ファイター速報

日々のニュースやトレンドなどで気になったことや、面白い話題と感じたことをまとめていけたらと思っています。 具体的には爆笑系、炎上系、疑問系などなど・・・

    カテゴリ:


    夏目 雄大(なつめ ゆうだい、1996年9月22日 - )は、日本のモデル、俳優。東京都出身。 愛称は「なつめ」。趣味は読書(少女漫画)。特技はスポーツ、妄想。 2018年5月12日、自身のTwitterアカウントにおいて、過去に女性蔑視や人種差別を示唆する書き込みをしていたとして、所属事務所の公
    8キロバイト (628 語) - 2018年12月1日 (土) 11:16



    (出典 geitopi.com)


    「ぶすに人権はない」で大炎上の俳優が活動再開

    [ブルーアンテナ]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/02(日) 03:12:50.00 ID:CAP_USER9.net

    過去にTwitterへ投稿した「ぶすに人権はない」などの不適切な発言により、今年5月に所属事務所から契約を解除されたモデル・俳優の夏目雄大(22歳)が12月1日、Twitterを更新し、フリーの俳優として芸能活動を再開すると発表した。

    夏目はこの日、「ご報告 皆様へ、手紙にて失礼致します。」と、直筆のメッセージを公開。

    「平成30年5月、当時16歳の私の不適切な投稿が取り上げられ、皆様に大変不快な思いをさせてしまいました」
    「私は、それをきっかけに芸能活動を全面謹慎し、今日までの約半年の間、自分が犯してしまったことと真剣に向き合ってきました。そして、私のしたことが、どれだけ不快で卑劣なことだったのか身を削り深く痛感いたしました」
    「過去のこととはいえ、私がしたことで皆様を傷つけてしまったことは、決して過去にはできず、償って許されるものではないと思います」
    「謹慎期間中、いまいちど私自身、尽くしてきた芸能活動を通じて、一社会人としても過去の自分の向き合い、未熟ながら行動や結果で認めていただけるよう努力していきたいと考えるようになりました」

    そして、今後の予定として「12月以降はフリーとして活動させていただきながら誠心誠意頑張らせて頂きたいと思います」と、活動再開への決意をつづっている。

    舞台「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」などに出演した夏目は、「ぶすに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」などの過去の投稿が発掘され、今年5月に大炎上。
    出演を予定していた舞台も降板、所属事務所とも契約解除となった。6月には一連の騒動を謝罪。「ご期待ご信頼を裏切る形となり、いくら悔やんでも悔やみきれません。本当に申し訳なく感じております」と反省の弁を述べていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15678233/
    2018年12月1日 23時31分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【「ぶすに人権はない」で大炎上の俳優が”フリー”として活動再開WWW 過去には「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」ともWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    小柳 ルミ子(こやなぎ るみこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。70年代アイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身。血液型はA型。愛称:ルミちゃん。年間約2000試合も見るサッカーマニア。 プラチナムプロダクション所属。
    47キロバイト (4,459 語) - 2018年11月2日 (金) 16:02



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    小柳ルミ子、ゴーン容疑者に怒り爆発「金の亡者!」「私は大嫌いだ!」

    [アンテなう!]こちら

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/11/21(水) 11:25:29.73 ID:CAP_USER9.net

    11/21(水) 10:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000063-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    小柳ルミ子、ゴーン容疑者に怒り爆発「金の亡者!」「私は大嫌いだ!」

     歌手の小柳ルミ子(66)が20日、自身のブログを更新し、金融商品取引法違反の疑いで19日に逮捕された日産自動車代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)に「私は大嫌いだ!」と怒りを爆発させた。

     ルミ子は「ゴーン容疑者逮捕…の報道から感じた事」のタイトルで記事をアップし、「いゃー様々な事件が起きるものですね。50億の過少申告!余りにも破格で驚愕!これ程の報酬を得てるのに何故不正行為を行うんだ!いるんですねぇ~お金に汚い人達!金の亡者!」と率直な感動を記述。

     「解雇された元社員達はこの事件をどんな思いで見ただろう 『自分の私腹を肥やす事を最優先したのか!』 彼等の心の傷を思うと可哀想でならない!」と思いやり、「お金に汚い人お金にせこい人 全て金金金…の人 お金を最優先する人 私は大嫌いだ!」と斬り捨てた。

     また「お金は生きて行く上で確かに大事だ しかし不誠実で不正を働いて迄執着するものだろうか?」などと疑問をつづり、「失った信頼を取り戻すのがどれ程大変か分からないんだろうなぁ~汚い人達には!私は死ぬ迄誠実に生きる!皆さんもお金に汚い人にはならないで下さいね。お金に汚い人は必ずお金に泣く…私は思います!」と力説していた。


    【『小柳ルミ子』 『ゴーン容疑者』に「金の亡者!」「私は大嫌いだ!」と斬捨てWWWWWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    京都サンガ、2011年12月6日 ^ 高橋祐治選手 ブリスベン・ロアーFCへ期限付き移籍のお知らせ 京都サンガ、2012年8月30日 ^ 高橋祐治選手 復帰のお知らせ 京都サンガ、2013年1月9日 ^ Jリーグ・アンダー22選抜 登録選手決定 J3リーグ公式サイト、2014年2月24日 ^ “高橋 祐治選手 カマタマーレ讃岐へ期限付き移籍のお知らせ”
    9キロバイト (686 語) - 2018年3月9日 (金) 12:09



    (出典 pbs.twimg.com)


    野球選手より人気? 高城亜紀のように、なぜ“サッカー選手”は女性芸能人人気が高いのか

    [アンテなう!]こちら

    /21(水) 23:27:54.72 ID:CAP_USER9.net

     元AKB48で女優の高城亜樹が、サッカーJ1・サガン鳥栖のDF・高橋祐治選手と交際中であることを、一部スポーツ紙が報じた。

     記事によると、きっかけは数年前、知人の紹介で知り合い、高城が高橋の誠実な人柄に好意を寄せて真剣交際に発展。交際期間は1年以上だとしている。

     今季、高城は何度もスタジアムで観戦。高城がサッカースタジアムへ応援に訪れている姿は、しばしばサポーターたちに目撃されていたという。高城は仕事のない時には佐賀・鳥栖市内に滞在し、高橋をサポート。市内では、2人が食事デートをする姿が目撃されていたというのだ。高城の所属事務所は交際を認めている。

     高城は08年にAKB48の6期生となり、11年の「AKB48選抜総選挙」では自己最高の第12位に入った。2016年にグループを卒業し晴れて恋愛解禁に。卒業後は、女優として活動している。

     一方の高橋は、モデル・女優の高橋メアリージュンとモデルの高橋ユウを姉に持つ、身長187㎝のイケメンJリーガー。今季は34試合に先発出場するなど活躍。姉のユウは先ごろ、K-1ファイターの卜部弘嵩と結婚していた。

     「やたらと詳細な交際ぶりが報じられているが、おそらく、高城サイドのリークでは。女優として活動はしているものの、それほど目立った活動をしていない。交際報道で今後、注目を浴びそうだ」(芸能記者)

     芸能人とJリーガーのカップルといえば、昨年9月にモデルの泉里香が川崎フロンターレのMF・谷口彰悟と交際が発覚。日本代表のイレブンでは長友佑都が平愛梨と、柴崎岳が真野恵里菜と、槙野智章が高梨臨とそれぞれ結婚。野球選手に比べサッカー選手が女性芸能人たちに人気だ。

     「かつてはJリーガーといえばチャラいイメージだったが、今はかなりストイックじゃないとチーム内の生き残り競争に勝てず。おまけに、海外志向の選手が多い。それに比べ、野球選手は練習が緩いので遊び歩いている選手が多く、そこがサッカーに比べ芸能人人気が低い理由では」(サッカー担当記者)

     Jリーグで活躍すれば芸能人と交際するチャンスがありそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/32262758/


    【野球選手完敗?W 『高城亜紀』のように、“サッカー選手”は女性芸能人から寄ってくる?WWWWWWWWWwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    YOSHIKI(ヨシキ、本名:林 佳樹(はやし よしき)、1965年11月20日 - )は、日本のミュージシャン、ドラマー、マルチプレイヤー、ソングライター、音楽プロデューサー。身長175cm。 愛称は「よっちゃん」。 1989年にメジャー・デビューしたヴィジュアル系ロックバンド、X
    113キロバイト (13,676 語) - 2018年10月24日 (水) 08:47



    (出典 lyfe8.com)


    YOSHIKIの紅白出場で見えてきた「ToshIとの亀裂」「X JAPAN解散危機」!

    [ANT]こちら

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/16(金) 22:14:33.65 ID:CAP_USER9.net

    11月14日、「紅白歌合戦」(NHK)の出場者が発表された。TOKIOや和田アキ子の落選、King&Princeの初出場が話題になっているが、X JAPANのYOSHIKIもその1人。
    YOSHIKIはX JAPANとしてではなく、ラルク・アン・シエルのHYDEと「YOSHIKI feat.HYDE」として出場するという。

    X JAPANは2015年から昨年まで3年連続で出場。2016年にはゴジラを倒すパフォーマンスで話題をふりまいた。
    今年、YOSHIKIとToshIがテレビのバラエティ番組に出演しまくったことで注目を集めていたこともあり、紅白歌合戦出場が期待されてた中での落選となった。

    「今年夏、2人が決裂し危機的状況に陥っていると報じられました。ToshIとX JAPANの契約が結ばれていないため、コンサートごとに契約を結んでいる危うい状態です。
    その原因とされたのが、ToshIがバラエティ番組に出まくっていることをYOSHIKIがよく思っていないからだというんです。
    今回、X JAPANとして出場しないことで、2人の亀裂が明らかになったと考えていいでしょう」(芸能関係者)

    YOSHIKIがインスタグラムでHYDEとの紅白出場を報告すると、コメント欄には「X JAPANで出てほしかったのに」「X JAPANの曲が聞きたかった」というファンの声があふれている。

    「YOSHIKIはこの投稿で『今後まだサプライズがあります』と書いています。そのためファンはX JAPANの登場がそのサプライズなのではないかと期待しているようですね。
    一方で『X JAPANの解散がサプライズかも』なんて声も出ています」(前出・芸能関係者)

    12月31日の大みそか、ToshIはどこにいて何をしているのか。X JAPANファンにすれば、テレビでYOSHIKIとHYDEを観ている…なんてことになっていませんように、という思いだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1572602/
    2018.11.16 09:58 アサ芸プラス


    【『YOSHIKI』 『ToshI』との”亀裂”? 「X JAPAN解散危機」!←WWWWWWWWWWWWWWWWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    (SME) が当時所有していた東京都港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とする。同ビルは乃木坂46の最終オーディション会場として使用されたが、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社(乃木坂46LLC)の登記上の本店は、SME本社が入居する「SME六番町ビル」(千代田区六番町4番地5
    247キロバイト (26,127 語) - 2018年11月13日 (火) 10:36


    “イジメ”が『乃木坂46』内で横行!1年以上“無視”を「美談にするな」

    [ANT]こちら

    1 君の名は :2018/11/14(水) 19:54:38.64 .net

    『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

    このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。
    この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

    企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。
    ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

    他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。
    しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

    美談扱いの演出にファンが発狂
    2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、
    わだかまりが解消。西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

    この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。
    また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

    《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》
    《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》
    《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》
    《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》
    《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

    などの意見が上がっている。

    当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1570485/
    2018.11.14 19:00 まいじつ


    【『乃木坂46』 ”イジメ”案件・・・1年以上“無視”を”美談”で炎上案件?WWWWWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ