ」に猛反発

    [いわしアンテナ >°))))彡]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/14(水) 22:20:20.33 ID:CAP_USER9.net

    タレントのマツコ・デラックスさんが、11月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、「人付き合いなんて無い方がいい!」と持論を訴えた。

    番組では、夕刊フジの連載を紹介。人付き合いが苦手な75歳無職の男性が、
    かかりつけ医に「人と交わらないとボケる」「次回までに最低5人の初対面の人と会話してきてください」と言われ、ストレスだと相談していた。(文:okei)

    「そのストレスで他の体調不良が出てくる」と医師を批判

    一人暮らしで不自由はないという男性に人との交流を強いる医師に対して、マツコさんは、「これ、ひどい医者よ」と猛反発。
    「75歳のあまり出歩かない無職の人はもちろん大変だけど、あたしらだって初対面の5人としゃべってくるなんて、なかなか(大変)じゃない?」と、男性に理解を示した。医師の助言には呆れ顔で、

    「それはだからさ、テキトーな医療やってるなと。ホントにそう思うよ。75歳のおじいちゃんに次回来るまでに5人としゃべって来いなんて言う医者って!」

    と批判した。会話で得られる効果を差し引いても、「そのストレスで何か影響出てくると思うわ」ときっぱり。
    5人と話さなければ認知症になるという恐怖を与えることで、他の体調がおかしくなると指摘した。相談者の年齢を考えると、

    「これまで頑張って生きてこられたわけじゃん。他の病気も含めて、あまんり気になさらないで自分のやりたいように生きた方が、幸せじゃない?」

    と薦めていた。

    「人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。ろくなことはない」と繰り返し強調
    その後マツコさんは、

    「この相談者の方がある意味正しいなと思うのは、人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。人間関係なんてろくなことはない」

    と何度も繰り返した。さらに

    「そこに他者というものがあるから、苦労するわけじゃない人間って。考えなくてもいいことを考えるわけじゃない?」

    と切実に訴える。

    確かに、考えてみれば様々な転職理由の調査では、たいてい「職場の人間関係」が上位に入る。
    ただ仕事をしているだけなら何の問題もないのに、パワハラ上司や困った部下、面倒くさい同僚に悩まされて仕事を辞めたがっている人のなんと多いことか。
    マツコさんの言うように、人付き合いは面倒だし「人間関係なんてないほうがいい」と思う人は少なくないだろう。

    それでも、全く人間関係を断ち切って生きていける人がどれだけいるか。マツコさんは、「とにかく無理をして他人としゃべるって……どうすりゃいいんだろ。
    ボランティアとかに参加すればいいのか?地域のゴミ清掃とかさ。そういうほうがラク」などと逡巡し、最後は相談男性に「頑張ってください」とエールを送っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15592213/
    2018年11月14日 7時0分 キャリコネニュース


    【『マツコ』 「人付き合いはないほうがいい!!」 医師の警告に・・・WWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ